ストレスは”甘いもの”が原因かも?「砂糖絶ち」の効果が凄い!

BODY CARE

ストレスは”甘いもの”が原因かも?「砂糖絶ち」の効果が凄い!

よく「甘いものがやめられない」なんてことありませんか?
コンビニやスーパーに行くと、甘くて美味しいお菓子が手軽に手に入りますよね。
甘いものを頻繁に食べてしまう方は、「砂糖依存症」が原因かもしれません。
今回は、甘い誘惑に負けてしまわない対策方法をご紹介します。

シュガーブルース(砂糖依存症)とは?

shutterstock_127353746
なかなか甘いものがやめられない!という方はシュガーブルース(砂糖依存症)になっている可能性があります。これは砂糖の過剰摂取が原因です。

実は、砂糖にはタバコや麻薬と同じくらいの依存性があるのです。甘いものを食べると脳は一時的に快感を覚えてしまいます。そして、砂糖をたくさん摂ると、脳内物質のドーパミンやセロトニンの分泌を促し、ビタミン不足やうつ、貧血、疲労感、低体温などの症状が表れます。

日々の生活の中で意外にたくさんの砂糖を摂取していませんか?まずは一度食生活を見直してみましょう!

シュガーブルースから抜け出す方法

shutterstock_292638062
シュガーブルースから抜け出すには、砂糖を絶ちましょう。
間食を防ぐために、3食しっかりと食べるようにします。疲れている時は、ついつい甘いものが食べたくなってしまうので、チョコレートやクッキーなどをデスクや家に置かないようにしたり、規則正しい生活を心掛けます。そして、適度な運動や趣味などでストレスを発散して、甘いものが食べたいという欲求をコントロールしましょう。

どうしても甘いものが食べたくなったら・・・

shutterstock_142886560
シュガーブルースの方が砂糖を絶ち始めると、イライラや頭痛、疲労感や空腹感などの様々な禁断症状が現れます。しかしそのような症状は、数日経てば落ち着いていきます。
どうしても甘いものが食べたくなったときには、
・ナッツ類
・食物繊維の豊富な焼き芋
・バナナやリンゴなどのフルーツ
・砂糖の使われていないドライフルーツ
・はちみつ
・ココナッツオイル
などがオススメです。

自然の甘みがあるもの食べて、イライラや食欲を落ち着かせましょう。

飲み物も要注意

shutterstock_85575595
お菓子を食べていなくてもよくジュースばかり飲んだり、コーヒーや紅茶に砂糖を入れている方も要注意です。ジュースにはたくさんの砂糖が入っています。

炭酸飲料、スポーツドリンク、乳酸飲料にも砂糖がたくさん使用されているので、なるべくお水、お茶、砂糖の入っていない炭酸水を選びましょう。

ダイエットやお肌にも悪影響

shutterstock_335485757
砂糖を摂りすぎると、肌荒れや老化、肥満の原因にもなります。
体内でAGEsという物質が作られ、お肌にシワやシミを作り出します。またニキビ、吹き出物もできやすくなってしまいます。
美肌やダイエットの為にも砂糖を我慢してみましょう!様々な身体の変化を感じることができますよ。

Happy young woman with colorful latex balloons

砂糖は多くの食品に含まれていてなかなか断ち切ることは難しいですが、まず1日我慢することがから始めてみてはいかがですか?
甘いものがないと落ち着かないという方は、徐々に砂糖を減量していくこともオススメです。
砂糖絶ちでダイエット効果やお肌の調子をUPさせて春を過ごしましょう♪

※筆者の個人的見解です。効果・効能を保証するものではありません。

ストレスは”甘いもの”が原因かも?「砂糖絶ち」の効果が凄い!

この記事をSNSでシェア

この記事を読んだ人におすすめ

GODMake.編集部

GODMake.編集部

GODMake.編集部厳選のBEAUTY NEWS、人気モデルによるトレンドメイク、NEW COSME情報、有名人メイク解説、自分に合う美容法など「絶対キレイになれる!」旬でプレミアムなビューティ記事