”完全炭水化物抜きダイエット”は成功しにくい?!簡単にできる

BODY CARE

”完全炭水化物抜きダイエット”は成功しにくい?!簡単にできる"ゆる炭水化物抜き"法

効果が出やすいダイエットとしてメジャーな「炭水化物抜きダイエット」。だけど、これって実はなかなか成功がむずかしいのです。その理由は?あまりつらい食事制限をせずに痩せるためには、どうしたら良いの?

なぜ、「炭水化物抜きダイエット」は成功しにくいの?

shutterstock_160203056

「炭水化物抜きダイエット」って、簡単に体重が落ちるけれども、リバウントしてしまいやすく、なかなか継続するのが困難ですよね?それってなんで?考えられる理由はざっと並べてもご覧の通り。

・お腹がいっぱいにならず他のものを食べ過ぎてしまう。
・飽きる。
・会食や友人とのランチ、デートに不向き。
・キープ期間に我慢していた欲望が爆発してリバウンド。
・つい意志が弱くなり「少量であれば」つまみ食いしてしまう。

など、要は、「意志のゆらぎ」を起こし、誘惑に負けてしまいやすいダイエット法なのです。ダイエットを成功させるための基本は、方法でもテクニックでもありません。単に「いかに持続させるか」です。

そこで、なるべく意志を強く持ち続けることができるよう、ややルールを甘くした”ゆる炭水化物抜き”ダイエットをしてみてはいかがでしょうか?これならきっと適度な制限のため継続できるはずですよ!

“ゆる炭水化物抜き”ダイエットの方法

朝は自由・昼はお米・夜は炭水化物抜き

Vegetables underneath an artistic clock

その名の通り、”ゆるく”炭水化物を抜くダイエットです。基本の考え方は、もっとも消化をしやすい時間の朝はストレスをためないためにも自由に食べ、お昼は炭水化物OK!そして、夜は炭水化物を抜くという方法です。

といっても、朝昼の炭水化物も3食以外も食べ過ぎてはだめ!!朝や昼夜のおかずの摂取量はきちんと計算しましょうね。では、早速それぞれの食事について、詳しく見ていきましょう。

①朝は”好き”に食べる

shutterstock_234309019

本来ダイエットと言えば、つらい食事制限が当たり前。しかし、それではちょっとしたつまみ食いの誘惑に負けやすくなってしまいますし、抑圧から解放されたダイエット成功後の暴飲暴食も危険です。

そこで、朝はなるべく自由に食べたいものを楽しみましょう。ケーキや菓子パンなんかを食べてもOK!ただし、食べる量には気をつけて。ケーキならばワンカットかそれより小さいサイズにとどめることが大切です。

いくらカロリーを消費しやすい朝とはいえ、食べ過ぎてしまっては消費しきれずに太ってしまいます。朝の目的は、あくまで「ダイエットのストレスを減らすこと」です。ここを間違えないようにして!

②昼は”お米OK”!小麦を我慢

Woman having breakfast

炭水化物を食べたいのなら、お昼がベター。このとき、小麦製品ではなく、お米を選ぶようにして!そして、お米はお茶碗一杯orおにぎり1個くらいが目安です。これらも食べ過ぎてしまってはいけません。

小麦製品を控える方法は、いわゆる「グルテンフリーダイエット」と呼ばれ、血糖値の上昇をおさえ、脂肪がつきにくい身体になるというメリットがあります。海外セレブが多く取り入れているため、耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

Grain Food Group (Clipping Path)

ランチに食べる可能性が高い主な小麦製品はパン、パスタ、ラーメン、うどんです。麺がどうしても食べたくなったときは、お蕎麦を選ぶと良いでしょう。あまり小麦製品・グルテンフリーを意識しなくても、ランチを和食に変えるだけでほぼクリアできますよ。

③夜は”おかずのみ”!おかずに入っている炭水化物にシビアになり過ぎない

Woman using knife and fork to cut her dinner

いよいよ夜は炭水化物を抜く時間。おかずのみを食すようにし、ご飯や麺は控えましょう。また、根菜類やかぼちゃなんかにも炭水化物は含まれていますが、そこにはシビアになる必要はありません。

無理をしすぎたり、難しく考えすぎたりするのはダイエット失敗の元!!!!あくまで「夜はおかずのみ」程度に考えてOKです。でも、おかずも食べ過ぎてしまってもこれまたダイエットにはなりません。

夜は、3食のうちもっとも少量を食べるようにすることがダイエット成功のカギとなるので、おかずの量も「足りない」と感じるくらいで良いのです。

“ゆる炭水化物抜き”ダイエットを夏が終わるまで持続してみよう!

Enjoying life every day

海開きまであと2ヵ月半。今からはじめれば、ゆるいダイエットでも夏には充分間に合います。そして、目標が達成したからといって元の生活に戻してしまっては、リバウンドの確率を上げてしまうだけ!

夏が終わるシルバーウイークまで、この生活を維持するようにしてみましょう。すると、しっかりキープができているため、冬までずっとスリムなボディを維持することが可能になります。

ダイエットにとって大切なのは、とにかく「持続する」こと。長く継続するためにはストイックになりすぎてしまってはだめ!自分が続けることができる適度な制限を設けて継続すれば、結果は必ずついてくるのです。

”完全炭水化物抜きダイエット”は成功しにくい?!簡単にできる"ゆる炭水化物抜き"法

この記事をSNSでシェア

この記事を読んだ人におすすめ

GODMake.編集部

GODMake.編集部

GODMake.編集部厳選のBEAUTY NEWS、人気モデルによるトレンドメイク、NEW COSME情報、有名人メイク解説、自分に合う美容法など「絶対キレイになれる!」旬でプレミアムなビューティ記事