それ。。すっぴん以上に”変”かも?!オシャレに賢く「すっぴん隠し」する方法4つ

家の近くのコンビニエンスストアに行くとき、まつ毛エクステなのメイクのできない予定のある日、お肌が荒れてしまいメイクをしたくないとき・・・どんな女性だって、メイクをしたくないときはあります。だけど、あなたの「すっぴん隠し」の方法、冷静に見ると、何も隠さずすっぴんのままで外出をした方が良いくらい変かも?!オシャレに賢くカバーしましょ♪

すっぴん隠しテク①「サングラス」

shutterstock_329564264

最もメジャーな方法です。アイメイク命!な若い女性に多い隠し方ですよね。

サングラスが向いている・不向きのシーン

サングラスとは、本来太陽の光をシャットアウトするためのもの。ゆえに太陽の出ているときや夏場はすっぴんを隠す目的でなく、紫外線から目を守るいう意味でも非常におすすめです。目周りを中心に隠すことができるので、まつ毛エクステサロンに行く・目の調子が悪い等、アイメイクをできない日に便利です。

しかし、逆に言えば曇りや雨の日、夕方以降の日が沈んだ時間帯にしているとすごく変・・・。さらに見た目の問題のみではありません。すっぴんの目がしっかり隠れるダークな色味のレンズでは、外が暗くなると前がしっかり見えなくなるという危険が潜んでいます。ショッピングに出かける日も、色をきちんと認識ができないので避けた方が良いでしょう。

サングラスが向いている・不向きの方

目元にコンプレックスがある・アイメイクをしないとお顔に自信が持てない。という方は、この方法が最適です。また、サングラスが似合うようなクールなテイストのファッションを好む方は、小物アレンジの感覚でナチュラルに取り入れが可能。まるで海外セレブのような雰囲気を漂わせられるため、誰もすっぴんとは思わないことでしょう。

一方、ガーリーなファッションの方ではどうでしょう。その姿は「避暑地のマダム」そのものです。都会や冬場、年齢の若い方はこの上ない違和感が出てしまうので、避けた方が無難です。

おすすめオシャレ見えテクニック

shutterstock_509164318

目元以外のメイクをすることが可能な場合は、日焼け止めも兼ねたベースメイクは必須です。アイブロウはサングラスのレンズサイズとあなたの自眉との兼ね合いを考え、必要であれば描き足しを。あとは、写真のように色の濃いリップカラーを唇にのせれるだけでOK!たったこれだけの簡単メイクで、「イイ女オーラ」を放つことができます。また、ヘアセットをしっかりする時間・体調の余裕がないときは、オールバックにしてしまうことで、ラクをしたつもりがさらにオーラを放てますよ。

すっぴん隠しテク②「キャップ」

Beautiful girl in a cap

サングラスの次にメジャーなのは、「ただ被るだけ」のキャップスタイル。

キャップが向いている・不向きのシーン

ランニングやテニスなど、スポーツを行うときって、汗でメイクが崩れやすいもの。そんなときに崩れを気にせず思いっきり楽しむために!!日差しから頭や顔を守りながらメイクをしていないお顔も隠せるので非常に便利です。また、紫外線量の多い日に家の近所にお買い物に行きたい場合も同じく、お顔をオープンにしないのみでなく、紫外線対策にもなります。

サングラスと違って冬場や日が沈んだあとでも違和感のないキャップは一見とても便利に思えます。しかしながら長時間の外出をする日や車・自転車の運転をする場合は避けた方が良いでしょう。すっぴんを隠せるほど深く被るスタイルのキャップは視界が狭くなってしまいます。そのため、長時間の外出は疲れを、乗り物の運転は思わぬ危険を起こしてしまうかもしれません。

キャップが向いている・不向きの方

キャップは顔を隠すことができるというよりも、ツバによって影ができることでお顔を見えにくくするアイテム。なので、「すっぴんそのものを誰にも見られたくない」というときよりも「自分だと認識さえされなければすっぴん顔が見えていもOK」というときに向いています。それから、スポーティー・ボーイッシュなファッションを好む方にも良く似合うでしょう。

不向きの方は、お洋服がカジュアルテイストでない方です。これからの季節は、ダッフルコートなど甘め・チェスターコートなどクールめなアウターでは、それぞれ高度なファッションセンスがないと合わせるのは難しいと言えるでしょう。

おすすめオシャレ見えテクニック

shutterstock_60123457

サングラスとの掛け合わせもすごく素敵ですが、一歩間違えると「自称芸能人」のような風貌に・・・。キャップをよりオシャレに見せるには、大振りのピアスやイヤリングがおすすめです。カジュアルさを程よく消してくれますし、なにより視線がそちらにそれるため、さらにお顔の注目度が下がります。

すっぴん隠しテク③「眼鏡・伊達メガネ」

shutterstock_322787996

すっぴんの隠れ度合いはもっとも減りますが、一番自然なのはこちらの方法です。

メガネ類が向いている・不向きのシーン

お仕事の日や、人と会わなければならない、どうしても出かけなければならない予定が入っているにもかかわらず、目の調子が悪くてお化粧ができない日はこちらの方法が便利です。

不向きのシーンは特にありません。問題なく使用ができることでしょう。

メガネ類が向いている・不向きの方

本当に視力が悪くてメイクどころかコンタクトの使用もしたくない方はもちろんこちらに限ります。そのほかですと、すっぴんそのものがしっかり確実に隠れるかと言ったらそうではないので、少々雰囲気をごまかしたい方や他のパーツはきちんとメイク可能な方に向いていると言えるでしょう。

向いていないのは、スバリすっぴんを完璧に隠したい方です。レンズはクリアの眼鏡・伊達メガネ。目元が奥まで見えにくくなる程度で、ほとんどのお顔は見えてしまいます。よって、しっかり隠すことはできません。

おすすめオシャレ見えテクニック

shutterstock_451882123-1

先にも述べましたが、眼鏡スタイルではすっぴんは完全に隠すことは不可能です。あくまでちょっぴり手抜きをしている目元をカバーする程度と考えて、他の部分はファッション・ヘアスタイルも含めて手抜きなしで仕上げて!そして、すっぴんもしくはなんらかを手抜きしている目元に眼鏡を装備したら「手抜きなんてしてません。コーディネートの一環で眼鏡してます」という堂々としたオーラを放ちましょう。

すっぴん隠しテク④「マスク」

shutterstock_439220428

目元よりもお肌を隠したい大人の女性や、冬場の定番スタイルです。

マスクが向いている・不向きのシーン

マスクは、すっぴんを隠すだけでなく風邪の予防やお肌の保湿にも便利なアイテムです。そのため、冬場にはもってこいのアイテム。近所へのお買い物やちょっとしたお出かけの他、通勤通学でも問題なく使えます。フェイシャルエステ等、ベースメイクのできない予定に行く際にも便利です。

夏場は自分自身が暑くなり、ムレの原因に。さらにスポーツの際も、負荷を与えるトレーニングの一環でない限りは、呼吸が苦しくなりやすいので注意が必要です。

マスクが向いている・不向きの方

目元を隠したい方は①の「サングラス」が向いているのに対し、こちらはお肌や口元を中心に隠したい方に向いています。肌荒れが気になってメイクをあまりしたくない方や、顔色の悪さが気になる方はこちらの方法を使いましょう。

逆に、すっぴんだと眉毛があまり生えていない・目が小さくなってしまうなど、眉・目元の悩みを隠したい方にはまったくもって意味がない方法です。むしろ、他が隠れているためかえって視線を集めてしまうのでご注意を。また、マスクというのは本来体調不良の際に使うもの。誰かに心配をかけてしまう場合もあるので、そのあたりのケアは行ってくださいね。

おすすめオシャレ見えテクニック

shutterstock_402031246

マスクで隠れない部分のメイクは手抜きせずにいつも通り・いつも以上に気合を入れてメイクをしましょう。人は、鼻から下を隠すことで美人に見える効果があると言われています。もしかして、手抜きやすっぴんなのに普段よりもチヤホヤされてしまうかも?!

shutterstock_170490653

誰にでも、お化粧をしたくない日・できない日は存在します。そんなときでもできる限りオシャレを楽しむのが美意識であり、女子力です。「隠したつもりがすっぴんより変」「まるで変質者?!」なんてことのないように、上手に賢く隠しませんか?

GODMake.編集部

GODMake.編集部厳選のBEAUTY NEWS、人気モデルによるトレンドメイク、NEW COSME情報、有名人メイク解説、自分に合う美容法など「絶対キレイになれる!」旬でプレミアムなビューティ記事

記事を検索する

PRESS RANKING本日の記事ランキング

more