お出かけデートは「メイクがヨレる」?!外でも一日中”可愛く”いる秘策!

暖かくなると、「外デート」をする機会が増えますよね。ショッピングや食べ歩き、テーマパークにレジャー・・・春~夏にかけてはお出かけデートシーズンです。

だけど・・・外でのデートってメイクが崩れやすくありません?!アイメイクはヨレるし、ベースメイクはテカる。かといって、外にいるから頻繁&丁寧にお直しもできません。ヨレた顔でデートするのも写真を撮るのも無理!!だけど時間をかけて直すことは不可能。

野外デートでメイクが崩れてしまう原因と対策は?

一日中外出している日ほど、メイクが崩れるのはなぜ?

原因① 風や太陽で涙が出る。

Sun on a blue sky with rays and flare

外に一日中いると、当然ながら風邪や太陽光を目に浴びます。すると、乾燥や刺激から目を守るために涙が出てしまいますよね?これこそ、外デート時にアイメイクが崩れやすくなってしまう原因です。

原因② 皮脂が出てテカリやパンダ目に。

Sad young woman

気温が高くなると、分泌量が増えるのが皮脂。皮脂がTゾーンや小鼻をテカらせ、ベースメイクが崩れる・汚くなってしまう原因です。また、ウォータープルーフのアイメイクが崩れてパンダ目状態を作るのも皮脂が原因のことが多いです。

朝のメイクで気をつけること

①しっかり保湿だけど、”ベタつき”は抑えておく

shutterstock_185018918

乾燥は皮脂を分泌させてしまうので、気温が高くなっても保湿を怠ってはいけません。ですが、保湿をしたことによるベタつきもまた、メイクを崩れやすくします。そこで、しっかり保湿をしたあとは

・時間を置く
・ベタつきをティッシュオフする

などの方法で、余計なベタつきを抑えてからメイクを開始しましょう。オイル美容がお好きな方も、朝はオイルの使用をやめ、化粧水と乳液のみにするのも手です。「ベースメイクが納得いかない」と思ったら、下地やファンデーションを見直して、自分のメイク持ちが最も良くなるスキンケアの方法を探すのもおすすめです。

②肌に”お粉”をのせすぎない

shutterstock_41930848

テカリやメイク崩れを気にするあまり、ルースパウダーやパウダーファンデーションを必要以上に重ねてはいませんか?余計なお粉は肌の乾燥やベースメイクが汚く崩れてしまう元!!スキンキアの段階で余計なベタつきをなくしておき、ルースパウダーはリキッドファンデーションを密着させる程度に。

そして、パウダーファンデーションは付属のパフではなくブラシを使ってのせるなどし、余計な粉をのせないようにしましょう。

③ルースパウダーを”キワ”に

shutterstock_255423028

アイメイクを皮脂や涙で崩さないためには、目周りの油分を抑えてアイメイクの密着度を高めてあげることが大切です。ベースメイク後、アイメイクをする前に、小さめのブラシにルースパウダーを取り、目のキワにもきちんとのせてあげてください。

④アイメイクはなるべく”薄く”

woman eye

当然ながら、メイクが薄ければ薄いほど崩れにくくなるもの。薄いアイメイクだと可愛さが減ってしまうのを懸念し農いアイメイクをしている人もいますが、崩れたアイメイクよりも、薄くて綺麗なアイメイクのほうがよほど彼ウケは良いに決まっています。

それに、野外でのデートは太陽光でメイクが濃く見えてしまいがちのため、結果として、やや薄めのほうがバランスが取れますよ。

短時間でできるメイク直しテク

①綿棒に”リキッドファンデーション”をつけて、メイクオフしながら肌を整える

shutterstock_122417023

乳液を綿棒につけて崩れたアイメイクをオフすると、保湿もできて、優しくメイクを落せます。ですが、すべてのメイクが落ちてしまうため、野外デートのお手洗いタイムでささっと直すのにはちょっと不向き・・・。そこで、リキッドタイプのファンデーションやコンシーラーで代用を。

これらを綿棒につけてオフすると、メイクオフができてなおかつベースが整うので、即アイメイクを始めることができて時短になります。l

②アイメイクを直す前に”ルースパウダー”で肌を整える

shutterstock_48012172

一度オフしたり、皮脂や涙で出てしまいしてアイメイクが消えてしまったりした目元には、そのままアイシャドウやアイラインをのせてもうまく発色をしない場合や、メイクをしたそばから滲んでしまうということが考えられます。そこで、メイクを直す前に一度ルースパウダーを目のキワまで朝と同じ要領でのせ、目元をフラットにしてあげましょう。

③”クレヨンアイライナー”なら、崩れた出た目のキワにも優しくのせられる

Brown eyeliner

硬めのアイライナーって、メイクが崩れにくくて便利。ですが、皮脂や涙で滲んだ直後の目元では、うまく発色がしなうことがあります。これを無理に発色させようと強く肌にあてると、目元の皮膚を傷つけてしまいます。そこで活躍するのがクレヨンタイプのアイライナー。密着度が高く崩れにくいのに、ソフトなタッチでしっかり発色してくれます。

④ベースメイクはファンデを重ねず、”ハイライト”で飛ばす

shutterstock_311676143

ベースメイクが乾燥でヒビ割れてしまったときや、皮脂でテカってしまったとき、パウダーファンデーションを重ねても、メイクが厚くなってしまうだけで期待通りの改善は見込めません。そんなときは、プレスとタイプのハイライトを使ってビビを飛ばし、テカりを立体感という名のツヤに変えてしまうのが正解です。

ブラシに少量取り、気になることころにサッとひと塗りしてあげて。そして、太陽光の力を借りて飛ばしましょう。

一日中、メイクが綺麗なら、自信を持って顔を上げられる!

shutterstock_139500182

せっかくのお出かけデートなのに、太陽が沈んでもサングラスを外せないなんて嫌!彼に顔を覗かれたら逃げるような行動をするのも嫌!!きれいなメイクでいることができたら、いつでも自信を持って顔を上げられるはずです。むしろ、いつでもカワイイ自分をもっと近くで見て欲しくなってしまうかも?!

GODMake.編集部

GODMake.編集部厳選のBEAUTY NEWS、人気モデルによるトレンドメイク、NEW COSME情報、有名人メイク解説、自分に合う美容法など「絶対キレイになれる!」旬でプレミアムなビューティ記事

記事を検索する

PRESS RANKING本日の記事ランキング

more