仕事・子育てで忙しい…。”時間がない人”でもできる「効果的な美容法」6つ

仕事が忙しく毎日家に寝に帰るだけの人や、子育てで自分に時間をかけることができない人って多いですよね。でも、少しでもキレイでいたいのは、全女性共通の悩みのはずですよね。そんな時間のない人でもできる美容法は?時間を有効活用することで、いまよりキレイを目指しませんか?

日常生活の「クセ」を直して”歪み”、”シワ”を予防する

1.寝るときは”仰向け”で”枕の高さ”に注意!

Lost in her dreams

眠るとき、あなたはどんな体勢が寝やすいですか?うつ伏せ・横向きという方もいるかもしれません。ですが、その姿勢で長時間枕に顔を押し付けていると、顔に”寝ジワ”がついてしまう可能性があります。

例えば、左右のどちらかだけ「ほうれい線」が深い場合、実は深い側の顔を枕に押し付けているのかも?!せっかく日中ほうれい線を薄くするマッサージを頑張っても、夜中シワをつけるような行為をしていては無駄になってしまいます…。寝るときはなるべく仰向けを意識してください。

また、枕が高すぎると首にシワができる原因になるので、高さの合っていない枕の使用もやめましょう。自分にぴたっと合う高さや硬さの枕は、良質な睡眠へと導いてくれます。良質な睡眠こそ、美容にとって最も大切なことだと良く見聞きしますよね。

2.片足重心・バッグを同じほうの手でいつも持つなどをやめる

Woman carrying elegant purses bag at city park

いつも同じ方の足に重心を置いて立っている・足を組んでいる・バッグを同じ方の手で持っている・・・これらが身体の歪みを招くのは有名な話ですよね。美容とは、起きてしまったことを治すために頑張るよりも、起きないように予防することのほうがよほど大切。

つまり、歪みを治すために骨盤矯正サロンに頻繁に通うよりも、歪まないように生活する事のほうが大切なのです。「骨盤矯正サロンに通う時間がない」人も、日々の生活の中で姿勢を気をつけるて、サロンに行く必要のないボディを目指すことはできるはずです。

なるべく手間のかからないヘアスタイルにする

3.黒髪ロングのストレートは一見ラクに見えてケア命のため避ける

shutterstock_110324441

頻繁にヘアサロンへ通う時間がない人は、なるべく長期間サロンへ行かなくても、それなりにきれいなまま維持ができ、しかもセットに時間がかからないヘアスタイルにしたいもの。となると、一見、”長時間染めなくても根元が目立たず、セットも短時間で終わり、結ぶ”こともできる「黒髪のロングストレートヘア」が良さそうに見えます。

ですが、この髪型こそ実は最も手間がかかるもの。黒髪は、ツヤがない・ただ長いだけだと汚く見えるため、トリートメントと頻繁な整えが生命線です。地毛の色との差が目立ちにくい程度に適度にカラーリングをした髪のほうが、手間をかけなくてもそれなりに見えることもあります。

4.自宅で簡単にできるトリートメントを活用する

shutterstock_128585342

近年では、自宅で簡単にできるヘアトリートメント製品がたくさん発売されているので、それらを毎日のバスタイムで使用するのもオススメです。シャンプー後にリンスの代わりに使用するだけのものもあります。それなら、工程が増えるわけではないためラクですよね。

どんなに忙しくてもお風呂に入って髪は洗うもの。ですから、その時間を有効活用しましょう。数ヶ月に1回時間をかけてサロンでトリートメンとをするよりも、毎日きちんと家でケアしてあげることのほうが身を結ぶ場合もあります。

“ながら美容”ができるアイテムを駆使する

5.フェイスマスクをしながら、何かを同時進行

shutterstock_145714178

美容液や化粧水がたっぷり染み込んだフェイスマスク。こちらは、スキンケアをしながら他のことも同時にできるため、時間がない人にとってかなり効率的なアイテムです。マスクにもよりますが、顔につけてからの放置時間は約10~20分。その間に家事やメールの返信など、寝る前にしなければならないことを済ませましょう。

顔をしっかりとスキンケアをしながら、他のタスクの整理をすれば、この時間も取れますよね。これであれば、スキンケア単体で時間を割くこともないので、忙しい人でもスキンケアができるはずでは?

6.スチーマーで保湿しながら寝る

shutterstock_242937040

睡眠中に、寝室で使用できるスチーマーであれば、寝ながら髪や顔の保湿を行うことができます。お部屋は意外と乾燥をしているし、汗もかきます。すると、夜寝る前にどんなにしっかりスキンケアをしても、顔や髪は乾いてしまうもの。

スチーマーを使えば、寝ている時間を有効活用して、髪と肌に潤いを与えることができます。就寝中に使用できるナイトモードを兼ね備えたスチーマーを選び、頭周辺に設置をすると、より効果が期待できます。

美容の時間は”新しく作る”のではなく、生活を”見直せば”生まれる!

Sensual smiling woman sitting and stretching in bed

仕事でとにかく忙しく、エステや美容院・美容系のサロンに通う時間なんてない。家に帰ってからも半身浴やストレッチする間もなく寝る。という方も、お風呂の時間や寝ている時間、帰宅後のタスク整理の時間に一緒にできる美容法であればできるはずですよね。子育て中でなかなか自分の美容に当てる時間がない人でも、お風呂には入るし、睡眠もするはず。

そんな時間を利用して、ちょっと意識を変えたり何かを投入したりするだけで、いまより少し”きれい”になるために時間を使うことはできるのです。

GODMake.編集部

GODMake.編集部厳選のBEAUTY NEWS、人気モデルによるトレンドメイク、NEW COSME情報、有名人メイク解説、自分に合う美容法など「絶対キレイになれる!」旬でプレミアムなビューティ記事

記事を検索する

PRESS RANKING本日の記事ランキング

more