目袋・目の開きの悪さ…目もとのエイジングサインに立ち向かうEMS美顔器新発売【YA-MAN2019秋冬新製品情報】

AGING CARE

目袋・目の開きの悪さ…目もとのエイジングサインに立ち向かうEMS美顔器新発売【YA-MAN2019秋冬新製品情報】

2019年秋冬、美顔器・化粧品を取り扱う『YA-MAN(ヤーマン)』より、エイジングケアに特化した画期的な美顔器が新発売。話題の美顔器「メディリフト」の目もとバージョン「メディリフト アイ」が、これまでセルフでのケアが難しく、美容医療のハードルも高かった目袋などのエイジングサインへのアプローチを可能にしました。

スキンケアでは改善しにくい。美容医療はハードルが高い

目もとのエイジングサイン「目袋」

目もとのエイジングサイン「目袋」
出典:GODMake.

年齢を重ねるごとに、色々なエイジングサインが気になり始めるもの。その代表的なものは、シミ・そばかす・毛穴・たるみ・しわではないでしょうか。そして、お顔の中でもサインが出やすいパーツといえば目もとですよね。

特に、「目袋」とも呼ばれるたるみは、メイクではカバーできない目の下のふくらみを生み、影クマの原因ともなるため、お顔全体の印象が老けて見えると、大人女性たちを悩ませています。

しかしながらこれを改善しようと思うと、スキンケアではなかなか難しく、かといって美容医療でも簡単なレーザー施術等ではなく、ふくらみの原因である「眼窩脂肪」を取り除くオペとなるため、ハードルが高いのです。

そこで、このような悩みを抱える方へ向けヤーマンは、印象年齢を決める顔の下半分に、医学的な見地からアプローチするウェアラブル美顔器『メディリフト』の目元バーション「メディリフト アイ」を9月4日より新発売。目ヂカラ筋(眼輪筋・側頭筋)をケアすることで、目もとの美しさを引き上げることを目指します。

目もとの美しさを引き上げる「メディリフト アイ」新発売

「目ヂカラ筋ケア」という新発想で、眼輪筋と側頭筋にアプローチ

目もとの美しさを引き上げる「メディリフト アイ」新発売
撮影:GODMake.

「メディリフト アイ」は、10分装着するだけで、目もとの皮膚を支えている筋肉を刺激し、強い目ヂカラと冴えた印象をたたえた目もとに導くウェアラブル美顔器。

そもそも目袋とは、目の周りの眼球を支えている筋肉(眼輪筋)が衰えて眼球が下がってくることで、眼球を包んでいる眼窩脂肪が、目の下に押し出されてあふれ出している状態。

そこに着目したヤーマンは、「眼輪筋」と、眼輪筋から頭部へとつながっている「側頭筋」にアプローチする2種類のEMSを開発。本機器を用いて目元のリフト&ストレッチを行った方からは、「目の開きが良くなった」「まぶたが引きあがったことで二重幅が広くなった」など、下まぶたのみでなく、上まぶたへの変化を感じたとの声も上がっているのだそう。

「メディリフト アイ」特長

「メディリフト アイ」特長
撮影:GODMake.

①2種類のEMSで眼輪筋と側頭筋をリフト&ストレッチ

  1. リフトモード:トレーニング系のEMSが、「トントン」というリズミカルな電気信号で、自発運動が難しい目まわりの筋肉を無理なく動かします。
  2. ストレッチモード:リリース系のEMSが、「ギュー」と絞るような体感の電気信号で眼輪筋と側頭筋を心地よく刺激します。

②繊細な目もとをやさしく、しっかりケアする独自のEMS波形を採用

目もとへのやさしさと手応えを両立するために、なめらかな波形を採用。EMS特有の不快な刺激を抑え、出力を最適化しています。レベル調整も可能です。(レベル0~4)

③約40℃に温めるヒーター、マイクロカレント搭載。悩み多き目もとを、明るく冴えた目もとに

どんより、カサカサなど複合的なお悩みがあらわれやすい目もとのための機能を網羅。心地良く目もとを温めます。

④メディカルシリコーンマスクで密着リフト※ケア

マスクは肌にやさしく密着性に優れたメディカルシリコーンを採用。引き上げバンドで肌を持ち上げながら、密着性を高めたEMSで目もとの筋肉にしっかりアプローチ。

※機器で物理的に肌を持ち上げること

⑤水洗い可能、コードレス&充電式で持ち運び可能

マスクはコントローラーを外せば水洗い可能。簡単お手入れでいつでも衛生的に使用可能。

合わせて使いたい「メディリフト アイセラム」

合わせて使いたい「メディリフト アイセラム」
撮影:GODMake.

「メディリフト アイ」使用時に合わせての使用をおすすめしたいのが、同時発売する「メディリフト アイセラム」。気になる目もとのエイジングサインにアプローチし、乾燥による小ジワを目立ちにくくする美容液です。

こちらを目もとと「メディリフト アイ」本体へ塗布してからEMSを開始し、終了後、目もとに残ったものをなじませると良いでしょう。

もう、たるみや目袋をあきらめない!

1日10分簡単ケアで、美しい目もとを目指しませんか

1日10分簡単ケアで、美しい目もとを目指しませんか
出典:GODMake.

これまで、目の下のたるみや目袋は、「諦めるしかない」と思っていた方も多いはず。しかし、新発売する「メディリフト アイ」なら、筋肉を鍛えることで、エイジングサインに立ち向かうことが可能に。

夜のスキンケア後や、時間のある朝に。1回わずか10分こちらを目もとに装着するだけ。目もとを覆わない構造だから、テレビやスマホ・雑誌を見ながら、ちょっとした家事をしながらなどのケアも叶うため、どんなに忙しい方でも、毎日お手入れを継続できるはず。

YA-MAN2019秋冬新製品

2019年9月4日(水)発売開始 ※一部店舗にて先行発売実施

メディリフト アイ 28,000円
メディリフト アイセラム 20g/5,000円

目袋・目の開きの悪さ…目もとのエイジングサインに立ち向かうEMS美顔器新発売【YA-MAN2019秋冬新製品情報】

この記事をSNSでシェア

この記事を読んだ人におすすめ

GODMake.編集部

GODMake.編集部

GODMake.編集部厳選のBEAUTY NEWS、人気モデルによるトレンドメイク、NEW COSME情報、有名人メイク解説、自分に合う美容法など「絶対キレイになれる!」旬でプレミアムなビューティ記事