食べて”健康”に!「コレステロール」を下げてくれる10の食材

コレステロールは細胞を増やすのに必要不可欠ですが、発作や梗塞を起こすリスクが増えてしまうため、悪玉と善玉を区別してコントロールをする必要があります。
これから紹介する食品を摂取すると悪玉コレステロールを減らすことができます。10の食品を食べながらコレステロールを下げましょう。

1.紅茶

shutterstock_122049283

血中の脂質を3週間で10%減らしてくれます。動脈の病気から守ってくれます。

2.くるみ

shutterstock_327238187

1日に40グラム摂取すると1ヵ月でLDLコレステロール値を9.3%下げます。
でも食べ過ぎには注意してください。心臓にとても良いのですが、カロリーが高めです。

3.えん麦

shutterstock_143086735

体からLDLコレステロールを取り除く 成分が含まれています。続けて摂ることでコレステロール値を下げてくれます。

4.生サーモンやイワシ

shutterstock_345275195

魚には良い脂が豊富です。善玉コレステロールを生成するのを助けます。

5.さやいんげん

shutterstock_304191065

食物繊維が多く、コレステロールの吸収を遅くする効果があります。

6.チョコレート

shutterstock_230301934

カカオには抗酸化作用があり、コレステロールHDLを活性化させる効果があります。

7.ほうれん草

shutterstock_275793086

ほうれん草に含む栄養素が、身体にある過度なコレステロールを浄化させる効果があります。

8.アボカド

shutterstock_287315756

良い脂肪が豊富です。悪玉コレステロールによる心臓へのダメージを減らし、HDLコレステロールを増やします。でもカロリーが高いので食べ過ぎはいけません。

9.ニンニク

shutterstock_360507005

動脈を強め、弾力を持たせます。血圧を整える感染症から身体を守ってくれます。

10.オリーブオイル

shutterstock_352274480

LDLコレステロール値を下げ、脂肪を減らしてくれます。

コレステロールを気にしている人はこれを避けよう

shutterstock_277660727

肉、動物由来の食品、牛乳、ヨーグルト、バター、チーズ、卵、アルコール、加工食品など。コレストロールが気になる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

※筆者の個人的見解です。効果・効能を保証するものではありません。

Maki.C

通訳・翻訳家。ヨーロッパで発信されている流行やトレンドを一早くキャッチするために日々情報収集しています。ヨーロッパ発の健康法やライフスタイルで心から健康に美しくなれる方法を毎日を忙しく過ごしながら、おしゃれ・恋愛・仕事に励む女性にお届けしています。

記事を検索する

PRESS RANKING本日の記事ランキング

more