エステサロンより効果的?!「良い眠り」につくための9つのお約束

お肌、髪の毛を輝かせたい!きれいに手入れしているのに理想的な肌にはまだまだ届かない!という女性は眠りをもう一度見直さなければいけません。眠っている時間はエステサロン以上の効果を発揮します!

ゆっくりと「良い眠り」をするには?

She woke up in a good mood
ゆっくり眠ることができる人は、毎日を元気に過ごせているはずです。もし眠りに満足できていない人は、いくつかの方法を試してみましょう。シンプルな方法で効果を感じます。

ゆっくりと良い眠りをすることは、元気にしてくれて女性を綺麗にしていきます。眠る事は、メンタルにも身体にも健康につながる大切なことです。それだけではありません。綺麗になりたい女性にとっては欠かせないものです。お肌がきれいになっていきます。

肌が綺麗になっていく事は数多くの研究でも明らかにされています。まずよく言われているのは、睡眠時間は7時間から8時間が理想的だと言うこと。

眠っている間にきれいになる効果とは

  • 表皮が若返る。
  • 肌の奥深くから再生する。
  • シワやシミを予防する。など

この効果は朝に鏡の前に立った時に明らかな違いを作り出します。

髪の毛や肌を輝かすためには、「午後10時から2時の間にしっかりと眠れていることが大切」なんです。この間が一番肌の再生能力が上がる時間だと言われています。

クマはもちろんなし!肌はいつもより輝きます。夜の眠っている間は何もしなくてもエステサロン以上の効果を発揮することができます。ではよく眠れるコツについて見てみましょう。

1.うつぶせで寝ない

Woman sleeping

うつぶせで寝るのは、できるだけ避けましょう。これは呼吸がしにくくなり、眠っている間に不快感を感じてしまいます。また、顔にシワができやすくなると言われています。できるだけ顔の一部分にだけ圧力がかからないようにして眠れるように姿勢を変えてみましょう。

2.スマートフォンはお預け

young woman with smartphone in bed at home bedroom

ベッドの上にスマートフォンを置いて眠るのはあまり良くありません。まず、夜にはメッセージ等が届くたびに音が鳴らないように設定しましょう。バイブレーションや通知音がなると眠りを邪魔してしまいます。

スマートフォンの画面の光はリラックスしにくくしてしまいます。理想的なのはスマートフォンを寝る前に電源オフにすること。でももし、電源をオフにするのは難しいならマナーモードにはするように気をつけてみましょう。

3.タブレット、パソコンは1時間前までに終わらせる

Using laptop at the window

寝る前の1時間前までには画面を閉じるように心がけましょう。テレビも同じです。目がチカチカして眠りにくくなります。寝ている間にテレビをつけっぱなしで放って置く事は良くありません。気をつけてみましょう。

4.リラックスする

Photo of a woman sleeping

眠りの質を良くするにはリラックスすることが大切です。でも、これがなかなか難しいんですよね。リラックスする時間を持つことは、週末だけではいけません。必ず平日もリラックスタイムを持つようにしましょう。

アイデアとしては寝る前に10分間時間を作ってヨガをしてみること。または10分間リラックスミュージックを聴きながら一日を振り返ったり、ゆっくりぼんやりと過ごしてみましょう。

  • アロマオイルを使ってマッサージをする。
  • 好きな写真集を見る。

とにかく、忙しい日常と自分を切り離してリセットするように心がけましょう。

5.その色、本当にリラックスできる?

I just need a little me time

色はとても大切です。特にベッドのある寝室は特に慎重な色選びをしないといけません。それではどんな色が眠りにいいか知っていますか?

  • 淡いパステルカラー
  • 暖色よりも寒色系の空(水色、ラベンダー色、白色など)

これらがリラックスした眠りにつながりやすい色と言われています。赤、オレンジ、黄色などはあまり眠りには良くない色です。ベッドや家具の色を見直してみましょう。

6.眠る時間

shutterstock_165092969
同じ時間に眠り、同じ時間に起きる事はとても良いことです。身体のリズムを整え、眠りと目覚めの身体のシステムを整えます 。もし、規則正しくすることができるなら始めてみましょう。毎日繰り返していると同じ時間に眠気が来るようになります。

文頭でもお話ししましたが、肌や髪の毛を輝かせたいなら「午後10時~午前2時」の間には眠っていることが大切です。再生させるためのホルモンが出てみるみる綺麗になります。この綺麗になるための時間を失わないように気を付けましょう!エステサロンよりもずっと効果があります!しかもすることは「眠る」ことだけです。

7.理想的な空間

shutterstock_520994989
寝室が静かな方が良いです。気温は18度ぐらいにして湿度は50から60%を保ちましょう。もし家の近くに大きな道路があり騒音がずっと聞こえるなら「耳栓」をしましょう。

8.食事

Vegetarian dinner

夕食は必ず軽いものにしましょう。寝る時間の2時間前までには済ませておくことは、女性なら常識かもしれません。炭水化物や植物繊維が豊富な夕食を心がけましょう。外食をするときは、食事後にコーヒーなどを飲んでしまうことも多いと思いますが、美容を心がけるなら避けましょう。

9.誰かと一緒に寝る

shutterstock_391231864
ペットと一緒に寝たり、恋人と一緒に寝るのは良い眠りにしてくれます。子供がいる人も同じです。一緒に眠ると深い眠りにやすくなると研究でわかりました。もちろん、ベッドが小さかったりすると大人2人だと狭く感じることもあるかもしれませんが、2人供良い眠りになる事は保証付です。

Maki.C

通訳・翻訳家。ヨーロッパで発信されている流行やトレンドを一早くキャッチするために日々情報収集しています。ヨーロッパ発の健康法やライフスタイルで心から健康に美しくなれる方法を毎日を忙しく過ごしながら、おしゃれ・恋愛・仕事に励む女性にお届けしています。

記事を検索する

PRESS RANKING本日の記事ランキング

more