「悪い習慣」と思われているけど「実は良い」?!9つの行動

今まで「これは良くないよ」と言われたり、教えられたことの中には、実は体や心に良いこともあります。また、無意識のうちにこれらの行動をしている時は、「そうすることが必要な時」かもしれません。時には、体が動くままに従ってみては?でも、すべての物事には限度があります。節度を保ちながら、これらの行動を有効的に使ってみてくださいね。

1. 無駄口を叩く

201612249

一緒に働いている人や友達と小さな事から大きな事までいろいろなことを話す無駄話。「少し話しすぎたかな?」と気にすることもありますよね?いろいろなニュースやゴシップについての感想を話す事は、実は、健康にも良いのです。身近に起こったことを話す事は、周りの人や自分の好奇心を引き、いろいろなことを知るきっかけとなり、友達と一緒に笑うことができます。ストレスを解消し、不安な気持ちを遠ざけ、気分が良くなります。ただ、友達の噂話はいけません。注意しましょう。みんなが気分良くなる話題を集めてみて!

2. コーヒーを飲む

2016122410
コーヒーの飲み過ぎはいけませんが、量を守って飲むと、とても体に良いのです。1日にコーヒー3杯までにしておきましょう。コーヒーは飲む量を正しくすると体にも気分にもいい効果を与えてくれます。またコーヒーは代謝を高めます。Harvard Medical Schoolの研究室では、1日に2-3杯のコーヒーを飲むと、糖尿病のリスクを下げることがわかりました。

3. 落ち着きなくそわそわする

Distracted

そわそわとした行動は、落ち着きがなく見えて小さな頃に叱られた経験がある人もいるかもしれません。でも常に体を動かしている事は代謝を促進させて、1日に350カロリー消費しダイエットを助けます。最近は家にいる時などもリモコン操作で全てできてしまい、あまり体を動かさなくなりました。もう少し歩いて体動かすように生活の中で注意しないといけません。

4. 小言を言う

2016122412
University of East Angliaの研究で、会社の中で小言を言いながら働くとストレスを減少できることがわかりました。また他の大学の研究では小言を言うと、緊張を解き、痛みを和らげることもわかりました。もちろんあまりにも大げさなものはいけません。小言が1日中続く人、大声で小言を言い続けている人は、もしかすると精神的な問題があるかもしれません。

5. 毎日シャワーを浴びない

shutterstock_488713921

毎日お風呂に入れないことがあっても大丈夫です。健康に良いこともあります。肌はシャワーをしないことで程良い保湿を保つことができ、張りも出てきます。体を過度に洗うとバランスを崩してしまい、肌本来が持っている自然のバリア機能をなくしてしまい、デリケートになり過ぎてしまいます。

6. 太陽を浴びる

Charming girl smiling
太陽を浴びると、皮膚の病気になったりシミ、シワになりやすくなると言われていて、特に日本の女性は日光を避ける人が多いです。もちろん夏の強い太陽の光に長時間当たる事はいけませんが、程良い日光浴は身体に良い効果をもたらすことが研究で発表されています。逆に、太陽に浴びることで生成されるビタミンDの欠乏が心配されています。

1日に10分程度、日光を浴びることを勧められています。お昼の12:00ぐらいの太陽が良いです。太陽の光はビタミンDを作るだけでなく、風邪やインフルエンザ予防にもなると言われています。

7. できるだけたくさん寝る

2016122415
寝る事は、長生きにつながり、ストレスを送り出し、記憶力を改善し、増やします。睡眠不足は体重を増やし、心臓病にかかりやすくなります。数分でいいので目覚ましの時間を遅くすることは、小さなアクションだけど健康につながります。

そして、やっぱり効果があるのは夜の過ごし方を変えてみること。夜は、早くベットに入るように心がけてみましょう。Brunel大学の研究で、朝早くに重労働をすると免疫機能を崩す可能性があると発表しています。もし、朝早くにトレーニングをしようとしている人はあまりにもハードなものは避けてくださいね。

8. 誘惑に負けてみる

2016122416

ファーストフード等のおいしい誘惑に負けることも、時には悪くありません。味の濃い料理は満足感を与えてくれて気分も良くなります。毎日はいけませんが、たまには食べてみるのもいいですよね。食欲を満たしてくれます 。お店の前を通りがかった時にいい香りがして我慢をすることも大切ですが、我慢をして、ストレスをため込むばかりでなく、時には解消してみるのも一つのアンチストレス法と言われています。

9. 妄想、ぼんやりする

2016122417
ぼんやりと考え事をしたり妄想したりすると、「現実逃避をしている」とか「怠けている」と言う人思いますがそんな事はありません。British Columbia大学によると、妄想すると頭の中を自由にし、夢を見ることで問題解決をするエネルギーになると言われています。妄想すると脳の中で問題解決するシュミレーションができ、しっかりと焦点を合わせることができます。問題に対してしっかりと頭を使い頭の中を整理していくことができるのです。

※筆者の個人的見解です。効果・効能を保証するものではありません。

Maki.C

通訳・翻訳家。ヨーロッパで発信されている流行やトレンドを一早くキャッチするために日々情報収集しています。ヨーロッパ発の健康法やライフスタイルで心から健康に美しくなれる方法を毎日を忙しく過ごしながら、おしゃれ・恋愛・仕事に励む女性にお届けしています。

記事を検索する

PRESS RANKING本日の記事ランキング

more