美迫力①「本当に私に必要な方法に巡り合う!『呼吸基礎編』」

BODY CARE

美迫力①「本当に私に必要な方法に巡り合う!『呼吸基礎編』」

「ストレス」が原因で気づかないうちにどんどん身体周りが太くなってしまった。それを悩んでいて解決方法を探している人に一度読んでもらいたい内容です。
ストレスや自律神経の乱れが原因の人に合った「ダイエット方法」を見つけるヒントを執筆しています。

本当に私に必要な方法に巡り合う
出典:GODMake.

突然ですが、あなたはきちんと息してますか?

当たり前のことですが、息をしてなかったら死んじゃいます!呼吸が出来なきゃ人間は生きていけませんが、深い呼吸ができないと体調不良にもつながっちゃうんです。

ここで実験です。

握りこぶし
出典:GODMake.

握りこぶしを作って、グッと力を入れたままで1回深呼吸をしてください。終わったらそのまま手のひらは開いて、力も抜いてくださいね。

……どうでしたか?

力入れて深呼吸をしようとしたけど上手くできなかった人!これからお話させてもらう内容を実感していただけそうです。このまま読み進めてください。

力を入れても楽に深呼吸ができた人!素晴らしいですね!ただお話の内容とは該当しない方かも?興味あったら読んでみてくださいね。

力を入れても深呼吸できないし、力を抜いてもなんだか抜けた感じがしない、力を入れても入れなくても呼吸の仕方が変わらない人!深い呼吸がしにくくなっているのが習慣化しているのかも。一番読んで参考にしていただきたい方です!

では、ここからお話を始めます。 Are you ready?

自律神経という言葉を聞いたことがありますか?ざっくり言えば、心臓や胃腸など私たちが動かそうとしなくても動いてる臓器をつかさどる神経です。

自律神経には交感神経と副交感神経と2つの神経があります。その2つ神経が同時に働くのではなく、シーソーのようにモードを切り替えて身体を調整しています。

シーソー
出典:GODMake.

自律神経には、交感神経と副交感神経と2種類のモードがあります。日中の活動的な時間は自律神経が交感神経のスイッチを入れてあなたの身体を活発モードにします。夜は副交感神経のスイッチに切り替わり、あなたの身体をお休みモードにするという働きをもっています。

しかし、ストレス過多の人はストレスで常に身体が緊張状態。それによって呼吸が浅く短く早くなり、その結果、緊張しやすい状態が気づかないうちに続いてしまうという悪循環。

それは自律神経にも伝わってしまう。すると自律神経もおちおちお休みモードに切り替わることが出来ず、常に交感神経の活発モードのまま。

ストレス過多の人
出典:GODMake.

そうすると身体は緊張を解くことができず、疲れてしまいます。

自律神経のお話でわりとよく出てくるのが、ストレス過多で交感神経が優位に働き過ぎている人は、深い呼吸でお休みモードの副交感神経へスイッチを切り替える方法。

じゃあ、深い呼吸を繰り返せば副交感神経に切り替わるじゃないかという話ですが、ここで盲点があります。それが先ほど実験していただいた、力を入れた状態で深い呼吸ができなかったこと。

深い呼吸ができない
出典:GODMake.

ストレス過多の人は、極端な話、力を入れたあの状態で普段から呼吸してるようなもの。なので、副交感神経を優位にしようとしても身体が深い呼吸ができないくらい固まっています。

本人の自覚はあるにしろないにしろ、身体が硬く縮こまっているために息を深く吸うための伸びやかな体勢がとれず、その結果、呼吸が浅くなります。

そんな方はまずは深い呼吸のできる身体を作っていくことが大事です。ストレスで太ってしまっている人で、浅い呼吸しかできなくなっている人がまずやるのはここ。

縮まったところを伸ばすストッレチ。

緊張で筋肉の硬くなっているところはマッサージ。

背骨や肋骨などの骨格矯正。

鍼灸。

正しい呼吸方法を教えてくれながら、身体を改善していけるところもあります。

あとは力を抜く感覚を習得。人によってはこれが一番難しい!脱力って感覚なんですよね。脱力してくださいと言われても、緊張状態が身体に染み付いているとなかなかできない。

常にストレスや緊張状態の人は、リッラクスできる感覚を味わうことができないため、脱力したつもりで実は全然力が抜けてないなんてことがあります。

マッサージや、ストレッチ、骨格矯正、鍼灸、呼吸の改善で身体をゆるませて、力を抜く感覚を繰り返し繰り返し身体に覚えさせるという根気がいります。

ここであげた詳しいお話は、次回の『呼吸実践編』で、深呼吸ができる身体づくりのために必要なこととしてお話しします。

深い呼吸ができてないと疲れやすく、代謝も落ちます。脳の働きも悪くなり色んな事を処理判断しづらくなります。吸った酸素も肺に入ってから血管を通って全身に巡っているので、血液や栄養と同様に不足すると様々な影響がでるんです。

呼吸で美しく
出典:GODMake.

呼吸で美しく!なんて地味ですが、気づいて実践したあなただけが美しくなれる。美迫力をこっそり身につけて周りと差をつけちゃいましょう。

美迫力とはなにか?

私が独自で定義している意味合いなので正しい意味合いではないかもしれませんが、美しくなるために必要な鍵となる根幹から変えていく方法。

そんな方法を地味に続けているうちに美容と健康の土台レベルから美しく健康になって、ちょっとやそっとでは揺らがない簡単には他を追随させない圧倒的な美しさを手に入れることを、私は美迫力と言っています。

圧倒的な美しさを手に入れる
出典:GODMake.

美迫力①「本当に私に必要な方法に巡り合う!『呼吸基礎編』」

この記事をSNSでシェア

この記事を読んだ人におすすめ