意外とできていない!大人女子がチェックしておくべき「髪の正しい乾かし方」

意外とできていない!大人女子がチェックしておくべき「髪の正しい乾かし方」

shutterstock_201193049

あなたは正しく髪を乾かせていますか?
もしかしたら、自然乾燥が一番!と思い込んでいる人もいるかもしれませんね。
これからの季節は、ただでさえ、乾燥で髪が傷みやすい時期。いつも以上にヘアケアに力を入れておかないと、気づいたときには毛先がパサパサの状態になっている可能性も……。

髪全体がボサボサになってしまう前に、ヘアケアのキホンをおさらいしておきましょう♪
そこで今回は大人女子がチェックしておくべき「髪の正しい乾かし方」をご紹介してまいります。

■自然乾燥は絶対ダメ!

shutterstock_259984706

髪を洗った後は、時間を置かずにすぐドライヤーで乾かしましょう。

髪(頭皮)はお肌と同じく、びしょびしょのまま放置していると、雑菌などの温床になってしまいます。頭皮が濡れた状態のまま、あるいは完璧に乾かせていないまま寝てしまうと、頭皮湿疹の原因にもなりかねません。

お風呂から上がってきて、すぐに化粧水をつけるのと同じで、髪もすぐに乾かしてあげましょうね。びしょびしょのまま、いきなりドライヤーを当てるのではなく、一度、タオルドライをすると、乾かす時間を短縮することができます。

■保護剤をつけてから乾かす

shutterstock_202987852

美容室でシャンプーを終えた後、美容師さんは必ず保護剤を髪につけてから乾かしていくはず。自分で乾かすときも、できれば保護剤(洗い流さないトリートメントなど)をつけてから、熱風を当てると、熱によるダメージから髪を守れます。いくら数分とはいえ、熱風を当て続けると、毛先からパサパサの状態に……。「保護剤をつける」という一工程を挟むだけでも、ツヤツヤな髪に仕上がります。

わざわざ高いものを買わなくても、ドラッグストアなどで販売されているトリートメントで十分。自分の髪質に合った保護剤をみつけてみてくださいね♪

■最後は冷風で仕上げる

shutterstock_249122869

ずっと熱風を当てていると、それだけ髪も傷むことになります。根元周辺から毛先にかけて、ある程度乾いてきたら、最後は冷風に切り替え、髪のダメージを最小限に抑えましょう。また、最後に冷風を当てることによって、自律神経が落ち着き、寝つきがよくなるともいわれています。言われてみるとたしかに、ドライヤーで乾かしてから、しばらく経たないと眠くなりませんよね。睡眠の妨げとならないように、熱風と冷風を使い分けてみましょう!

いかがでしたか?

どれもヘアケアにおいて基本的なことばかり。でも、毎日セカセカと過ごしていると、面倒くさくなってショートカットしちゃいますよね。乾燥に強い髪質にするためにも、正しい髪の乾かし方をマスターしておきましょう!

※筆者の個人的見解です。効果・効能を保証するものではありません。

GODMake.編集部

GODMake.編集部厳選のBEAUTY NEWS、人気モデルによるトレンドメイク、NEW COSME情報、有名人メイク解説、自分に合う美容法など「絶対キレイになれる!」旬でプレミアムなビューティ記事

Keyword関連キーワード

記事を検索する

PRESS RANKING本日の記事ランキング

more