「何してもメイクが濃く見える・・・」派手顔さんは○○を引き算せよ!

「何してもメイクが濃く見える・・・」派手顔さんは○○を引き算せよ!

どれだけメイクを薄くしても、「化粧が濃い」と思われてしまうのが派手顔さんの宿命。また、バッチリメイクやカラーメイクが大好きで、いまいち“抜け感”というものが苦手な人もいるのでは?そんな方は、“チーク”を引き算するのがおすすめです。たったそれだけで、嘘のように仕上がりにトレンド感が生まれます。

派手顔さんは”ナチュラルなアイメイク”にしたところで結果「派手」?

“ヌケ”を忘れて「個性を活かすアイメイク」を楽しんで!

pointing to teeth

目鼻立ちがはっきりしている人や、目もとに特徴のあるタイプの人が、いくらトレンドを追ってナチュラルなアイメイクをしたところで、イマドキ感のある“ヌケ”は手に入りません。むしろそれって、あなたの個性を消してしまっているかも?!

しっかりめのアイメイクブームがリバイバルしている今、その目もとを活かしたメイクをしませんか?「その他大勢」と足並みを揃える必要はなし。自分の持っているパーツを最大限に輝かせてくれるメイクこそが正。

また、「メイクしてます!!」という顔がお好みの方も、最注目されているがっつりアイメイクにうずいているはず。その欲望に正直になって良いのです。

血色感がないと病気みたい?!

唇にのみ血色があればそれで十分!!

Beautiful woman with make-up and stylish hairstyle

「血色感」を求める時代を長く過ごしてきた私たち。頬と唇と赤くしないと、なんだか病気みたいと思ってはいませんか?

ですが、「アイメイクをしっかりしてさらに、頬も口も赤い」といったメイクでは、何が主役がさっぱりわからずパーツ同士がケンカをしてしまいます。あなたの顔の上でパーティーでも開催するつもり?!

肌の色が白い方は特に、血色が悪く見えるのを懸念して、しっかりめに色をのせたくなってしまうかもしれません。ですが、血色は、唇のみにあれば大丈夫。唇に赤みを帯びたカラーをのせれば、顔色が悪く見える心配はないのです。

よって、派手顔さん・しっかりメイク好きさんは、アイメイクとリップメイクは自由にし、チークで引き算を行なって。

「チークレス」でメイクを引き算

ほんのりツヤを足す程度がベター

Eye woman eyebrow eyes lashes

目もとと口もとのメイクをしっかりしたいときは、チークを引き算するのがおすすめ!リップメイクをしっかりしてあげれば、顔全体が引き締まって見えるし、しかも血色感も適度に補えます。

「完全にチークを入れない」のではなく、ツヤ感をほんのり足してあげるのが良いでしょう。そうすることで、“抜け感”が加わるのみでなく、肌をきれいに見せることもできちゃいます。

そんな、チークレスメイクの方法は?

引き算「チークレス」の方法

1.ハイライト・シェーディングで立体感

Make up woman face. Contour and highlight makeup.

チークの役割は、血色をプラスするのみでなく、顔に立体感を出すのもそう。そこで、頬に色を入れて高さを強調する代わりに、ハイライトとシェーディングを用いて顔に立体感を出しましょう。

面長さんは特に、「目から口までの空間になにもない」と、余計に顔の余白を目立たせてしまうので、フェイスメイクを丁寧にしてあげて。

2.病弱フェイスさんは“ほんのり発色チーク”の力を借りて

Cosmetics on white background

唇に血色カラーを加えたのみでは、顔色の悪さをカバーしきれない人も中にはいるはず。そんな方は“ほんのり発色するチーク”を使いましょう。

しっかりのせてもほんのり色づく程度のチークであれば、テクニックがない人や、ついついメイクを濃くしすぎてしまう人でも、上手につけることが可能です。

おすすめ「引き算チーク」

ボビイ ブラウン ブライトニング ブリック

5,800円(税抜)

ヌーディーな発色とツヤで、肌をきれいに見せてくれるフェースパウダー。粉浮きすることなく、内側から輝くようなツヤを演出してくれます。 チークとして使うと、ほんのり発色がさり気ない血色を加え、肌を美しく見せてくれますよ。一見物足りないように思えますが、一度使うと手放せなくなる優秀コスメです。

ルナソル カラーリングシアーチークス

5,000円(税抜)

名前の通り、まさに“シアー”につくチーク。限りなくナチュラル、素肌が透けるような発色を実現。べースメイクにスーッとなじみ、何も塗っていないかのようなのに、顔色を明るく見せてくれます。 軽いつけ心地と上品なパール感も魅力です。

 派手顔さんはチークを引いてバランスを

Close-up portrait of beautiful woman with bright make-up

目や口は、パーツのサイズやもともとの形にインパクトがある人も多くいるはず。そんな人は、どんなにメイクを引き算したところで仕上がりが“引き算”されることはありません。

だけど、「引き算できない頬」の人はいないですよね? ハッキリ顔さんや、しっかりメイクを好む方は、チークを引いてバランスを取ってあげましょう。

すると簡単に、仕上がり全体に抜け間が生まれ、イマドキ顔に生まれ変われます。

GODMake.編集部

GODMake.編集部厳選のBEAUTY NEWS、人気モデルによるトレンドメイク、NEW COSME情報、有名人メイク解説、自分に合う美容法など「絶対キレイになれる!」旬でプレミアムなビューティ記事

記事を検索する

PRESS RANKING本日の記事ランキング

more