ダイエット中でも食べたい!そんな時にオススメの「おやつ」7選

ダイエット中でも食べたい!そんな時にオススメの「おやつ」7選

痩せたい…そんな思いはいつになっても消えないもの。ですが、そんなに簡単にダイエットは成功しない。。ついつい、食べたくなてしまいますよね。さらに、食べないダイエットはリバウンドもしやすいのが特徴。そんなダイエットを手助けしてくれる『おやつ』を今日は紹介します。

痩せたい。でも、うまくいかない。。

shutterstock_297318935-1

ダイエットしたいな。痩せたいな。そんな悩みがあるのは、多くの女性に共通していること。ジムに通ったり、炭水化物ダイエット、耳つぼダイエット、脂肪吸引…様々なダイエット方法がありますが、これといったダイエット方法って確立していませんよね。それほどダイエットって難しいこと。やはり、運動しても、お腹が空いてついつい食べてしまいますよね!運動して、その後にそれ以上食べてしまった!そんなことありませんか!?

なかなか食事制限は難しいもの。今日は、そんな難しいダイエットの手助けにもなる、ダイエットに適したおやつを紹介します。食べる量は同じでも、食べるものとタイミングを変えるだけで、意外と効果があったりするんです!間食を上手に活用しましょう。

おやつのタイミング

shutterstock_309171965

やはり、食べる時間(タイミング)はダイエットとかなり関係してきます。食事以外にも食べないと落ち着かない。そんな方も多いはず!食べる時間は食後を避け、食事のあと2~3時間空けると効果的です。寝る前3時間はお菓子を食べたり、食事をしないようにしましょう。

夜はカロリー消費をしませんよね、そんな時間はできるだけ避けましょう。そんな時にお菓子や食事をとると、余分なエネルギーになってしまい、太りやすくなります。寝る前3時間は食べないようにしましょう。

お腹がいっぱいになるまで食べない。

shutterstock_367721876

これはおやつだけに限らず、食事でもそうですね。食事は腹八分めが基本です。もちろん、おやつもお腹いっぱいになるほど食べては意味がありません。美味しいとついつい手が伸びて食べ過ぎてしまいますね。
お菓子を食べ過ぎないためには、大きい袋に入っているものではなく、個別包装されているものを選ぶようにしましょう。

もう一つ、満腹中枢は約20分後に感知すると言われてます。その為、たくさん食べても20分以内ならたくさん食べれやすい状態になります。食事ですと、食後くらいに20分がきますが、おやつだと短時間で高カロリーを摂取しやすいことも。お腹が空いていても、ちょっと我慢してみてください。食べている時はお腹が空いていても、20分後に満腹中枢が感知して、お腹が満たされる感じがしてくると思いますよ!

どんなおやつを食べればいいの?

shutterstock_344974163

基本的に、GIの低いものがオススメです。GIとは、食べ物を食べた時の血糖値の上がりやすさを表したものです。高GIの食べ物は血糖値があがりやすく、脂肪になりやすいのでダイエット中は控えた方がいいです。

ただし、気にし過ぎてストレスが溜まってしまってはリバウンドの原因なので、週に1回は気にしない『チートデイ』を作ってもいいですね。週末は頑張った自分に御褒美でショートケーキ。そんなのもいいと思います。もちろん、毎日はダメですよ!

ダイエット中のオススメ「おやつ」7選

冷凍アップルマンゴー

shutterstock_248192941

最近はコンビニで手軽に買えるようになりましたね!フルーツは、ほとんどのものがGIが低く、ビタミンミネラルが豊富なので、おすすめのおやつです。さらに冷凍ということもあり、すぐたくさん食べれないので、食べるのに時間がかかり、満腹中枢が感知する前に食べすぎるのも防止できます!しかし、冷凍マンゴーなどは冷凍庫がないと保存できません。お家でのおやつには最適ですが、仕事の合間にパクリ!とはなかなか難しいかもしれませんね。

おしゃぶり昆布

shutterstock_303865694

おしゃぶり昆布はよく噛むものでもあり、口の中に長くいるので、食べている間に満腹感が得やすいおやつです。昆布はカロリーが低く、食物繊維やミネラルも豊富に含まれています。おしゃぶり昆布は無添加のもがいいですね。

ナッツ

shutterstock_355672364

ナッツは代表的な低GI食品の1つです。アーモンド、カシューナッツ、マカダミアナッツなどはGIも低く、満腹感も得やすいです。しかし、ついつい食べ過ぎてしまいやすいので、注意しましょう。

するめ

shutterstock_110410121

するめは、よく噛んで食べるので満腹感を得やすく、腹持ちもいい食品です。さらに、低カロリー、高たんぱくで、余計な味付けも少ないものが多いです。

ヨーグルト(無糖)

shutterstock_423008767

ヨーグルトはGI値が低く、乳酸菌の作用で腸内環境が整う効果もあり、オススメです。しかし、砂糖がたくさん入っているものもあるので、できるだけ無糖のものを選びましょう。そして、ヨーグルトは毎日食べることで効果が増すので、習慣化するといいですね。

くるみ

shutterstock_376654033

くるみもGIが低い食品です。最近は味付けのくるみがコンビニでよく売っていますが、できたら味付けしていないものがオススメです。

チーズ

shutterstock_343034981

牛乳やチーズもGIが低い食品です。チーズも様々な形のものがありますが、最近は一口チーズなど売っていますので、数個休憩中に食べるのもいいですね!カルシウムも豊富です。

shutterstock_429482149

いかがでしょうか!??『おやつ』というと、ポテトチップスなど想像してしまうかもしれませんが、上記のものも立派なおやつです。甘いものばかり食べていたら、週に数回でいいので、少し変えて見ませんか!??短期的ではなく、じっくりゆっくりですが、だんだんと、効果が現れてくると思います。

※筆者の個人的見解です。効果・効能を保証するものではありません。

五嶋 基和

サロンワークをしつつ、オリジナルブランドのシャンプーなどを開発し、販売しています。自身でコーディンングして、ネットショップも運営している起業家美容師。

記事を検索する

PRESS RANKING本日の記事ランキング

more