ダイエットの強い味方!”栄養たっぷり”な「甘酒」の効果

ダイエットの強い味方!”栄養たっぷり”な「甘酒」の効果

冬になると飲みたくなる”甘酒”。実はダイエットや美容に効果があることはご存知でしたか?
栄養補給の点滴とほぼ同じ成分が含まれていて、「飲む点滴」とも言われています。
そんな甘酒の様々な効果をご紹介します。

甘酒って?

コンビニやスーパーでも手軽に購入できる甘酒。
甘酒には、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、植物繊維、オリゴ糖、アミノ酸、ブドウ糖などの栄養素が含まれています。100gあたり81calと低カロリーで美容、ダイエット効果があります。
甘酒のアルコール度数は1%未満なので、ソフトドリンクに分類されます。お酒が飲めない人でも飲みやすい味ですよ。

甘酒のうれしい効果

Japanese Amazake

美肌効果

甘酒に含はビタミンB2が多く含まれています。ビタミンB2が肌の機能を活性化する効果があり、お肌の潤いを保ちやハリや弾力を取り戻してくれる働きがあります。
また甘酒の原料である米麹には、シミの原因となるメラニンの生成を抑える作用があることから美白の効果も期待できます。肌荒れなどのトラブル回避にも効果を発揮してくれます。

ダイエット効果

甘酒に含まれるビタミンB群、アミノ酸で代謝がUP!脂肪燃焼を促し、糖質を溜めこまない体質を作ってくれます。
また、甘酒の中に含まれるブドウ糖には血糖値を上げる働きがあるので、満腹感もありますよ。
甘酒を買うときは米麹から作られた砂糖の含まれていない甘酒を選びましょう。

便秘解消

甘酒は便秘解消にも効果があります。食物繊維、オリゴ糖が腸内を整え、身体にたまった老廃物を排除します。
便秘が解消されることで、体内を巡る血液も綺麗になり、お肌の状態も良くなります。

いつ飲むの?

特に効果のあるタイミングは朝です。
豊富な栄養素が含まれているので、朝飲むことで短時間でエネルギーチャージでき、代謝も高い状態でキープすることができます。
1日1食を甘酒に置き換えてダイエットをする場合は、朝、昼、夜どのタイミングでもOKです。
飲む量は、1日にコップ1杯を目安に飲みましょう。

豆乳甘酒がオススメ!

soy milk with beans
豆乳には、女性ホルモンを高める効果があるので、甘酒にプラスすることでさらに美容効果がUPします。冷え性の改善にも効果があります。
豆乳に含まれている植物性タンパク質は、コレステロールゼロでカロリーも低く、食事による代謝を効率よく上げることが出来ます。
甘酒の味が苦手な方でも豆乳に混ぜると飲みやすくなりますよ。

豆乳甘酒の作り方

作り方はとっても簡単です。無調整豆乳に甘酒を1:1やお好みの量を加えて混ぜます。500Wの電子レンジで、約1分30秒加熱すれば完成です!
アイスでもおいしいですが、ホットで身体を温めて代謝をUPさせましょう。

shutterstock_410128504

いかがでしたか?
甘酒には疲労を回復させる効果もあるので、疲れている時に飲むのもオススメです。
そして、毎日飲み続けることでが大切です。
とっても手軽なので甘酒を美容習慣にしましょう♪

※筆者の個人的見解です。効果・効能を保証するものではありません。

GODMake.編集部

GODMake.編集部厳選のBEAUTY NEWS、人気モデルによるトレンドメイク、NEW COSME情報、有名人メイク解説、自分に合う美容法など「絶対キレイになれる!」旬でプレミアムなビューティ記事

記事を検索する

PRESS RANKING本日の記事ランキング

more