”悩めるアラサー女子“が前向きに「脱・若い子向けメイク」をする準備5つ

”悩めるアラサー女子“が前向きに「脱・若い子向けメイク」をする準備5つ

25歳を過ぎたあたりから、メイクもファッションも「これでいいのか」と悩むはず。だけど、それらを大人っぽくしたら、一気に老け込んだりおばさん化したりしないかと心配じゃない?!なりたいのは「老けたおばさん」でも「イタイ若作り」でもなく「きれいなお姉さん」。そんな風になるための、心構えと準備を教えます。

前提:大人化したい?したくない?自分に本音を聞いてみて

Woman with chest pain

この記事を読む前に、まず自分に問いかけて欲しいのは、「本当に若い子向けメイクを卒業し、大人化したいのかどうか」ということです。世間は、年齢を重ねた女性を非難するのが大好き。

芸能人に対する中傷を見ればわかるように、年相応に年齢を重ねた女性のことは、「劣化」、「老化」と言い、いつまでも若い女性のことは、「イタイ」、「整形」と批判します。結局、どっちに転んでも何かを言われるのです。

仕事や自分の周りの人に迷惑をかけていないのであれば、いつまでも若い女の子と同じようなメイクをしていても一つも問題はありません。

これらを踏まえた上で、仕事・恋愛・家族・自分の気持ち・・・を考慮して、ギャルメイク・若い子向けメイクを卒業したい!!だけどできない!!と悩んでいる方は、大人化の準備を読み進めてくださいね。

大人化したいけどできない人の準備

1.芸能人の“大人カワイイ”を都合よく比較対象にしない

Studio shot of young beautiful woman

人というのは、比較対象を都合良く活用します。

小学生の頃、ヤンチャをして先生や両親に怒られたら「○ちゃんも一緒にやった」と、誰かを巻き込んだ経験はないですか?テストの点数やお小遣いの値段でもそう。

同じように、「石原さとみさんや紗栄子さん、深田恭子だって、30歳を過ぎてもカワイイ路線だから大丈夫♪」なんて考えてはなりません。彼女たちは、芸能人という仕事柄、20代にも負けない肌のハリや髪のツヤがあるからこそ、甘いお洋服やミニスカートが似合うのです。

そして良く見てみると、誰も若い女の子ようなメイクはしていませんよね?自分にとって都合の悪いところも、目を背けず見る癖をつけましょう。

2.結局“慣れ”!!週1~2回ほど薄メイクの日を作る

Unrecognizable beautician applying false eyelash in beauty salon.

元ギャルの大人たちに聞くと、「つけまもカラコンも一生、止められる気がしなかったけど、自然と止められた」と、皆さん口をそろえて話します。そして、そられを止めたら、自動的にほかのパーツのメイクもナチュラルになって行ったのだとか。

きっかけは、「就職で週5日するのを止めたら、お休みの日もいつしかいらなくなった」、「PCを使うようになって目が疲れたから止めたら、デートの日もいらなくなった」、「子育てでそれどころではなくなったら、いつも間にかいらなくなった」などさまざま。

だけど共通しているのは、「なんらかのきっかけにより、週のうち何日か若い子向けのメイクをしなくなったら、いつしかそれに慣れてしまって止められた」です。

「今のメイクがもっとも盛れている」と思っているのは、もしかしたらその顔に見慣れているだけかも?!薄メイクに見慣れてきたら、案外これまでのメイクを恥ずかしく感じるかもしれません。

3.年上の女性と接する機会を増やす

Catching up on the news

いつまでもメイクやファッションが若い人は、交友関係も若い傾向にあります。周りの女性たちと、会話や行動範囲が同じだからです。そこで、年上の女性と接する機会を増やしてみるのも手です。

彼女たちが、どういったブランドで服を買い、どういったメイクをしているのかを見ると刺激になるはず。逆に、肌や髪にハリがないにも関わらず、若い女の子と同じような身なりの年上女性を見たら、あなたの中で「変わりたい」意識がさらに強くなるかもしれません。

4.素敵なブティックやレストランに足を運ぶ

Raising their glasses in celebration

大人の女性にしか似合わない、素敵なブティックやレストランに、自ら足を踏み入れてみるという方法もおすすめ。「そんなところにいく勇気がない」、「今の自分では相手にされない」そう感じたとしたら、その気持ちがすでに立派な“準備”です。

年齢的には充分それらのお店とマッチしているのに、雰囲気がマッチしていないというのはそういうこと。足を踏み入れ、それらのお店にいる素敵な女性たちを見習いましょう。

5.心が追いついたら実践!大人向けコスメブランドでメイクしてもらおう

メイクされる女性

1~4までを行なったことで、「変わりたいけど行動に移せない」という気持ちから、「行動に今すぐ移したい」に変化したはず!そうなったらあとは実践あるのみです。

大人の女性たちがターゲットのコスメブランドのカウンターへ行き、BAさんにメイクをしてもらいましょう。「しっかり目のメイクが好き」、「ここにアイシャドウを入れるのだけは必須」などと言った要望にもこたえてくれますよ。

もし、1店舗行って心が躍らなかったとしても諦めないで!その理由は、

・あなたが見慣れていない
・BAさんと好みがたまたま合わなかった

のどちらかです。ブランドや店舗を変えて、何度か挑戦をしてみるうちに、なにかのヒントに出会えるはず。

“大人化したい”と思う心の変化は大事なサイン

Gorgeous young brunette woman.

これまで当然のように毎日していたメイクを変えたくなるといくことは、心になんらかの変化が起きているのかもしれません。表面的にメイクの方法を変えてみるのみでなく、そんな心と向き合ってみると、内から輝く素敵な女性になれることでしょう。

shutterstock_521684347

メイクは、女性を輝かせてくれる魔法です。いま、自分が本当に求めているメイクを、毎日してあげてくださいね。

GODMake.編集部

GODMake.編集部厳選のBEAUTY NEWS、人気モデルによるトレンドメイク、NEW COSME情報、有名人メイク解説、自分に合う美容法など「絶対キレイになれる!」旬でプレミアムなビューティ記事

記事を検索する

PRESS RANKING本日の記事ランキング

more