「ツボ」で食欲をコントロール?!簡単♪食事の前に!ツボ押しダイエット

「ツボ」で食欲をコントロール?!簡単♪食事の前に!ツボ押しダイエット

美味しそうな食事を目の前にして、つい食べ過ぎちゃった…なんて経験ありませんか?食べたら後悔すると分かっていながらも、食欲を我慢するのは至難の業。そんなやっかいな食欲ですが、あるツボを押すことで簡単にコントロールできちゃうのです◎さらにさらにっ!ダイエットに効果的なツボも合せてご紹介したいと思います。

食欲コントロールして食べ過ぎ防止!

①飢点(きてん)
耳の穴の入り口にあるポコッと出っ張った部分を耳珠(じじゅ)と言い、その真ん中にあるのが「飢点(きてん」)です。食事の15分~30分前に1~2分間押し続けることで、過剰な食欲を抑制する効果があります。

つまようじ(頭側)や綿棒を使うのもいいですが、ここのツボは人差し指を耳珠の裏側入れて、人差し指と親指で耳珠を挟むように指圧するのでもOKです。

②胃/胃点(いてん)
耳の中央にある軟骨の先端(骨の上)にあるのが「胃/胃点(いてん)」。飢点と同じく食べ過ぎ防止の効果があるので、食事の前に刺激しましょう。また、胃の働きを活性化して消化を助ける働きもあるので、食べ過ぎてしまったとき(食後)に刺激するのもおすすめです◎

胃・脾・大腸区(い・ひ・だいちょうく)

■出典:「整体師が教える骨盤力と姿勢」より

手のひらの親指の付け根から手首にかけてふっくらとしている部分が「胃・脾・大腸区」。その名前のとおり消化器系に効果のあるツボです。この部分は押すというより、親指と人差指でつねるように刺激していきます。こちらもタイミングは食事の前。“つまんで離す”を2分くらい繰り返してあげましょう。ポイントは、“少し強め”にやること!ソフトな刺激だと逆に食欲を増進してしまうことがあるので要注意です。

地倉(ちそう) 

youkou.oさん(@yuki_wanko)がシェアした投稿

このツボは美容効果もあることから「若返りのツボ」とも呼ばれていて、口角から0.5㎝~1㎝ほど離れたところにあります。胃の温度を下げて食欲を抑制する働きと、口周りのシワ・たるみ・ほうれい線などにも効果があると言われています。人差し指と中指を使い、ゆっくりと左右同時に口角を上げるように押します。気持ち良いくらいの力加減で5秒間押したら離して…また押しての動作を5回行います。

代謝をアップさせて脂肪燃焼!

肺点(はいてん)
 

■出典:「ぶっちゃけ鍼灸師の人に教えたくなる話」より

耳の穴のすぐ横のくぼみ部分の中心あたりには「肺点」というツボがあります。ここを刺激すると脂肪代謝・水分代謝を高めることができ、血行促進にも効果的◎またインスリンの過剰分泌が抑制されて食欲を抑えることもできます。肺点は縦に並んで2個所あるので、親指の爪が縦になるようにして刺激します。
1日3回食事の30分くらい前のタイミングで、左右同時に60回ずつ刺激しましょう。

≪注意点≫

爪を立てて押すと皮膚を傷つけてしまう可能性がありますので、少し爪を傾けて爪の表面側が当たるイメージで行ってみてください◎爪で刺激するのが難しい方は、つまようじの頭や綿棒、ヘアピンの丸い方を使うといいですよ!

おすすめアイテム

ツボ押しスティック/299円(税込)


■出典:「linomakana」楽天サイトより

ポーチにも入って持ち歩きにも便利なツボ押しスティック。お手頃価格ですし、1本あると便利です◎

耳ツボシール(チタンビーズクリア)100粒/980円(税込)


■出典:「耳つぼジュエリー専門店びとけんしょっぷ」楽天サイトより

耳ツボシールはたくさん販売されていますが、こちらのシールは日本製で、国内機関の基準をクリアしている純チタンを使用したもの。お肌の弱い方も安心して使えますし、粘着力も◎だから、温泉・プール・ダイビングも楽しめます。毎回ツボを探すのは大変…。という方にもオススメです♪

ツボ押しでダイエットを成功させる秘訣

shutterstock_523738876

「ツボを押せば何を食べても飲んでも勝手に痩せていく」のではありません。ツボ押しをすることで食欲が抑制され、代謝が高まり、老廃物が排出されていくなどした結果痩せていくというもの。ですので、ツボ押し効果を最大限利用して、これらのことにも同時にトライしてみましょう♪

・お皿に盛る量を少し減らしてみる
・間食をやめる
・活動量を増やす
・マッサージをする

shutterstock_405214642

摂取カロリーをコントロールして、消費カロリーを高めることがダイエット成功のカギ!そしてそれを続けることです◎食事制限も運動も辛くてなかなか継続できなかったという方は、ぜひツボ押しを取り入れてみてはいかがでしょうか?

片山侑貴

企業の採用コンサル、個人のキャリアアドバイザーとハードな日々の中体調を崩し、自分の身体と向き合うことで「食・美容」に目覚める。そこから美容食学などを学び、現在美容をテーマに幅広く執筆中。みなさんの“美”に役立つ情報を発信していきたいと思います!

記事を検索する

PRESS RANKING本日の記事ランキング

more