【コンプレックス解消メイク】面長さん必見!縦長をカバーするテク3つ

MAKEUP

【コンプレックス解消メイク】面長さん必見!縦長をカバーするテク3つ

誰でも、自分のパーツでコンプレックスに感じているところってありますよね。そこで今回は、気になるところを目立たなくする、面長さん必見のメイクテクをお伝えします。

人の顔立ちはそれぞれ。例えば、丸くて大きなかわいらしい目の人もいれば、切れ長が印象的なキレイ系の人もいらっしゃいますよね。

自分の顔のパーツで好きなところもあれば、気になるところも……。

そこで今回は、顔の形に注目して、コンプレックスをうまく隠して、良いところを引き出すメイクテクをご紹介致します。

第1回目である今回は、面長さんver.でお届けいたします。ぜひチェックしてみてくださいね。

面長さんフェイスの特徴って?

面長さんフェイスの特徴って?
出典:GODMake.

理想とされる卵型(髪の生え際からの縦幅:横幅=1:1)よりも縦に長いのが、面長の顔立ちの特徴。おとなっぽく、知的な印象を与えます。

細かい顔のパーツから受ける印象を見ていきましょう。

  • 目の位置が高い
  • おでこがひろめ
  • 顔のパーツが中心に寄りがち
  • あごが長い
  • 年齢よりも老けてみられがち

どれか一つ、もしくはいくつか当てはまるという人は、面長さんの傾向あり。

メイクテクで、より、理想とされる卵型のフェイスに近づけていきましょう。

目指せ理想の卵型!パーツ別メイクテクニック

①目元メイクテク

目元メイクテク
出典:GODMake.

顔の印象を左右する眉毛。面長さんは、大人っぽくきつく見られがちなので、つり上がった眉毛や、アーチ眉はNG。

「並行眉」のイメージを目指しましょう。こうすることで、縦の長さも緩和することができ、優しい印象を与える効果を期待できます。

また、アイメイクは横に長く、を意識しましょう。目尻は長めのアイラインを引き、マスカラを多めに使うことで、横の印象を強めることができます。

そして、下まぶたのメイクはしっかりと。マスカラはしっかりと塗り、下まぶたにもツヤ感のあるアイシャドウをのせましょう。

②チークは横長に入れるのがポイント

チークは横長に入れるのがポイント
出典:GODMake.

面長さんのメイクで特に重要なのがチークの入れ方。

ポイントは「横長」にのせること。とにかく横の長さを意識して、斜めに入れたい気持ちをおさえて並行に、そして横にのばすイメージで入れていきましょう。

さらに、上級者テクでは2色使いがおすすめ。高い位置にブラウンよりの暗めカラー、下に明るめカラーを並行に入れることで、縦の印象を和らげる効果が期待できます。ただし、暗めカラーは入れすぎると頬がこけた「お疲れ顔」になってしまうので、注意してくださいね。

③ハイライト&シェーディングの注意ポイント

ハイライト&シェーディングの注意ポイント
出典:GODMake.

シェーディングは、縦の長さを抑えるため上下に入れることを意識して、髪の生え際、そしてあごにのせましょう。小顔メイクのテクニックでは、横に入れることも多いですが、面長さんは避けた方がベター。

また、ハイライトを入れる際に注意したいのが「鼻すじ」。一般的なメイクテクニックとして、鼻を高く見せる鼻すじのハイライトですが、面長さんは縦の印象を助長する可能性があるため、こちらも注意が必要です。

入れないか、もしくはのせるとしても短めを意識しましょう。

④面長さんにおすすめのリップメイク

面長さんにおすすめのリップメイク
出典:GODMake.

面長さんが意識したいのは「オーバー」にみせること。唇と、鼻の位置を縮めることを意識しましょう。

できればリップライナーで気持ち大きめのラインを意識して引いてみることで、ボリュームのある唇を目指すことができます。

この時に、「大げさかな?」と思うくらいは大きめに描いてしまってOK。自分が感じるより、人は気にならないため、思い切った大きめのリップメイクを心がけてくださいね。

さいごに

さいごに
出典:GODMake.

面長さんのメイクのテクニックで特に重要なのは、とにかく「縦の長さを縮める」こと。なるべく横に広がりのある見せ方を意識してみてくださいね。

また、ヘアスタイルも顔型のイメージを左右する重要なポイントです。こちらもポイントは、「横にボリュームを出す」こと。なるべくトップにボリュームをもたせすぎず、横に広がりをもたせることを意識してください。

例えば、下記のようなスタイルが相性◎です。

  • 幅を広めにとった前髪
  • 眉毛ギリギリの長さでぱっつん前髪
  • ななめに流した前髪
  • 耳の横にボリュームがでるようなパーマスタイル
  • サイドに寄せたアップスタイル

反対に、長すぎるヘアスタイルや、センターパートなどはコンプレックスを強調してしまうのでNGです。髪型を決める際には参考にしてみてくださいね。

いかがでしたか。

メイクもポイントをいくつかおさえることで、コンプレックスを解消して自分の良さを引き出すことができます。

この春は、みなさんも楽しみながら「コンプレックス解消メイク」をはじめてみませんか。

【コンプレックス解消メイク】面長さん必見!縦長をカバーするテク3つ

この記事をSNSでシェア

この記事を読んだ人におすすめ

ayumi

美容系webメディアの編集を経て、ライターとして活動中。 得意分野は、スキンケア・メイク。 「頑張りすぎない」をモットーに、忙しい女性に役に立つ美容情報をお届けいたします。