どんどん老けちゃう…!”老化”が早まる「NG習慣」6つ

どんどん老けちゃう…!”老化”が早まる「NG習慣」6つ

え、まだ20代なの?と思う老け顔の人もいれば、30代で美しい人もいます。同じように1年ずつ年を重ねていくはずなのに、見た目年齢の差が出るのは生活習慣の違い。
そこで今回は、どんどん老けちゃうNG習慣をご紹介します。

1.外食やテイクアウトが多い

shutterstock_305122538

食品添加物はビタミンやミネラルの吸収を阻害してしまいます。スーパーモデルがオーガニックや無添加にこだわるのは、こうした理由からなのかもしれません。

必要な栄養が足りていないと、皮膚や筋肉は修正、再生できずに衰えてしまいます。

2.甘い物をよく食べる

shutterstock_102952706

白砂糖など、精製されている糖の摂り過ぎは、肌が黄色くくすみ、しわやたるみの原因になることがわかっています。
スイーツはたまにのご褒美や、チョコをひとかけらなど、摂り過ぎに注意しましょう。

3.タバコを吸う

shutterstock_166389578

美容と健康にマイナスばかり。顔色がくすみ、毛穴が開くなど、肌の老化が早いといわれています。

4.睡眠の質が低い

shutterstock_297082256

寝ている間は成長ホルモンが分泌され、日中に傷ついた細胞が修復、再生、肌の新陳代謝が促進されています。

睡眠時間が短い、睡眠の環境が悪いと、睡眠の質が低下し、成長ホルモンが十分に分泌されません。睡眠は美容タイム。よく眠れない人は、睡眠環境を見直し、入眠儀式を作ってみるなど試してみて。

5.間違ったクレンジング

shutterstock_452849992

メイクはオイルクレンジングで、一気にシャワーで流してさっぱり!なんてしていると、肌がみるみる老化してしまいます。

アイメイクやリップメイクは落ちにくい分、ポイントリムーバーで優しく落とすべき。クレンジングで一気に落としていると、こすり過ぎの原因になり、目元のたるみや色素沈着など老け顔を作ってしまいます。

6.運動不足

shutterstock_367237151

筋肉は使わないと退化してしまい、体型のメリハリがなくなるだけでなく、基礎代謝が下がって体温が低下、疲れやすさや太りやすい、冷え症など血行が悪くなってしまいます。

ターンオーバーが乱れて周期が遅れることで、肌はどんどん老化が加速。運動不足を感じたら、階段を使ってみたり、家の中をつま先立ちで歩いてみたりなど、まずはできる範囲で筋肉を意識しましょう。

shutterstock_408951034 (1)

いかがでしたか?これらの生活を続けていると、5年後同級生より老けて見られてしまうかも。今から見直していきましょう。

※筆者の個人的見解です。効果・効能を保証するものではありません。

坂本雅代

国際中医薬膳師・エステティシャン 内側からの健康として東洋医学との融合を目指した施術のほか、エステ講師としても活動中。

http://ameblo.jp/dianablog/

記事を検索する

PRESS RANKING本日の記事ランキング

more