30代は歯が命?!『ミュゼホワイトニング』で大人女性の魅力とメイクの幅を格上げする白い歯へ【30代のリアル美容#29】

LIFESTYLE

30代は歯が命?!『ミュゼホワイトニング』で大人女性の魅力とメイクの幅を格上げする白い歯へ【30代のリアル美容#29】

大人女性の美容にとって大切なのは、造形美よりも清潔感。髪や肌と同じくらいこだわりたいのが「歯」です。歯への自信が持てると、笑顔にも自信が持て、さらに、口や歯に目がいくような鮮やかなリップメイクも積極的に取り入れたくなるもの。

ですが、そんな思いに反して歯は、年齢を重ねるごとに黄ばんでいくという噂が?!これって本当なの?ただ歯磨きをしっかりするだけではだめ?日常生活で気を付けるべきことは?「ホワイトニング」って実際どうなの?

上記のような歯の疑問を解決すべく、『ミュゼホワイトニング』歯科医師の末光妙子先生にお話を伺ってきました。

「白くて美しい歯」を嫌う人なんていない

「歯」は、髪・肌と同じくらい大事な要素

白くて美しい歯
出典:GODMake.

体型や顔立ち、ファッション等の好みやなりたい理想は人それぞれ。だけど「汚髪」「汚肌」を好きな人はいませんよね?それと同じく、「黄ばんだ歯」を好む人はいないはず。

それに、歯への自信が持てると人前で自信を持って笑顔になれるし、赤い口紅など歯を強調するメイクにも抵抗がなくなるから、どんどん毎日が充実しそう。

白い歯を手に入れるためには「ホワイトニング」が必須

だけど、「痛い」「高い」「面倒」…と、今すぐマストでやりたいと思えないでいませんか?

白い歯を手に入れるためには「ホワイトニング」が必須
出典:GODMake.

このように、「白い歯」がいかに魅力的かは、ほとんどの方がわかっているはず。ですが、歯を白くするべく行う美容の代表「ホワイトニング」ってどうしても、優先順位がダウンしがち。

  • 痛い
  • 金額が高い
  • 1回ではあまり効果がなく、継続しないと意味がない
  • そもそもで歯医者さん自体の予約がとりにくい
  • その後の食事が制限される

と、とにかく面倒くさいことばかりなのも、億劫になる理由かも。上記を考えると、「まだ、そんなに黄ばんでないし」「虫歯などの病気ではないし」「毎日きちんと歯磨きをすれば問題ないだろう」などと、どんどん後回しにしたい気持ち、良くわかります。

何故ならば、何を隠そう私も、定期的にクリーニングはしているけれど、ホワイトニングをおろそかにしている1人だからです。

だけど、やっぱり白くなりたい願望がある上に、「ホワイトニングは年齢がより若いうちに始めるべきらしい」との情報を得て、嘘か誠かわからないまま気がはやったため、気軽にできると噂の『ミュゼホワイトニング』で、まずはお話を聞いてみることにしました。

いざ!気軽に始められるホワイトニングと評判『ミュゼホワイトニング』へ

末光先生!「歯」はなぜ黄ばむのでしょうか?クリーニングのみでは白くなれないの?

ミュゼホワイトニング歯科医師・末光妙子先生
提供:株式会社ミュゼプラチナム

(ミュゼホワイトニング歯科医師・末光妙子先生)

ミュゼホワイトニングの歯科医師である末光先生を訪ねた私は、カウンセリングにて今の歯の悩みやお手入れ方法の相談とともに、歯の黄ばみ・ホワイトニングについての疑問を根ほり葉ほり聞くことに。

「歯」はなぜ黄ばむの?年齢を重ねるほど黄ばむって本当ですか?

「歯の大半は、エナメル質、象牙質からできており、『黄ばみ』は、エナメル質表面への色素沈着の他、象牙質の色がエナメル質の上に透けて見えることにより発生します(※エナメル質は半透明)。

象牙質は加齢で色が濃くなっていくため、『年齢を重ねるごとに黄ばんでいく』というのは本当です。だから、年齢を重ねてからのホワイトニングを開始する場合、理想の白さに到達するまでに回数がかかることがあります」

「クリーニング」は定期的に行っているのですが、「ホワイトニング」とはどう違うのでしょうか?

「クリーニングは、エナメル質の表面に着いた汚れが取れます。歯石の除去などもできるため、健康な歯のためには必要不可欠。しかし、象牙質の色は変化しないので、より白く美しい歯を目指したい際は、ホワイトニングで象牙質の色を抜いてあげるのが有効です。髪でたとえるとクリーニングはシャンプー。ホワイトニングはブリーチです」

もっと白くなりたい!だけど、ホワイトニングって実際どうなの?

ホワイトニングって実際どうなの?
出典:GODMake.

ここまでお話を聞き、自分の歯の色のトーンをチェックすることに。すると私は、定期的なクリーニングの成果もあり、日本人の平均より白いということが判明。だけど…歯に当てている色見本を見ると想像以上に黄色い気がして、もっと白くなりたい!!!!

でもでも、面倒なのも痛いのも嫌だから、その思いも末光先生に質問です。

ホワイトニングって「痛い」「食事が制限される」「面倒」「高い」など、マイナスイメージがあります。実際どうなんですか?

「ミュゼホワイトニングが取り入れている『ポリリンホワイトニング』は、痛みを感じにくく、施術直後の飲食もOKです。予約はWEBで24時間取れますし、1本500円とリーズナブル。さらに、初回20本5,000円(税抜)や、お得な『まとめてコース』、キャンペーンなどを随時行っているので安心してください。結婚式までにきれいになりたい!などと思う方には、『通い放題プラン』を用意しています」

「ポリリンホワイトニング」の特長

従来のホワイトニングの「しみるような痛み」「費用が高い」「施術後の食事制限」といった問題を改善した他、コーティングにより、歯の黄ばみの原因となるステインやヤニの再付着を防ぎ、白さを長持ちさせてくれるため、1回の施術で満足する人も。ホワイトニング効果のみでなく、口臭予防 ・虫歯予防 ・歯周病予防 ・歯質の強化も実現。

「ポリリンホワイトニング」を早速体験

初回は20本。2回目以降、色のトーンを調節していくのがおすすめ

上記のようなお話を聞いて、すっかり興味を持った私は、『ポリリンホワイトニング』を受けて帰ることに。

歯は、一般的に前歯から奥歯に向けてグラデーションになっていくことで、口元に奥行きが生まれて美しく見えるのだそう。また、人によっては歯ごとの色ムラがあるため、色の濃い歯だけをケアして、合わせることも可能。

初回は笑ったときに見える20本の施術を行い、2回目以降はカウンセリングにてホワイトニングをすべき歯・しなくて良い歯を見極めながら、色ムラのない美しい口元を目指すのがおすすめです。

施術

施術風景
出典:GODMake.

歯面の清掃や唇の保護をした後、ホワイトニング材料を塗布し、光を照射します。感想は「本当に全く痛くない」。目元にかけるタオルにお好みの香りをつけてくれるため、リラックス効果も加わり寝てしまいそう…。

Before/After

Before/After
出典:GODMake.

どうでしょう?違いはわかりますでしょうか?上下を見比べると、歯の白さはもちろんのこと、笑顔に自信が持てたせいが、アフターは口角が上がっていますね。

トーン
出典:GODMake.

一般的な方の犬歯がA3.5(右から5番目)、そして、別の土台についている左の4本は芸能人レベルの白さだそうで、私の場合、

施術前→ 犬歯:A3(右から8番目)、前歯:C1(左から6番目)
施術後→ 犬歯:A1(左から2番目)、前歯:B1とW3の間くらい(1番左と別土台1番右の中間)

と、なんと!1回施術を受けただけで、前歯は5.5トーン。犬歯は7トーンも明るくなりました!!

「定期的にクリーニングを受けているから、ホワイトニングの効果も良くでたのでは」と末光先生に褒められ、気分が良くなり、さらに「あともう1回で芸能人として出れるゾーンに行ける」と言われた私は、もちろん次回を予約して帰ることに。

自宅でのケア&今後のお手入れのお話をして終了!

本気で自腹の2回目を予約したほどの実力です

スポンジ歯磨き「速攻美白」
提供:株式会社ミュゼプラチナム

体験は、最後に自宅でのケアや今後のお手入れの話をして終了。これまでホワイトニングに対して、あまりポジティブなイメージを持てず、つい後回しにしていた私ですが、1回での効果や手軽さに驚き。

コーヒー・紅茶・赤ワイン・コーラ(橘の好物)、カレー、イカ墨…などなど、色の濃いものを食べた直後にうがいをするようにすると、色の着色を防ぎやすくなり、白さが長持ちするとのこと。ミュゼホワイトニングにて販売しているスポンジ歯磨き「速攻美白」で、着色汚れを定期的にオフしてあげるのも、色もちに効果あり。

あと1回で「芸能人レベル」の白さになれそうだし!定期的に通って口元への自信を維持したい。そして、はっきりリップを年齢を重ねても楽しみたい。そう感じた今日でした。

ミュゼホワイトニング 詳細

30代は歯が命?!『ミュゼホワイトニング』で大人女性の魅力とメイクの幅を格上げする白い歯へ【30代のリアル美容#29】

この記事をSNSでシェア

この記事を読んだ人におすすめ

橘 美波 GODMake.編集部

橘 美波 GODMake.編集部GODMake.編集部 マネージャー

1986年生まれ。立ち上げ時よりGODMake.へ携わり、大好きな美容・コスメを仕事に。 30代の働く女性ならではの独自の美容法や、話題の美容情報をリアルな目線で配信。