次のブームは”油”?話題の「オメガ3」ってなに!??

次のブームは”油”?話題の「オメガ3」ってなに!??

低糖質、低脂質など、最近はダイエット向けの様々な商品が販売されています。そこで、話題なのが『オメガ3』。今日は、話題のオメガ3について紹介していきましょう!

「オメガ3脂肪酸」ってなに?

オメガ3脂肪酸

脂肪酸は不飽和脂肪酸と飽和脂肪酸の2種類に分けられます。不飽和脂肪酸はさらに構造からオメガ3、オメガ6、オメガ9に分類されます。簡単に答えると、オメガ3とは不飽和脂肪酸の中の一種類ということです。では、なぜ最近この『オメガ3』が注目されているのでしょうか?

多価不飽和脂肪酸は、人間の体内でつくることができないため、食品など外から摂取する必要のある脂肪酸に分類されています。かつ、オメガ3は一般的に不足しがちと言われています。その不足しがちで重要なオメガ3。積極的に取ることで、美容や健康にいい効果をもたらしてくれるんです。では、具体的にどんな効果があるのか説明していきましょう!

注目!「オメガ3」の効果と摂取方法

「オメガ3」の効果はこんなにも!

家族の食事風景

オメガ3には、血液中の脂質濃度やコレステロールを下げる、ダイエット、認知症の予防、便秘解消、記憶力向上、中性脂肪を下げるなど、様々な効果が期待できます!さらに、健康面だけでなく、シワやたるみの予防、美肌効果など美容面でも期待ができます。

どんなものから「オメガ3」が摂取できるの?

オメガ3が含まれる食材

オメガ3は青魚(アジ、イワシ、サバ、マグロなど)、えごま油、シソ油、亜麻仁油、チアシード、くるみ、グリーンナッツオイル、緑黄色野菜などの食品に含まれています。なので、これらの食材ど積極的に食べていきたいものです。

しかし、ライフスタイルなどから、なかなかこれらの食品から摂取するのが難しいという方はオメガ3のサプリメントも販売されているので、補助として活用するのもいいかもしれません!

「オメガ3」の黄金比率

オメガ3、オメガ6、オメガ9
先ほど、不飽和脂肪酸にはオメガ3、オメガ6、オメガ9があると説明しました。実は、このオメガ3とオメガ6ですが、黄金比率があったのです!オメガ3とオメガ6の摂取量が1:2〜1:4になるといいといいと言われています。

触れてこなかったオメガ6ですが、コーン油、ごま油など、日常生活で摂取しやすいものからオメガ6は摂れます。その為、ついついオメガ6を摂りすぎになり、比率が1:10や多い人だと1:40になってしまうことも。

そこで、オメガ6を下げると同時に、比率を整えるためにオメガ3を積極的に摂る必要があったんですね!

具体的に、どれくらい「オメガ3」を摂ればいいの?

サプリメントを持つ女性

厚生労働省はオメガ3の一日の摂取量を1000mgとしています。しかし調査によると、10代~40代の方は半分の500mgも摂取できてお利ません。その他の年代も平均すると1日1000mgの摂取はできていなく、全体的に不足しています。また、男性よりも女性も方が摂取できていないことが現状です。

その原因として、若い方はお肉を好んで食べるので、どうも魚は足りていないようです。食事の欧米化や、意識せずに外食が多くなるとお肉が多くなってしまう事が多いみたいです。何事もバランスでお肉と同様、魚も意識していく事が大切です!

これで完璧!「オメガ3」の簡単な摂取方法!

オメガ3が含まれる食材

なかなか摂取できていないオメガ3。マグロのお刺身で計算すると、1日で40切れ以上食べないといけません。これではなかなか難しいですよね。では、簡単に摂取できる方法を紹介していきましょう!

簡単、調理いらず!

おすすめの摂取方法は、えごま油、亜麻仁油、グリーンナッツオイルを摂取する事です。しかも、量は小さじスプーン1杯でいいんです!注意するポイントは、酸化しやすいので熱を加えないことと、冷蔵庫に保存して2カ月以内に使い切ることです。

サラダにかけてもいいし、調理し終わったパスタにかけてもいいです!油自体はそんなにクセも少ないので使いやすいと思います。そう、普段の食事に1杯かけるだけでいいので、すごく簡単ですよね?

「オメガ3」を摂るタイミング

オメガ3を摂る方法で油を料理にかける方法を紹介しましたが、オメガ3は食事と一緒に摂るのが効果的です。寝る前や朝起きた後すぐでもありません。なので、1日の中で決めた食事の時に、何か一品にかけてみましょう!簡単に、美味しく続けられますよ!

サーモンのグリル

これまで、あまり知られていなかった「オメガ3」ですが、実はもの凄く効果があるんです。ついつい不足しがちになってしまっていますが、ちょっと意識するだけで簡単にバランスを整えることもできますよ!美容にも健康にも役に立つ「オメガ3」をプラスワンして、毎日をより良いものにしていきましょう!

※筆者の個人的見解です。効果・効能を保証するものではありません。

五嶋 基和

サロンワークをしつつ、オリジナルブランドのシャンプーなどを開発し、販売しています。自身でコーディンングして、ネットショップも運営している起業家美容師。

記事を検索する

PRESS RANKING本日の記事ランキング

more