25歳からのダイエット!“老けずに”きれいに痩せるには?

BODY CARE

25歳からのダイエット!“老けずに”きれいに痩せるには?

25歳を過ぎると、身体が変わってくるもの。これまでと同じような生活をしていても太りやすくなり、お肉がつく位置も変化します。だからといって、「痩せたい」と思って、昔と同じようなダイエットをしてはだめ。大人のダイエットは方法を間違えると“老け見え”を招きます。

はじめに:そのダイエット、必要ですか?

大人の痩せすぎは“老け見え現象”起こすだけ?!

Adjusting her hosiery.

「痩せたい」そう思ったときにまず考えて欲しいのは、「本当に痩せる必要があるのか」ということ。若いときと比べたら、お尻も大きくなるし、太ももや二の腕だって太くなる。だけど、それって、いけないこと?

昔の写真を見たときや服を試着してムチムチ感が出たときに、「太った」、「痩せたい」と思うかもしれません。でも、それは身体が子供から大人になっただけ。大人向けブランドの服を美しく着こなせる体型であれば、全く痩せる必要はないのです。

もし、健康被害を感じていたり、大人シルエットの服のMサイズをきついと感じていたりし、ダイエットをする場合には、下記のことを意識して!

大人が、昔と同じ方法でダイエットをすると、一気に老け込み取り返しがつかなくなってしまうので、注意が必要です。

大人ダイエットの極意

1.食事制限に頼らず運動を

大人は数字より見た目!運動で引き締めて

Beautiful, young woman lifting weights in a gym

若いときは、「1食置き換え」、「炭水化物抜き」など、ちょっとした食事制限を行なったらすぐに体重が減ったはず。だけど、代謝が落ちてきた大人はそうはいきません。

かといって、これを気に病む必要はありません。だって、大人がこだわるべきは、体重計が指す数字より見た目のシルエット。見た目を引き締めるべく、適度な運動を取り入れましょう。

無酸素運動で筋肉をつけると、代謝アップにもつながり、引き締まるのみでなく脂肪が燃焼しやすくなります。

2.短期間で急激に痩せようとしない

急なダイエットはシワ・たるみの元

Young woman losing weight

「1ヶ月で5kg落とす」なんていう無謀な目標を立てるのは、健康を考えると年齢を問わずだめ。加えて大人は、シワやたるみなど、取り返しの付かない“老け見え”を起こすのでもっとだめ。

いきなり痩せると、皮が余ります。若いときは、怪我が早く治るのと同じく多少の皮なら引き締まってくれたけど、年齢を重ねたらそうはいきません。

皮膚がダイエットについてこれるよう、時間をかけてゆっくり痩せるようにして。せっかく痩せたのに、シワシワだるんだるんでは、全然美しくないでしょう?少々ぽっちゃりしていたとしても、ハリがあるほうがよほど美しいですよ!

3.体重はおおらかな心でチェック

生理周期で女の体重は変動するもの

Healthy Lifestyle:  Weight conscious woman steps on bathroom scale.

毎日体重計に乗るのはダイエット中の基本。だけど、体重に支配されるとストレスの原因になるので気を付けて。

数字を気にしすぎると、「全然食べていないのに体重が増えている」、「頑張っているのに痩せない」・・・などと余計な悩みが増えます。しかし、女性はホルモンの影響により、生理周期に合わせて太ったかどうかとは関係なく体重が上下するもの。

一般的には、生理前がもっとも太りやすく、生理後が痩せやすいと言われています。なので、「先月の同じ時期と比べてどうか」レベルに、ゆるく考えましょう。

4.顔の肉をキープせよ!

脂肪は天然のヒアルロン酸効果

beauty treatment

大人がダイエットするときに必ず意識して欲しいのは、「顔のお肉をキープする」こと。顔に脂肪が足りないと、シワが目立ったり、目もとがくぼんだりする原因に。また、クマも目立ちやすくなります。

美容医療で、くぼみ・シワ・クマをカバーするためにヒアルロン酸や脂肪を注入することがありますが、これは、もともとの脂肪があれば不要なもの!

ダイエットをするときは、必要な顔の脂肪をなくなさいように心がけましょう。
(※脂肪がありすぎるのもたるみやシワの原因になります。)

5.「部分痩せ」は自力ではむずかしいと理解する

大人らしくエステに頼るのもあり

Slimming and cellulite laser treatment at clinic

先ほど、「顔はお肉をキープ」と書きましたが、顔やバスト・ヒップのお肉を残して、お腹や背中だけ痩せるのは、自力ではうまくできないと、もう皆さん、経験を通して気付いていますよね?

部分的に痩せるためには、大人の経済力を活かし、潔くエステティックサロンに頼るのもアリです。

プロの手と最新のマシンの力を借り、そしてそれに甘んじず日常生活でもきちんとダイエットしていることを忘れずにいれば、結果を出すことは可能です。

「痩せる」のではなく「引き締め」て、目指せ“綺麗なお姉さん”!

女性のボディ

ただ細いだけで魅力的に見えるのは、そもそもでハリがある若い女の子だけ。大人は、バスト・ヒップ・太ももなど、程よく肉付きがあったほうが色っぽく見える部分にはお肉をつけて、ウエストや手首・足首などを引き締めた、メリハリのあるボディを目指しましょう。

バストやヒップが垂れていたり、太ももがセルライトだらけでもだめ!ハリのある豊満さがポイントです。

25歳を過ぎてからダイエットをする人は、大人にしか出せない魅力を出すべく、これらのことに気をつけてくださいね。

※筆者の個人的見解です。効果・効能を保証するものではありません。

25歳からのダイエット!“老けずに”きれいに痩せるには?

この記事をSNSでシェア

GODMake.編集部

GODMake.編集部

GODMake.編集部厳選のBEAUTY NEWS、人気モデルによるトレンドメイク、NEW COSME情報、有名人メイク解説、自分に合う美容法など「絶対キレイになれる!」旬でプレミアムなビューティ記事

PRESS RANKING本日の記事ランキング

more