「寝活」してる?寝ている間に”綺麗になれる”3つのポイント!

色々ダイエットや美容をやってみたけどなかなか続かない。そんな方も多いのではないでしょうか!?やはり無理をし過ぎてしまうと続かなかったり、リバウンドの原因に。そんなあなたにちょっと工夫をする寝活はいかがでしょうか!?睡眠をうまく利用して、簡単に美しくなっちゃいましょう!!

なんでダイエットって、続きにくいの?

shutterstock_297318935

痩せたい!可愛くなりたい!!そんな思いはあっても、なかなか続かないのが美容やダイエット。ついついメイクを落とさず寝てしまったり、甘いものを別腹と言って食べ過ぎてしまったり。何度やっても続かない。忙しい現代人は、夜遅くまで仕事をしていたり、社会で消耗してしまったりで、ついつい夜中にご飯が食べたくなってしまったり、寝不足になるので不規則になりがちで、ダイエットどころではないことも。

そんなあなたにオススメなのが寝活。睡眠をうまく使って、体の中から美しくしちゃいましょう!!

寝活って何?

shutterstock_357371258

寝活とは、睡眠を上手く活用して、質の良い睡眠と睡眠グッツを利用して寝ている間にキレイを育てることです。集中力免疫力の低下、成長など、睡眠は人間にとって最も大切と言っていいほど重要なのです。寝ている間は無意識なので、寝る前数時間が寝活のポイントとなります。

寝活って、どんなことをするの?

shutterstock_312382469

大きく分けて、寝活には、3つのポイントがあります。順番に説明して行きましょう。

グッツを使って睡眠をよくする

睡眠グッツを使うことで、普段の睡眠をより良いものにしていきましょう。具体的には、美容スチーマー、アロマオイル、遮光カーテン、耳栓、オリジナル枕、マスク、アイマスクなどです。これらを活用することで、普段通り寝るだけでも、深い眠りにつきやすくなり、脳と体の疲れを取りやすくしてくれるんです。

寝る前にやってはいけないことをしない

すでに気をつけている方も多いともいますが、睡眠前にしない方がいいことって意外とたくさんあります。例えば、珈琲やチョコなどのカフェインが入っているものを食べたり飲んだりする、食事をする、ゲームをする、パソコンやスマホを見る、過激な運動をする。などです。スマホは手放せない!なんて方も多いと思います。そんな場合はブルーライトカットができるアプリや機能もあるので、できるだけブルーライトを見ないようにしましょう。

寝る前にした方がいいことをする

逆に、寝る前にした方がいいことはじゃんじゃんしましょう。お風呂につかる、寝る1時間前は部屋を少し暗くする、ストレッチをする、手足を温める。などです。どれも道具を使わずに簡単にできちゃうものです。

具体的に、どんな風にすればいいの?

shutterstock_229267837

何かするのは少し大変。そんな方も多いと思うので、今回は具体的に、簡単にできちゃう「やらない方法」のやり方を伝授しちゃいます。

睡眠グッツを使う方法

Bedroom for bachelor

この時期、一番オススメなのは美容スチーマーです。美容スチーマーは直接当てるだけでなく、就寝中も使えます。人気の機種だと、アロマオイルを入れることもでき、アロマ効果も得られます。冬の乾燥からお肌を守ってくれるだけでなく、乾燥から喉も守ってくれ、風邪の予防にもなります。美容スチーマーは評判が良く、シワが薄くなった!や、若返った!という声もたくさんあり、価格も1万円以下で人気機種が買えるので、持ってて損のないものです。

もう一つオススメなのは遮光カーテンです。カーテンというと、ついついデザインや価格を優先して買う場合も多いと思います。しかし、遮光カーテンは睡眠にとってとてもいいグッツなのです。人間の体は、真っ暗なところで寝ると、深い睡眠が得られるようになっています。季節によっては、起きたい時間よりも日が早く昇ることってありますよね?そんな睡眠を妨げる光を完全にシャットダウンしてくれます。最近はネットなどでおしゃれな遮光カーテンも売っていますので、お部屋の衣替えしてみよう!なんてと思ったら、カーテンを変えてみるのはいかがですか?

寝る前にやらない!

young woman with smartphone in bed at home bedroom

忙しいと、ついつい寝るギリギリまでスマホなどを触っていたり…そんなあなたにオススメしたいのが、たった2つのこと。「寝る2時間前は食事をしない。」そして、「部屋を暗くする。」です。色々ありますが、この2つは頑張って見ましょう。

少し意識するだけで、寝る前にご飯を食べないのはできちゃいます。もちろん、睡眠を深くするだけでなく、これは強烈なダイエット効果があります!お腹いっぱいにならないと寝れない!なんて声もありますが、少し我慢してみましょう。

もう一つは、部屋を暗くする。寝る1時間前に部屋を暗くするのは、体にそろそろ寝るよ!という合図を送ることでもあります。もちろん、スマホやパソコンの画面も暗くしましょう。最近はiphoneに新機能が搭載されて、時間を決めてその時間のみブルーライトカットモードにしてくれるNight Shiftというものです。その機能を使って、21時から6時までスマホから目を休めて寝やすくする。ということもできるので、是非、普段寝る時間の前後2時間あたりをNight Shiftで設定してみましょう。

上の方法は、初めに買ったり設定してしまえば、ほとんど努力のいらないものばかりです。これならできそう!と思いませんか?

実際すると、どんな美容効果があるの?

shutterstock_389224684

具体的には、快適な睡眠により、お肌のターンオーバが促進され、新しいお肌が生まれやすくなってくれます。さらに、成長ホルモンには脂肪を燃焼させる効果があります。深い眠りに入ることで、成長ホルモンがより分泌されて、脂肪が燃焼・分解されます。睡眠時間が浅かったりすると、脂肪が燃焼されずに蓄積してしまいます。さらに免疫力アップ、集中力アップ、ストレス緩和などの効果もあります。

つまり、普段の睡眠に一工夫するだけで、お肌が新しくなりやすくなったり、ダイエット効果もあるんです。簡単な寝活って、初めに少し準備すれば、簡単に努力いらずで出来てしまうんです!

Sleeping blonde

今日から、ちょっとした工夫や、ちょっとしたアイテムを使うことで、特にすごーく頑張らなくても、今より美しく、綺麗になれちゃうかもしれません!寝活、してみませんか?

※筆者の個人的見解です。効果・効能を保証するものではありません。

五嶋 基和

サロンワークをしつつ、オリジナルブランドのシャンプーなどを開発し、販売しています。自身でコーディンングして、ネットショップも運営している起業家美容師。

記事を検索する

PRESS RANKING本日の記事ランキング

more