子どもっぽくならない!“ナチュラル&ライト”メイクのための5つのポイント

MAKEUP

子どもっぽくならない!“ナチュラル&ライト”メイクのための5つのポイント

あまり遠出しない日など、たまにはフルメイクをお休みしたい日もありますよね。 でも引き算だけしているとまるでノーメークに見えてしまったり、なかなかうまくいかないもの。今回は、時間をかけないで仕上げるライトメイクの、ちょっとしたコツをお伝えします。

ただの引き算では成立しない? “ナチュラル&ライト”メイク

shutterstock_367915757
“ナチュラル&ライト”メイクというのは結構難しいものですよね。いつものメイクから引き算して、ただ単純に手順を減らすだけだと、いろいろ問題が出てきます。

・薄すぎて、すぐノーメーク状態になってしまう
・欠点が目立って、ブルーな気分に…
・若く見られるというより子どもっぽく見られる
・老けて見られてしまう

ちょっとしたコツを押さえておくと、理想的な大人の“ナチュラル&ライト”メイクに仕上げることができるんです。今回は、その5つのポイントをお伝えします!

ポイントその1.肌作りは均一化するために「補正」する

shutterstock_364505864
まずはベースの肌づくりです。“ナチュラル&ライト”メイクの場合特に、人によってこだわりの違いが出るのではないでしょうか。肌作りは、もっともメイクの工程の中で時間を割くべきと考えるといいでしょう。

“ナチュラル&ライト”メイクの場合、理想の肌づくりにこだわらずに、元の肌の色を生かすことを考えます。ムラを補正して均一化するという目的のみに集中しましょう。

素肌の均一感に自信がある人の場合

キメが細かく色ムラが少なく、素肌に自信がある人は、素肌感をしっかり活かすのが賢いでしょう。極端なことを言えば、下地クリームと日焼け止めだけでいいかもしれません。

日焼け止めは四季を通して必須です。シミやソバカスの原因にならないよう、しっかり隙間なく塗りましょう。そして日焼け止めを落とすため、原則、帰宅後は「メイク落とし」を使って洗顔をしたほうがいいでしょう。

素肌に自信のある人にオススメの肌作りには、以下の順番です。
1.下地クリーム 2.日焼け止め 3.(使用するなら)ルースパウダー

気になる部分がある人の場合

気になるシミ・ソバカス、目立たせたくないホクロなどがある人は、その部分をカバーすることを最優先にしましょう。ふだん使っているコンシーラーにBBクリームを重ねる、以下の順番がオススメです。
1.下地クリーム 2.BBクリーム 3.(使用するなら)ルースパウダー

この後、アイメイクを簡単にするために、まつ毛にはなるべくファンデがつかないようにしてくださいね。

ポイントその2.眉は眉尻をしっかり描く

shutterstock_348649268
眉は顔の印象を大きく左右するもの。カットせずボサボサだったりすると、粗野な印象になってしまうので、まず、ふだんからきれいにそろえてカットしてあることが前提です。

そして、眉が消えかかっていると一気に貧相な表情に見えてしまうもの。“ナチュラル&ライト”メイクでも、ウォータープルーフなど、消えにくいタイプのアイブロウを使いましょう。自然の毛の流れを無視せずに、眉尻の足りない部分を足していくようにってシンプルに描きましょう。

ポイントその3.アイラインは入れる

shutterstock_430342069
アイメイクですが、子どもっぽくなりがちな人に特にオススメなのは、アイカラーやマスカラは使わず、アイラインのみを引く方法です。大人の“ナチュラル&ライト”メイクは、ここが重要ポイントです。上まぶたのアイラインを入れましょう。

アイラインを引くことで少しナチュラル感は損なわれる感じがしますが「大人っぽさの演出」ができます。アイカラーなどは載せず、上まぶたのアイラインだけを、まなじりが長くなりすぎないよう入れてください。

もしも、アイラインだけ描く方法では、どうしても濃いメイクに見えてしまうなど「自分に合わない」と感じたかたは、透明のマスカラだけつけるアイメイクにするといいでしょう。

ポイントその4.口紅はヌードカラーを選ぶ

shutterstock_361962539
唇は保湿をしっかりする必要があります。ガサガサしているのがパッと見てわかるようだとやはり品良く見えず、イメージダウンになってしまいます。保湿力のある口紅を使う場合でも、先にリップクリームを塗ってなめらかに保湿しておきましょう。

口紅の色は、ヌードカラーをチョイスしましょう。唇の色が目立つと一気にメイクが派手に見えてしまいます。また、ヌードカラーだと忘れがちですが、しっかりティッシュオフすることを忘れないでください。ティッシュオフすることで、食事などをしても口紅が落ちにくくなるからです。

ポイントその5.ヘアは健康を保っておく

shutterstock_326885012
ここまでの工程で、普段のメイクよりだいぶ時間が削減できたのではないかと思います。せっかくなので、ヘアメイクはあまりしなくて済むといいですよね。つややかな健康な髪だとあれこれしなくても様になるし、クセもつきにくいでしょう。

ボリュームがなく痛みがちな髪は、ボサボサした眉やガザガサ下唇同様に、品が良く見えず、不健康な印象になってしまいます。ヘアの印象は、普段のお手入れによって左右されてしまいます。

美しい髪を作る普段のお手入れとは

普段の髪のお手入れで最も重要なのは「濡れたままにしておかないこと」。入浴やシャワーの後、濡れた髪はすぐにドライヤーで乾かすことが大切です。

自然乾燥は特に髪を傷めてしまう原因です。現代はシャンプーやトリートメントの質が良くなっていることもあり、正しくドライヤーの熱を当てると髪にツヤが出ます。シャンプーやトリートメントは、ときどき違うものに変えると、いい刺激になりますので、試してみてください。

“ナチュラル&ライト”メイクで過ごす休日!

Close-up of beautiful girl
今回は“ナチュラル&ライト”メイクのポイントとして、肌作り、眉、アイメイク、唇、ヘアと5つのポイントをご紹介しました。

Texting on the phone
たまにはラフなファッションに身を包み、“ナチュラル&ライト”メイクをキメて、遠出をしない休日を楽しむのもいいのではないでしょうか。リラックスしていい休日をお過ごしください。

子どもっぽくならない!“ナチュラル&ライト”メイクのための5つのポイント

この記事をSNSでシェア

haru

haru美容・映画ライター

メディカルコスメの化粧品会社勤務を経て、美容への知識と興味を深める。現在はライターとして活動。 主なテーマは美容と映画。「美」と「心身の健康」の、深いつながりを意識している。

PRESS RANKING本日の記事ランキング

more