"見た目"で痩せたい!「スタイルの良い人」になれる”ダイエットの極意”とは?

確実に「体重」は減っているのに、「見た目」が少しも痩せておらず、周りにも「痩せたね」と誉めてもらえないと悩んではいませんか?それって、脂肪が減ったのではなく水分や筋肉が減ってしまっているのかも?!”見た目”が痩せるためにはどんなことを意識すれば良いのでしょうか。

「体重」痩せ:× 「見た目」痩せ:◎

「体重」は見せなければバレないが、「見た目」は他人にもバレる!

Sporty girl with slim body and picture of fat woman

ダイエットのとき、体重は結果が出ているかそうでないかを知る指標としてはとても参考になるもの。でも、スリムなボディで自由にファッションを楽しんだり、堂々と水着姿を披露したりできるかどうかは、体重では決まりません。

例えば、あまり痩せては見えないのに体重が40kgの人と、スタイル抜群で50kgの人。あなたはどちら目指したいですか?(※身長は同じとした場合)

この場合、ほとんどの人が「50kgでスタイルの良い人」になりたいと感じるのではないでしょうか。だって、「体重」は自己申告でもごまかせるため、目の前で体重計に乗らない限り周りにバレることはないのですから。

その一方で、「見た目」は、今すれ違っただけの他人にもしっかりとバレてしまいます。特に、夏のファッションや水着での着痩せは不可能です。ですからダイエットをするときは、あまり体重にこだわりすぎるのではなく、見た目が痩せるようなことを行うのが得策なのです。

見た目に変化が出るのは”マイナス何kg”から?

”2kg”程度の増減は、ただの「水分」?!

Closeup of bottle of water pouring into a glass

食事制限によるダイエットは、もっとも体重が減少しやすいです。しかし、残念ながら食事で減っているのは、脂肪ではなく水分の可能性も・・・。元の体重にもよりますが、”2kg”程度の増減は水分が減っただけのケースが多いです。また、このくらいの体重の違いは、朝と夜で変動する範囲内とも言えます。

一般に、見た目で「痩せた?」と周りに聞かれるようになるのは”3kg”減った頃からです。そして、”5~6kg”減ると、だいぶ見た目に変化が生まれます。これまできつかった服に余裕が生まれたと感じる人もいるのではないでしょうか。そして、元が肥満気味の方は、”10kg”減ると自分でもわかるほどの変化を感じることができるはずです。

「見た目」を引き締めるには、体重より”体脂肪”の減少が大切!

「筋肉」をつけて引き締めよう!

shutterstock_214814494

先に、「減らすと見た目に変化が出る体重」について触れましたが、ここで減らすのは「水分」ではなく、「筋肉」でもなく、「脂肪」であることが重要です。ボクサーの減量のように体内の「水分」をいくら減らしても、また水分を取れば戻るだけ。

また、「筋肉」を減らしてしまうと、代謝が下がってリバウンドの原因となるのみでなく、大切な「見た目」の引き締まりが消え、体重以上に太って見えやすくなってしまうのです。ゆえに、「見た目」を意識したダイエットでは、体重を減らすよりも、「体脂肪」を減らすことに注力をしてください。

そして、「見た目」が痩せて見えるためには、「筋肉」をつけて引き締めることが最も大事。脂肪の燃焼には有酸素運動、筋肉をつけるには無酸素運動が向いています。引き締めたい部位にアプローチする無酸素運動(筋トレ)を取り入れて、引き締めていきましょう。

なお、「毎日ランニング10km・腹筋100回」などという無謀な目標を掲げると三日坊主になってしまいます。気にしている女性の多い、お腹周りや太ももの皮下脂肪は落ちるまでなかなか時間がかかるので、根気強く続けるためにも、「一駅歩く・毎日10回ずつの筋トレ」程度でも良いので、トレーニングの継続を意識しましょう。

体脂肪率は”18~20%”を目指そう!

”減らしすぎ”は、女性らしさを失って不健康に。

shutterstock_370329761

年齢にもよりますが、女性の体脂肪率は、普通体型の人でだいたい25%前後です。そして、肥満に分類されるのは35%以上です。この体脂肪の割合が20%を切ると、見た目がかなりほっそりとします。女性の憧れである細い脚も、無駄な肉のないお腹も、20%を切ることでほとんどの方は手に入れることができます。

しかし、見た目が細くなりたいと、体脂肪率を減らすことに躍起になりすぎてもいけません。あまりに脂肪を減らしすぎると、女性らしい丸みのあるフォルムが失われ、逆に魅力を失いかねません。また、極度の痩せすぎは見た目の魅力以前の問題で、生理が止まってしまうなど、女性としての機能に悪影響を与えてしまう危険も考えられます。

スリムでありながらも女性らしい魅力も兼ね備えた見た目になるためにも、体脂肪率は”18~20%”を目指しましょう。家庭用体脂肪計に、メジャーな足で測る体重計併設タイプを使用する場合は、濡れた状態で量ると、体脂肪率が実際よりも少なく量れてしまうので、朝起きたときに量る「くせ」をつけることをおすすめします。

 目指せ”実体重マイナス3kg”見え!「見た目」ダイエットを意識しよう!

She’s hotter than the summer sun

実際の体重なんてどうでも良い!そもそも、ダイエットの目的って、お友達や恋人に「痩せたね!」「きれいになったね!」と誉められることではないですか?だとしたら、いくら体重が軽くても意味はありません。成果が見た目に出て、しかも今よりきれいになれるよう、女性らしさを残しながらも引き締めることを意識しませんか?

もう夏はすぐそこです。「来年の夏こそは水着を着たい!」そう思って何年も経過しているようではいけません。今年の夏こそ、「人に見せられる」「誉められる」身体になりましょう!

GODMake.編集部

GODMake.編集部厳選のBEAUTY NEWS、人気モデルによるトレンドメイク、NEW COSME情報、有名人メイク解説、自分に合う美容法など「絶対キレイになれる!」旬でプレミアムなビューティ記事

記事を検索する

PRESS RANKING本日の記事ランキング

more