その”気合”は大丈夫?!重要なのは“○○”。よくある「やりすぎNGメイク」3つ

その”気合”は大丈夫?!重要なのは“○○”。よくある「やりすぎNGメイク」3つ

「綺麗に思われたい!」という気合いから、ついついメイクを“やりすぎている”なんてこと、ありませんか?自分では気づかないですが、周りからすると「それ、ちょっとケバい…」と思われているかもしれません。特に「自分には関係ない!」と思っている方は必見!意外と、メイクをやりすぎている可能性が…。「やりすぎNG」なメイク部位と解消アイテムをご紹介します。

やりすぎNGメイク① 「マスカラ」の塗りすぎ

「目を大きく見せたい」「長いまつげに憧れる」そんなことを思って、ついついマスカラを塗りすぎ…なんてことはありませんか?これが結果、逆効果になってしまうことがあります。

マスカラを塗りすぎると、目が小さく見えてしまいますし、長いまつげを演出しようと思っていたものの、ダマのあるまつげになっている可能性があります。これを解消するアイテムをご紹介します。

ヘレナ/ルビンスタイン ラッシュ クイーン コブラブラック WP 5,184円(税込)



出典:@cosmeより

すべてのまつげに入り込むように密度が高く、すべりの良い毛質を採用しています。これによって、まつげの根元から毛先までスムーズにボリュームアップ。コブラヘッドの幅広い面と曲線を持つユニークな形により、短いまつげもしっかり捉え、根元からすくいあげるようにリフトアップさせます。

ランコム/グランディオーズ ウォータープルーフ 4,536円(税込)



出典:@cosmeより

まつ毛に長さ・カール・ボリュームを与えるウォータープルーフマスカラです。2種類の疎水性ポリマーによって、まつ毛の長さとウォータープルーフ効果を実現してくれます。また、スワンネックと精密エラストマーブラシを採用し、計算された角度で、どんな目も、どんな角度に生えているまつ毛もしっかりキャッチします。

ボトルを回しながらブラシを取り出すことで、フォーミュラが固まらず、常にフレッシュなマスカラ液を保つ事ができます。まつ毛を強く滑らかにするトリートメント成分配合。

やりすぎNGメイク② 「チーク」の付けすぎ

「チークはバッチリつけることが、綺麗に磨きをかける!」と思っていませんか?綺麗な自分を演出したいのなら、チークは違和感を感じさせず、ナチュラルに血色感を演出することが大事です。これを解消するアイテムをご紹介します。

アディクション/ティント リッププロテクター + モア 2,700円(税込)



出典:@cosmeより

紫外線や乾燥からしっかりと守ってくれ、しっとりすいつくようなテクスチャーのリップカラー&フェイスカラーです。オーガニックシアバターを配合し、時間がたってもうるおいが持続。

鏡を見なくても指で簡単につけられ、まるで染めるかのようなティントな発色はリップやフェイスをさりげなく、美しく演出します。精油ジュニパーベリーとゼラニウムローズの心地よい香り。

キッカ/フローレスグロウ フラッシュブラッシュ 6,480円(税込)



出典:@cosmeより

ファンデーションで仕上げた艶肌に、生命感を与えてくれる、クリームチーク。薄膜の仕上がりで素肌になじみ、クリアな発色で透明感を導きます。時間がたってもくすみにくく、美しい艶と色が続きます。

やりすぎNGメイク③ 「香水」の付けすぎ

自分を綺麗に見せるという意味では、香水も自分を“メイクする(作る)”ということにもつながります。ついつい香水も付けすぎていませんか?自分では「これでよし!」と思っていても、相手にとっては「臭い…」と思われているかもしれません。これを解消するアイテムをご紹介します。

ヴァシリーサ/パフュームスティック フィオナ夢を叶えるフェアリーテール“フィオナ” チェリー&マシュマロの香り 1,620円(税込)



出典:@cosmeより

練り香水をリップのようなスティック型にした、ヴァシリーサが提案する新アイテムです。アルコール未使用で、液体の香水よりも穏やかに香ります。穏やかに香るから、いつでもどこでもさりげなく香らせたい人におすすめ。チェリー&マシュマロの香り。

ジュールベルニ/ソリッドフレグランス ウイ・モンシェリー 1,188円(税込)



出典:@cosmeより

固形ならではの特徴を活かしたパーツ毎への使い分けや、調節も簡単にできる練り香水。スプレータイプの香水よりも緩やかにやさしく香ります。ムスクの温かみのあるやさしさと控えめなフルーティフローラルが織りなす可憐な乙女心を感じさせます。

「ねぇ、あなた」と優しく伝わる香りに、さわやかな笑顔が咲き誇ります。

shutterstock_490296697
気合いが入ることはとてもいいこと。しかし、気合いが入りすぎてついつい“やりすぎなメイク”になっていることはありませんか?

重要なのは、女性らしい“上品さ”です。普段の自分のメイクを見直して、一段上の姿を目指してみませんか?

beautyfan

耳寄りな美容情報をお届けしていきます。

Keyword関連キーワード

記事を検索する

PRESS RANKING本日の記事ランキング

more