食べる量を減らしたい?それなら机の上に◯◯を置いてみて!

食べる量を減らしたい?それなら机の上に◯◯を置いてみて!

カロリーの低いものを食べる、サラダから食べて重い食事は後にするなど、食べる量を控えるために努力をしている人はたくさんいると思います。ダイエットの方法は、もうすべてのことを知り尽くして、試し済み!
でも、特にお腹が空いているときは頭の中がいっぱいになり、我慢できなくなる時もありますよね。
結局、空腹に勝てる方法は見つからず、ついつい食べ過ぎてしまうの繰り返しで後悔することもあります。そんな人が試す価値がある他の方法を見てみましょう。
用意するものはたった一つで、簡単なのに効果のある方法です。これをするといつもより食べる量が努力なしに減らせるかもしれません。

用意する物

鏡

ある研究によると、鏡を見ながら食べると「料理の味が落ちて少し食べる量を減らす気になる」とのことです。鏡を机の上に置き自分を見ながら食べてみましょう。特にお菓子、ケーキ、ハンバーガーなどカロリーの高いものは鏡を見たほうがいいです。

研究で証明されている

チョコレートケーキを食べる女性

Florida Central大学の研究グループが185名の若者を対象に実験を行いました。
半数にチョコレートケーキを食べてもらい、もう半分にはミックスフルーツを食べてもらった結果、その中で数名は鏡の前で食べるように指示されたとのこと。チョコレートケーキ、ミックスフルーツを食べた人で鏡の前で食べると「あまり美味しく感じなかった。」と言う人が多かったのです。

どうして美味しくなくなるの?

鏡から目を逸らす女性

これは何も特別なことをした訳ではありません。こうなった理由は、実は「食べていることへの罪悪感」が関係するのです。鏡を通して自分を見る事は、普段あまり気にしませんが脳にとってはとても複雑なことなんです。鏡を見ると事実を映し出してくれて、いつも見れない自分を映し出します。食べているときに少しでも罪意識があったら、鏡に映される自分の姿を見るのに勇気が要ります。

鏡は、罪意識を大きくしてくれて、自分で確認できるツールになるのです。いつもより罪意識が強くなり、食べている物の味が落ちて感じ、最終的に量が少し減らせるというからくりになっています。

鏡の前で食べたらみんな痩せるの?

鏡を見つめる女性

これは人の性格によります。もともと食べ過ぎても罪悪感を感じていない人にはこの効果はありません。でも簡単な方法なので試す価値はあると思います。
もう一つの理由は、鏡の前で食べると意識して食べるのでゆっくりと食べることができます。満腹感がしっかりと感じれるようになるので、量を抑える1つの方法になります。

自分を抱きしめる女性

Maki.C

通訳・翻訳家。ヨーロッパで発信されている流行やトレンドを一早くキャッチするために日々情報収集しています。ヨーロッパ発の健康法やライフスタイルで心から健康に美しくなれる方法を毎日を忙しく過ごしながら、おしゃれ・恋愛・仕事に励む女性にお届けしています。

記事を検索する

PRESS RANKING本日の記事ランキング

more