”メリハリ”or”ほっそり”?プロ伝授!夏までに“脚痩せ”して「美脚をつくる方法」

”メリハリ”or”ほっそり”?プロ伝授!夏までに“脚痩せ”して「美脚をつくる方法」

ショートパンツや水着を着たい夏にほっそりした美脚を披露するためには、今から脚痩せをしたいところ。ダイエットで体重を落としても、思い通りに脚が痩せるとは限りません。
脚痩せには、脚にアプローチする方法も取り入れながら、美脚づくりをする必要があります。そこで今回は、エステ講師の筆者が、夏までに脚痩せするための方法を4つご紹介します。

1.むくみ脚には“あずき茶”

shutterstock_489020221

韓国のトップアイドルが“あずき水ダイエット”で痩せたことから、注目が集まったのが“あずき茶”。

薬膳では、利尿効果が強いことから、ドライ体質の人には向かないとされるほど、むくみに効果バツグンのお茶です。特に、下半身のむくみに効き、脚のむくみが気になる人におススメです。

むくみやすい人は、体の中に水分を溜め込み、排出する力が弱い“水毒”という状態。余分な水が体の中にあると、冷えやすくなってしまい、体を温める効果があるあずきは体質的にもぴったりです。

また、あずきは利尿作用だけでなく、便秘解消、美肌効果、抗酸化作用、貧血予防など、女性に嬉しい効果がたくさん詰まっています。

市販のドリンクもありますが、スーパーで売っている乾燥あずきから作ることもできますよ。

作り方は過去記事の『下半身がみるみる細くなる!韓国でも話題の「あずき水」ダイエットって?』を参考にしてくださいね。

2.メリハリ脚が欲しいなら“スクワット”

shutterstock_321504203

美脚といっても、人によって目指す脚はさまざまですが、適度に筋肉がついた、メリハリ脚が欲しいのなら、エクササイズで美脚づくりをする必要があります。

エクササイズ法もいろいろなものがありますが、手軽で1回の効果が絶大なのが“スクワット”。ヒップの位置が高くなることで脚長効果があり、太ももが引き締まることで膝周りもスッキリ、メリハリ脚づくりに最適です。

朝晩10回ずつでも、正しい方法で続ければ、夏までにメリハリ脚をつくることは夢ではありません。つま先より前に膝を出さないように気をつけてくださいね。

3.ほっそり脚にはやっぱり“マッサージ”

shutterstock_383268124

全体的に一回り細くしたい、ほっそり脚を目指す人にはマッサージが効果的です。

筋肉が少なく脂肪が多めの“ぽっちゃり脚”ならリンパマッサージを。巡りを良くし、むくみにくい脚にすることで今よりすっきりした脚になれるはずです。

がっちりした、筋肉の上に脂肪がのっている“ガチガチ脚”なら、こぶしを使った強めのマッサージや、麺棒を使ったマッサージが◎ 硬い肉質をほぐすことから始めると、脚痩せに効果的です。

細くても太くてもできてしまう“セルライト脚”は、脂肪と老廃物を引き離すための揉み出しが脚痩せに効きますよ。

まずは、自分の肉質をチェックして、マッサージ法を選んでみて。

4.ふくらはぎの位置を高くする“つま先立ち”

shutterstock_534550087

美脚に見えるポイントのひとつが、ふくらはぎの高さ。位置が高いと足首がきゅっと引き締まって見え、膝下が長く見える効果があります。

オススメは、つま先立ち。バレリーナになったつもりで、膝下をなるべく長く見せるように、目いっぱいつま先立ちをすると、ふくらはぎに効いている実感が得られます。

朝晩の歯磨き中など、3分ずつでもつま先立ちを習慣にすると、ふくらはぎが適度に鍛えられて位置がきゅっと上がりますよ。

shutterstock_222574312

美脚は1日では作れないけど、続けることで確実に効果が出ます。美脚を作れるかどうかは、継続できるかどうかの差。なりたいイメージをしっかり描いて、理想の脚を手に入れてくださいね。

坂本雅代

国際中医薬膳師・エステティシャン 内側からの健康として東洋医学との融合を目指した施術のほか、エステ講師としても活動中。

http://ameblo.jp/dianablog/

記事を検索する

PRESS RANKING本日の記事ランキング

more