恋愛の危機!賢く「倦怠期」を乗り越える方法

恋愛の危機!賢く「倦怠期」を乗り越える方法

一緒に時間を過ごすことが多くなると、2人の関係はどんどん親密になっていきます。2人で居ることが日常の一部となり、安定してきます。
ですが2人の関係が安定するともちろん夜の生活が減り、相手がいることが普通になります。ここからいろいろな疑問も出てくることに。
今回は、倦怠期を乗り越える方法についてご紹介します。

2人に難しい問題が出てきたら?

2人に難しい問題が出てきたら?

・私たち大丈夫なの?
・私たちは愛し合っているの?
・何が足らないの?

これらの疑問が出てきたら、どのように立ち向かっていくといいのでしょうか。恋愛の危機は2人でしっかりと立ち向かい乗り越えることもできますが、難しいケースもあります。早かれ遅かれ将来をどうするか、一緒にずっと過ごすかなど大切な話題が出てくると思います。でも難しい問題は乗り越えて行かないといけません。2人で乗り越える、1人で乗り越える、どちらにしても立ち向かうことが必要です。

落ち着きを保って

距離を置くカップル

2人の間に隙があるカップルは常に沸騰した鍋の状態で、どっと溢れてしまいます。しっかりと状況を理解して、どんなに辛くても、どんなに難しくてもパニックにならないように冷静にいることが必要です。実際に危機は今まで進んできた方向を変えることになります。もしかすると恋愛が終わることを意味するかもしれません。

でも。「絶対に終わる」と決まったわけではありません。それどころか恋愛の危機は時に2人の関係を成長させてさらに前進させるきっかけになることもあります。

カップルが危機に立ち向かう時に乗り越えられるか、乗り越えられないかの違いはどこから生まれるのでしょうか。一般的に人生の上で障害をいつも避けたり、諦める傾向のある人は恋愛でも乗り越えることを諦めてしまいます。でも上手に障害を越えようと努力する人は2人で乗り越えて行き、さらに2人の間を強くすることができます。

障害はカップルの何を刺激するの?

セルフィーを撮るカップル

一緒に過ごしたい強い気持ち、情熱などを感じていたのはじめの段階。この初めの段階が終わると2人の関係は恋愛から愛しさや愛情へと変わります。お互いの存在の大きさを無意識で感じ取り、日常の一部へとなります。

やがて、2人が一緒にいることが当たり前となり、時にはイライラして八つ当たりしてしまうこともあります。2人でいながらお互いがあまり関心を持たなくなります。

一緒に住み始めると思い描いていたほど楽しいものではなく、初めの頃のようにワクワクすることもなくなり、疲れてしまう時期が来ます。このように2人でいることから何か物足りなさを感じるような時もあります。
こんな時は2人でいることにもう一度価値を見出して、2人の気持ちや欲求を考え直してみましょう。事実に向き合って立ち向かってみると2人の発展へとつながります。

倦怠期に入った時

倦怠期のカップル
倦怠期はどんなカップルでも迎えます。恋愛をしている上で自然な発達段階の1つとも言われています。これは恋愛関係でカップルとして新しいバランスを保つための時期で、1人の人として状況を改善するきっかけになります。

この倦怠期ですが、カップルによって過ごし方が違います。何も言わずに倦怠期を過ごす人もいます。どちらにしてもこの時期を乗り越えた後に共通するのは「また新しい恋愛の段階への入り口となり、相手は自分が思っていたように完璧ではなく、想い描いていた理想像を少し封印して付き合えるようになります

夢を見ていた状態から目が覚めて、相手との距離間をはかり、現実を少し感じ取れるようになります。この距離感をとることで相手も自分も本当に必要なのかどうかということも見えてくるようになります。

カップルの危機の症状

カップルの危機

では、早速カップルの危機の症状を見てみましょう。

  • 会話が2人の間にない。喧嘩が増えてきて、話すこともどんどんなくなってきます。
  • 一緒にいる時の気持ちや感情の大部分が怒り、悲しさ、絶望感になります。
  • 相手に対してあまり興味がなくなり、話を聞こうとしない。話したとしても1人で話してるような感覚になり、一緒に過ごしている感じがしない。
  • パートナーと過ごしているけれど、他の選択肢がないから仕方がない。

危機は必ず来ますが、大切な事はその状況に立ち向かえるか、備えができているか。しっかりと頭を使って2人の関係を見つめ合い、新しいバランス感を見つけましょう。2人にとって本当に心地良い過ごし方を見つけるように心がけてみてください。

パニックにならない

パニックになる女性

倦怠期が来た時に試してみたい事は振る舞いを変えてみたり、口論の仕方を変えてみること。
最初に感じた気持ちや出来事などは初めとは違って当たり前です。倦怠期を受け入れて少し2人の間の感情レベルを落とします。

先ほども話した通り、倦怠期はどのカップルにもきます。これは2人の関係を成長させるきっかけになるものでとても大切なことです。本当に愛し合っているか確かめることができるきっかけです。1人で終わらせないで少しパートナーから距離を置いてみて、見つめ直すのもいいかもしれません。その間も2人で気持ちを共有しあう努力をしてネガティブなこともポジティブなこともできるだけ明確にしておきましょう。

倦怠期を乗り越えるためのアドバイス

倦怠期を乗り越えるためのアドバイス

恋愛がうまくいかないと誰でも何かでその不満を外に出そうとします。友達に出したり、仕事で解消したり、趣味で忘れようとしたり。

でもこの会わない時期。本当に意味があるのでしょうか。会わないことが多くなると自然と2人の関係が壊れるきっかけになったり、浮気につながる確率も増えます。2人の距離を置く事は、実際にパートナーと会いたくなる気持ちに火をつけることもできるかも知れませんが、これもバランスが取れたカップルにだけ当てはまるものかもしれません。

  • 賢い喧嘩の仕方を覚えよう。お互いの意見を聞けるきっかけになる喧嘩をする。
  • 相手にとってプラスになることを覚える。2人とも一緒に過ごしていたとしても自由でないといけません。したい事は相手に気を使わずに出来るようにする事は2人にとっても健全な関係を築きます。
  • カップルでいることで得る幸せを覚える。相手に快適さや好感を与えるようにする。一緒にいることで良いことがあるという感覚を持つようにしましょう。小さなジェスチャーでもいいです。一緒にいることを喜び合いましょう。

Maki.C

通訳・翻訳家。ヨーロッパで発信されている流行やトレンドを一早くキャッチするために日々情報収集しています。ヨーロッパ発の健康法やライフスタイルで心から健康に美しくなれる方法を毎日を忙しく過ごしながら、おしゃれ・恋愛・仕事に励む女性にお届けしています。

記事を検索する

PRESS RANKING本日の記事ランキング

more