防寒対策で”蒸れ”て、肌荒れしてない?!冬こそ気をつけたい「ボディケア」!

BODY CARE

防寒対策で”蒸れ”て、肌荒れしてない?!冬こそ気をつけたい「ボディケア」!

夏は、肌を露出する服を良く着るため、無意識にボディケアに力を入れるもの。だけど、実は露出をしていない冬のほうが、肌荒れしやすいので、ケアをきちんとすべきなんです。

冬の“2大肌トラブル”要因

その1.乾燥

背中

外気が乾燥する冬は、髪や顔と同じくボディも乾燥します。乾燥は、ニキビなどの肌荒れ・痒み・炎症の原因に。特に、ニキビは油分が原因を思ってしまいがち。だけど、本当は油分不足かも?!

自分では乾燥していないつもりでも、肌の奥はカラカラかもしれません。「乾燥」は、さまざまな肌トラブルに悩ませれてしまう可能性を秘めています。

その2.防寒対策による“蒸れ”

City Street Scene

「ヒートテック」のような発熱構造により暖かさを保つインナーや、タイツ・スパッツなど、身体に密着し、体感温度を高めてくれる肌着は寒い季節の必需品。だけど、これらを着ることによる“蒸れ”も、肌トラブルを起こします。

着用する場合は、少し使用方法に注意をしてみて。そうすることで、多少、肌荒れを防ぐことができます。

肌荒れを防止するために気をつけること

① とにかく良く”保湿”する

ボディクリーム

冬の肌トラブルを回避する基本は、兎にも角にも「保湿」です。朝晩必ず全身にボディクリームを塗るようにして、しっかりと保湿をしましょう。

ローションやオイルを塗るのでもOK!!間違っても“お風呂から出たらそのまま放置”なんていうのはだめですよ。顔と同じく、入浴後10分以内に保湿を行なってくださいね。

保湿を欠かさず行なうようにすると、トラブルが減るのみでなく、なんだか肌が喜んでいるような気がしてくるはずです。

② ”通気性の良い”ファッションをする

Attractive Girl Sitting on City Street and Using Her Smartphone

背中や腕、胸の辺りが肌荒れしている人は、「ヒートテック」などの発熱系インナーのせいで、そして、お尻の辺りが荒れてしまっている人は、タイツのせいで蒸れているのかもしれません。

寒いため、防寒対策で、肌をしっかり覆いたくなるのも、なるべく寒さを感じさせにくくしてくれるインナーを着たくなるのもわかるけれども、肌荒れ防止のためには、通気性が大切です。

スキニーデニムも、同じく通気性の面ではおすすめできません。なるべく肌に密着しないファッションを選ぶようにすることで、風通しを良くしましょう。

③ 肌に触れるものは”天然素材”がおすすめ

女性の後姿

家にいるときも、寝るときも、外出するときも・・・下着や肌着など、直接肌に触れるものは、天然素材がおすすめです。

シルクやコットンなど、肌に優しい素材のものを積極的に選んでください。

洋服を着る前に、天然素材のキャミソールを必ず着るようにすると、上半身の荒れ防止に!下半身も、下着を天然素材にするのはもちろんのこと、ペチコートなそのインナーにもそれらの素材を選びましょう。

やむをえずタイツなどを履く際も、ショーツだけは天然素材を選ぶと、多少荒れを防ぐことができます。

④ 防寒系インナーを”毎日着ない”

Young women shopping together

寒さが厳しくなるこれからの季節。

「発熱する長袖インナーとタイツがないと始まらない」、「12月~2月は毎日服の下に防寒対策ばっちりのインナーを着込んでいる」なんていう方もいるかもしれません。

だけど、毎日肌に密着しするようなインナーを着ているのも、その素材が化学繊維なのも、どちらも肌のことを考えるとおすすめできません。

これらのインナーに頼る日は、

・長時間野外に滞在する日
・「今年一番の寒さ」などと発表された日

程度にとどめ、普段は「上に重ねる服」で暖を取るようにするのが良いでしょう。

⑤ お風呂にきちんと”浸かる”

お風呂

湯船にきちんと浸かるだけでも、古くなった角質や毛穴の汚れ、皮脂などが取れます。なので、お風呂にしっかり入るだけでも、不要な汚れによる肌荒れの予防に繋がるのです。

逆に、ごしごし洗ったり、角質をスクラブなどで頻繁にオフしてしまったりするのは、肌にとってマイナスになることもあるため、適度を心がけましょう。

入浴時に、毛穴の汚れを取ってくれる効果や、肌荒れの改善の期待ができる効果を謳った入浴剤を入れるのもおすすめです。バスタイムに、疲れと一緒に肌荒れの原因を取り除くのが、賢い女の時間の使い方と言えるでしょう。

肌見せしない季節こそ、肌ケアを!

春になって急に始めても手遅れです!!

美ボディ

ちょっとくらい肌荒れをしてしまっていても、「どうせ見えないからいいだろう」と放置していてはいけません。油断するといつの間にやら春が訪れ、「肌見せ」シーズンがやってきます。

そこで慌ててケアを開始してももう遅い。だって、肌の改善には、ターンオーバー周期(約28日)が最低でもかかるのですもの!

美肌・美ボディのために大切なのは、

・予防をして肌荒れさせないこと
・もし荒れてしまっても今からケアして春には治すこと

の2つです。これらを意識し、通年きれいな肌を目指しませんか?

防寒対策で”蒸れ”て、肌荒れしてない?!冬こそ気をつけたい「ボディケア」!

この記事をSNSでシェア

GODMake.編集部

GODMake.編集部

GODMake.編集部厳選のBEAUTY NEWS、人気モデルによるトレンドメイク、NEW COSME情報、有名人メイク解説、自分に合う美容法など「絶対キレイになれる!」旬でプレミアムなビューティ記事

PRESS RANKING本日の記事ランキング

more