歯のエイジングケア、できていますか?食事中に水分をとると効果あり!?

AGING CARE

歯のエイジングケア、できていますか?食事中に水分をとると効果あり!?

何かと見られがちな口元。笑ったときに見える歯のケア、できていますか?年齢とともに唾液の量は減っていくので、細菌が繁殖しやすくなり、口の中をきれいに保ちにくくなります。
食事中に水分を摂る、歯ぐきに注目した歯みがきなど、分かりやすくご紹介しています!

唾液が多い人は虫歯になりにくい!?

唾液が多い人は虫歯になりにくい!?
出典:GODMake.

口の中が酸性に傾くと、虫歯・歯周病になりやすいといわれています。虫歯の原因となる細菌が増殖しやすくなるためです。唾液が分泌されると、歯の周りについた汚れを洗い流し、口の中が中性に近づきます。

食事をすると、唾液がよく分泌されます。欠食が多いと、それだけ唾液の分泌が減り、口の中の衛生を保てなくなります。

唾液が少なくなる原因とは?

唾液が少なくなる原因とは?
出典:GODMake.

加齢

加齢とともに、口の周りの筋肉や、噛む力が低下します。その結果、唾液の分泌が減ります。

加齢で、唾液そのものの分泌能力も落ちていきます。

ストレス

唾液腺は自律神経によって支配されているので、ストレスで自律神経が乱れると唾液量は低下します。

女性ホルモンの低下

30代後半から女性ホルモンは徐々に低下し、45~55歳で激減します。ドライマウスは男性より女性が3倍も多いといわれているのは、このためです。

対策は、食事中に水分をとること!

対策は、食事中に水分をとること!
出典:GODMake.

40代以降は唾液が減少し、口の中がネバネバすることも。乾燥気味の人もいますよね。

食事中、水分で口を潤すと◎。ベストなのは水ですが、お茶や、なければ他の飲料でもOKです。

食事のあとは、すぐに水で口をすすぐこと!

食後、すぐに歯磨きをするのはNGだという意見もありますよね。しかし、歯についたプラークをそのままにしておくのも、よくありません。食後は、水で口をすすぐと良いでしょう。

すすぐときは、歯と歯茎に水が行き渡るように意識することがポイントです。外出先など、歯磨きする時間がないときなども、おすすめの方法です。市販されている洗口液などを持ち歩くのも良いですね!

また、ワインやコーヒーなど、歯が着色してしまう原因となるものを飲んでときにも、すぐに水で口をすすぐ方法はおすすめです。

食事中、よく噛むことが大切!早食いはNG!

よく噛むことが大切!早食いはNG!
出典:GODMake.

噛むと、あごの骨や筋肉が発達し、脳のはたらきを活発にします。また、よく噛むことで唾液が分泌され、口の中の衛生面も保たれます。

早食いすると、噛む回数が減ることが分かっているため、食事は15分以上かけて食べると良いでしょう。

歯を支える歯茎を意識して歯磨きを!

歯を支える歯茎を意識して歯磨きを
出典:GODMake.

年齢とともに、歯茎が後退してしまい、笑ったときに歯の根元が見えることもあります。さらに、歯茎が後退すると歯を支える力も弱くなります。歯が抜けやすくなることも。

どうしても、笑ったときに歯のケアができていないと、不潔に感じたり、年齢を感じさせてしまいます。

では、どのような歯磨きをすれば良いのでしょうか?

歯と歯茎の境目を意識する

境目をよく見ると、白いものがついていることがあります。これが「歯垢」です。口の中で繁殖した細菌のかたまりともいえるので、むし歯・歯周病の原因になります。歯磨き中、意識して磨くようにしましょう。

ネバネバしていて、なかなか取れないのも特徴です。放っておくと、「歯石」となり、歯茎の病気の原因となります。

歯医者で「歯石取り」をやってもらえるので、日頃からチェックしてもらうのも良いでしょう。

歯肉マッサージもおすすめ

 歯肉マッサージもおすすめ
出典:GODMake.

歯茎をマッサージして、血行をよくします。歯茎に栄養が行き渡るので、歯周病予防や引き締まった歯茎を維持するのに効果的です。

歯肉マッサージも、歯医者などでおこなっています。

自分でおこなうには、

  • 歯と歯茎の境目に、歯ブラシの先を軽く入れるようにする
  • 歯ブラシはななめにあてる
  • 小刻みに動かす

などを意識して、おこなってみましょう。

1日1回でも、念入りな歯磨きが◎

毎食後、歯磨きするのが理想的ですが、仕事や外出先などでなかなかできない…という人も多いのではないでしょうか。寝る前の、1日1回で良いので、時間をかけて歯磨きすることがおすすめです。

寝ている間は、唾液の分泌は少なくなるので、細菌が繁殖しやすくなります。そういった意味でも、「寝る前の歯磨き」は大事な時間ですね。

まとめ

歯のケア
出典:GODMake.

笑ったときに、目が行きがちな口元。特に、歯のケアをおこなっていると、「衛生的でない」などのイメージを持たれることも。歯茎など、年齢も出やすいですよね。

日頃からよく噛むことを心がけ、唾液の分泌を意識して食事をしましょう。

また、歯と歯茎の間をマッサージするように歯磨きすること、寝る前にいつもより丁寧に歯磨きすることで、歯のエイジングケアをしましょう!

歯のエイジングケア、できていますか?食事中に水分をとると効果あり!?

この記事をSNSでシェア

この記事を読んだ人におすすめ

今井尚美

今井尚美フリーランス管理栄養士

元病院勤務の管理栄養士。栄養指導、チーム医療、献立作成、学会発表など管理栄養士業務を経験。妊娠を機に退職、現在はフリーランスで1児の母。 ピンクリボンアドバイザー、糖尿病療養指導士の資格有り。 現在、サプリメント管理士の資格も取得中。 根拠のある「内面からの美容」の情報をお届けいたします。