ジムの効果をあげるには?有酸素と無酸素の関係!

BODY CARE

ジムの効果をあげるには?有酸素と無酸素の関係!

皆さんは、仕事後や休みの日にジムなどに通って運動をしていますか?そのジムなどでの運動や筋トレ、最大限生かしたいですよね。
普段行っている運動に、さらに効果をあげる順序などがあるのはご存知ですか?今回は、運動やトレーニングの効果をさらに高める為の順番や食べ物などをご紹介していきます!

有酸素運動ってなに?

有酸素運動ってなに?
出典:GODMake.

有酸素運動とは、しっかり呼吸をしながら比較的軽い負荷で、長時間続ける運動です。酸素をしっかり取り入れて、糖質や脂質を燃焼してエネルギーを産生します。

よくジムで行われるものだと、ウォーキングやジョギング、バイクなどが挙げられます。

心肺機能や酸素摂取能力を向上させたり、血液循環を効率的にしたり、体脂肪を減少させる効果があります。

無酸素運動ってなに?

無酸素運動ってなに?
出典:GODMake.

無酸素運動とは、有酸素運動とは反対に、なるべく重い負荷をかけて筋肉にアプローチしていく運動です。また、酸素を消費しないで、糖をエネルギー源として利用しますので、無酸素運動と言います。短い時間に大きな力を発揮する、強度の高い運動と言えます。

俗に言う筋トレをはじめ、短距離走、重量挙げなどが挙げられます。

基礎代謝を上げて脂肪燃焼をしやすい状況を作ります。また筋肉を発達させることで引き締まり、ボディラインを整えます。そして無酸素運動は、成長ホルモンを分泌します。成長ホルモンには細胞の活性化効果がありますので、老化を防止する効果もあるということになります。

組み合わせることで相乗効果!

有酸素運動と無酸素運動
出典:GODMake.

先ほどの説明からもわかるように、有酸素運動と無酸素運動では役割や効果が違います。その為、このふたつを組み合わせることにより、より効果が上がるのです!せっかく行っているトレーニングや運動を無駄にしないためにも、どのような順番がいちばん理想的なのかご説明していきます。

無酸素運動→有酸素運動が効果的!

無酸素運動→有酸素運動が効果的
出典:GODMake.

有酸素運動は、脂肪も糖も消費して行う為、ダイエットに適していると言えます。しかし、一般の方が行う運動でのエネルギー消費量は、とても少ないのです。また有酸素運動は最低でも20分以上続けないと意味がないと聞いたことはありませんか?それは、体が脂質ではなく糖質を先に消費するためです。糖が消費されて脂肪が消費され始めるまでには時間が必要なのです。

そのため、先に無酸素運動をすることで、糖が消費された状態で有酸素運動に入れます。効率よく有酸素運動で脂肪を燃焼することができるのです。

また、無酸素運動を行うと、アドレナリンや成長ホルモンが分泌されます。このふたつには、脂肪を分解する成分を活発化させ、脂肪をエネルギーに変えるのを助ける効果があります。有酸素運動が先で無酸素運動が後になってしまうと、成長ホルモンの分泌は抑えられてしまいます。やはり、無酸素運動から有酸素運動がいちばん効率が良いと言えます。

運動前後にできること!

運動前後にできること
出典:GODMake.

運動をする前や後に体内に取り入れるもの、そして運動後に行うことでさらに体に良いことなどがあります。ご紹介していきますので、ぜひ普段の運動に意識して取り入れてみてくださいね!

運動前の食事

運動前の食事
出典:GODMake.

運動前の食事は、できれば2時間前には済ませましょう。胃の中に入った食事は完全に消化するまでに、約3時間必要と言われています。しかし2時間ほど経った体は、血糖値が程よく下がっている運動に適した状態になります。

しかし、2時間経った頃お腹が空いてしまったりした場合は、胃腸に負担のない程度の食事で栄養を摂取しましょう。

おすすめは、短時間でエネルギーになるバナナなどの果物や野菜ジュースです。

運動後の食事

運動後の食事
出典:GODMake.

運動した後の体は、エネルギーがなくなり、筋肉の細胞が損傷した状態になっています。血中糖度や血中アミノ酸、体を動かすために必要なマグネシウムやカルシウムなどの栄養素も、汗とともに流れてしまっています。それらを足りないままにしてしまうと、体に不調が現れたり、疲れが溜まってしまいますので、栄養をしっかり補うことが大事です。

運動後の食事は、トレーニングのできるだけすぐ後にタンパク質やアミノ酸、ミネラルを摂取しましょう。いちばん簡単にバランスの良い栄養を取り入れられるのがプロテインです。そして、バナナもおすすめです。その他だと肉や魚などでタンパク質摂取、そしておにぎりなどで糖を補いましょう。運動後45分以内に摂取してください。

運動後のストレッチ

運動後のストレッチ
出典:GODMake.

運動後には、使った筋肉のクールダウンをしましょう。急に運動をやめてしまうと、心臓や脳へ流れる血液が不足する心配がありますが、ストレッチすることでそれを防ぎます。

また、運動後に体に溜まっている疲れを、なるべく早く回復させるためにも、ストレッチが大事になります。筋トレや運動で傷ついた筋肉の修復に効果があるのです。

効率よく運動しよう!

効率よく運動しよう
出典:GODMake.

ダイエットは長期に渡って理想の体を作っていくことです。そのためには、食事を制限したり、ただ運動してカロリーを消費するだけでなく、体の仕組みを知って効率よくダイエットしていくことが大事です。理想の体により近づけるように、効率よく運動をしましょう!

ジムの効果をあげるには?有酸素と無酸素の関係!

この記事をSNSでシェア

この記事を読んだ人におすすめ