「食べる」ことが”肌のケア”になる!高価なエステより”肌が輝く”食べ物10選

きれいな肌を手に入れるのは、どこからか知っていますか?それは美容クリームやエステからではなく「胃」からなのです。内臓がバランスよく栄養を取り入れ、働きを良くすることで肌がすぐに輝き始めます。

綺麗な肌を手に入れるためには?

Beauty Woman face with perfect skin Portrait. Isolated on white.

きれいな肌は、どこから来るか知っていますか?それは美容クリームやエステからではなく「胃」からなのです。内臓がバランスよく栄養を取り入れ、働きを良くすることで肌がすぐに輝き始めます。これは、医学でも証明されていて間違いのない事実です。腸が正常に働く事は、体の健康の土台となり、肌にも良い影響を与えます。

肌にとって特に良いのは、オメガ3とオメガ6です。これらは、皮膚を日光から守りガンなどを防ぐ役割もします。今回は春から夏にかけて肌が輝くための食品をいくつか紹介します。肌が明るく、引き締まる食べ物です。肌のくすみやトラブルに悩んでいる人は必見です。ここで紹介する食べ物を毎日の食事の中で摂るように意識しましょう。

1.ヨーグルト

shutterstock_175231781

ナチュラルな作り方がされているシンプルなヨーグルトは、腸の働きを良くし、正常に規則正しく働くようにします。腸の働きを良くすることは、デトックスを促進することを意味します。肌を輝かせるだけではなく、吹き出物やニキビなどの肌に関する悩み事にも効果があります。

2.緑茶

shutterstock_371477785

カテキンが豊富な緑茶は、抗酸化作用が高く肌にとってとても良い飲み物です。老化を進めると言われているフリーラジカルに働きかけ、ストレスや食生活の乱れによるバランスを崩した体にも良い影響を与え改善します。

海外では、緑茶が肌に良いととても人気が上がってきていますが、苦く感じる人が多く、ハチミツ入れたり砂糖を入れて飲む人もいるほどです。しかし、日本で見るようなきれいな緑色の緑茶はやはり入手が難しい状況です。

緑茶は暖かいものの方が効果があります。先ほど甘味料を入れる方法を紹介しましたが、やはり苦いまま飲むのが1番体や肌に良いです。仕事中の休憩に緑茶を取り入れてみてはいかがですか。ストレスを軽減させてくれる効果もあるので、疲れた時や落ち着かない時などにも緑茶を飲むのがおすすめです。

3.くるみ

shutterstock_112476875

オメガ3、オメガ6を含む脂肪酸を摂取することで老化を遅らすことができると研究でも発表されています。血中のコレステロール値を低く保つこともでき、細胞をはじめ心臓や血管までも弾力性を上げることができます。これら全てが良い効果を生み、肌が明るく輝き、きゅっと引き締まります。ビタミンEが豊富で抗酸化作用が強いのも特徴です。

4.青魚

shutterstock_522179971

マグロ、サバ、ブリなどをはじめとする青魚は、オメガ3とオメガ6をよく含み、健康に良い脂肪酸がたくさん含まれています。その他にも肌の構造に欠かせないとても大切なタンパク質も含まれています。体全体の新陳代謝を高めて、肌の調子を良くします。

なかなか魚を食べる機会がない人もいるかもしれませんが、メニューなどで魚があるときは、積極的に食べるように意識しましょう。

5.赤身の肉

shutterstock_603406094

栄養価の高い赤身のお肉も肌や体の構造に必要なものです。肌にはコラーゲンが欠かせません。この弾力を作るコラーゲンを得るために赤身の肉が役立ちます。肌を支え、ハリを出し、きゅっと引き締めます。鉄分も含み、肌全体の酸素濃度を改善します。

6.シリアル

shutterstock_336349532

お米、麦などシリアス類は腸の働きを良くします。抗酸化作用もあり、ビタミンB 、ビタミンE、ミネラル塩、鉄分、マグネシウム、亜鉛などたくさんの栄養を含んでいます。 また脂肪酸も含まれ、健康に過ごすために欠かせない食べ物だといえます。

できるだけ精製されたものではなく、全粒なものを選ぶようにしましょう。全粒のシリアルは植物繊維をたくさん含み、毒素排出を促進し、肌のハリを良くしてくすみをとってくれます。

7.黄色、赤色野菜とフルーツ

shutterstock_79520629

パパイヤ、かぼちゃ、パプリカ、レモン、オレンジなど黄色から赤色(オレンジ色も含みます)の野菜やフルーツはビタミンCが豊富で強い抗酸化作用を発揮します。コラーゲンを作り出す働きもあります。

にんじんにたくさん含まれるカロテンはリコピンと同じようにフリーラジカルに栄養を運び、紫外線から肌を守ります。

春から夏にかけては特に日光が強くなるので、肌の老化防止を考え、積極的に食べたいです。

8.パスタとパン

shutterstock_415958167

炭水化物を摂ったらいけないと思っている人もたくさんいると思います。これは実は大きな間違いです。炭水化物は、肌の細胞を若返らせるのに必要なものです。パスタやパンを食べる時は、たくさんの野菜と一緒に食べるように心がけましょう。先ほど紹介した黄色や赤色の野菜と食べると効果が上がります。

9.大豆

shutterstock_579943825

イソフラボンが豊富な大豆は、コレステロール値を下げ血流を良くし、肌を若々しく保ちます。特に女性は大豆を食べることで天然のエストロゲンを摂ることができます。毎日の食事の中に大豆製品をとるように心がけましょう。

10.たまご

shutterstock_367492007

タンパク質に満ちあふれる食べ物です。ビタミンB12やミネラル塩など体や肌を健康で保つために大切なエネルギーが補えます。肌を輝かせて明るくしたいときは卵を食べることをお勧めします。

shutterstock_399529723

※筆者の個人的見解です。効果・効能を保証するものではありません。

Maki.C

通訳・翻訳家。ヨーロッパで発信されている流行やトレンドを一早くキャッチするために日々情報収集しています。ヨーロッパ発の健康法やライフスタイルで心から健康に美しくなれる方法を毎日を忙しく過ごしながら、おしゃれ・恋愛・仕事に励む女性にお届けしています。

Keyword関連キーワード

記事を検索する

PRESS RANKING本日の記事ランキング

more