皆が知らない、ガンコな「シミ」を最短で改善する方法!

皆が知らない、ガンコな「シミ」を最短で改善する方法!

白くて美しい肌を目指す女性達にとって、シミはとても嫌なものです。でも大丈夫。シミは種類を特定して、それに合った対策を取れば、目に見えて改善します。シミの種類と、それを緩和する方法についてご紹介します。

シミができてしまう4つの原因

shutterstock_206625796

1位:紫外線やその他の刺激

2位:肌のターンオーバーの乱れ

3位:老化による活性酸素によるダメージ

4位:遺伝によるシミ

今回は、20~30代の方が特にお悩みになる、上位2つのシミの原因と対策についてお伝えします。

紫外線やその他の刺激によるシミ

shutterstock_609185975

紫外線や間違ったスキンケアや、その他のムダな刺激によって、肌へのダメージが加わると、老化はどんどん進みます。特に紫外線は強力で、メラノサイトというところを刺激して、メラニン-シミを作ってしまいます。正確には、紫外線が表皮細胞に当たると、エンドセリンという情報伝達物質が分泌され、これがメラノサイトへと伝わり、メラニン色素が生成されます。

メラノサイトは、メラニン生成工場のようなものです。最悪の場合、メラニンがターンオーバーしない肌の真皮層へ落ちて、自然には消えなくなることもあります。こうなってしまったら、放っておいても悪くなる一方なので、集中的に美白化粧品を使って、緩和するしかありません。

肌のターンオーバーの乱れによるシミ

shutterstock_255220438-1

歳をとばとるほど、成長ホルモンや女性ホルモンの分泌が悪くなり、それによって、肌のターンオーバーが遅くなります。ターンオーバーとは、お肌の新しい細胞が生まれ変わることです。つまり、シミがついている古い肌が、いつまでも残るため、シミが目立ちやすくなるということです。消えにくくなればなるほど、予防が重要になってくるので、普段から紫外線対策をしたり、美白化粧品を使いましょう。

また、老化によって、肌のバリア機能も衰えてきていることが多いので、忘れずに保湿して、外敵から肌を守ってあげることも大事です。バリア機能が衰えている間は、ささいな刺激でも、シミになってしまうことがあるのです。

20~30代に多いシミの種類

shutterstock_486595261

シミを確実に消すには、あなたのシミがどんな種類なのかを知るのが必須条件です。ですので、具体的な対策に入る前に、ここで種類をハッキリさせておきましょう。

炎症性色素沈着

こんなときに、シミができた経験はありませんか?

  • ニキビが消えたあと
  • 蚊に刺されたあと
  • 怪我が治ったあと

こうやって、怪我のあとに残るシミが、炎症性色素沈着です。また、毛抜きをした後に、無理に毛を抜いたせいで毛穴が炎症を起こし、それが原因でシミになることもあります。実はこれ、ある程度時間が経てば、長くて2~3年たてば消えることがあります。放っておけば消えるシミもあるのです。ただし日焼けしてしまうと、自然には消えなくなるので要注意です。

もし外出時などに紫外線対策を怠って日焼けすると、もう自然には治らないので、手当が必要になります。炎症性色素沈着を緩和するには、美白化粧品やピーリングが効果的です。

花弁状色素斑

海へ行った後などに、よく肩や背中にできる、花びらのような柄のシミです。放っておくと治らないので、なんとかして治したいと、思うなら、対策が必要です。また、比較的治りやすいシミなので、美白化粧品で対処できます。

シミを改善する方法

shutterstock_408945295

ある栄養素を摂ることで、メラニンの生成を抑え、肌を老化させる活性酸素を除去して、シミを抑えることができます。それと同時に、しっかりと保湿して、肌のターンオーバーを促進することで、シミのない肌を手に入れることができます。つまり、新しいシミを作らないようにしながら、古いしみを排除するわけです。そのために必要な栄養素は、これらの2つです。

ビタミンC

shutterstock_389383672

ビタミンCには抗酸化作用、つまり、肌を老化させる活性酸素を抑える作用があります。また、紫外線から肌を守ることができるので、二重にシミができにくくなります。さらに、メラニン色素を薄くする作用があるので、根気強くビタミンCを摂取することで、シミが消えたという例もあります。ですが、基本的に口からの摂取で、シミ消しをするのは難しいです。ビタミンCは、1日80mgくらい摂るのが理想的です。それ以上摂りすぎると、尿として排出されてしまいます。

ビタミンCを多く含む食材

shutterstock_321864554

赤ピーマン・黄ピーマン・レモン・パセリ・ブロッコリー・カリフラワー・さやえんどう・キャベツなど。

ビタミンCの抗酸化作用により、シミをできにくくする効果があります。また、ターンオーバーを促進して、シミの緩和を早くする作用もあります。

βカロテンを多く含む食材

shutterstock_452789341

紫蘇・モロヘイヤ・ニンジン・パセリ・ほうれん草・春菊・よもぎ・大根の葉・かぼちゃなど。

βカロテンを摂取するために、ニンジンがよく食べられますが、ニンジンを温野菜にして食べると、βカロテンの吸収率が1.5倍ほどに上がるようです。冷たい野菜を食べるより、身体が冷えなくて健康上にも良いので、ぜひ、温野菜として食べてみてください。

確実に保湿をする

shutterstock_220269820

シミとは関係がないと思えるかもしれませんが、きちんと保湿をしておかないと、ターンオーバーの周期が乱れることがあります。ターンオーバーが乱れるということは、メラニンがお肌からなくなりませんから、結果的にシミが残ることになるわけです。保湿には、セラミドの入った美容液などがおススメです。

十分な睡眠をとり、お肌を休める

shutterstock_177607754

ストレスによって、肌を老化させる活性酸素が排出されますし、肌のターンオーバーは、寝ている間に行われるため、寝ないとシミが改善されません。ターンオーバーの周期が乱れると、細胞が生まれ変わりにくくなるため、それと一緒にシミも緩和されにくくなります。しっかりと睡眠をとることは、とても大切です。

美白化粧品を使う

shutterstock_697172080

美白化粧品を選ぶ際に、まず注意してほしいのは、どんな美白成分が入っているのか、とういことです。美白成分にも色々とあって、厚生労働省が効果を認めたものから、企業が開発したもので効果があるもの、企業が開発したが全く効果がないものまで、さまざまです。特に気を付けたいのは、「ホワイト〇〇」と、いったねーミングの、いかにも美白に効きそうな名前のものです。こういったものは、本当にシミが改善されるものもありますが、ただ名前でシミが緩和され、肌が白くなりそうなだけ、という場合もあります。

商品の説明で、きちんと「シミ・ソバカスを防ぐ」といったことが書かれているか確認しましょう。化粧品では、美白成分が入っている、と書くことが、禁止されているので、「シミ・ソバカスを防ぐ」という表現のものを探して下さい。

化粧品でよく使われる10の美白成分

shutterstock_613462802

あなたの使っている美白化粧品には、これらが含まれているでしょうか?

厚生労働省認可

  • アルブチン
  • エラグ酸
  • イチゴから抽出される美白成分
  • カモミラET
  • カモミールから抽出される美白成分
  • トラネキサム酸
  •  t-シクロアミノ酸誘導体
  • ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCを肌に吸収しやすい形に変えた物で、抗酸化作用が老化を防ぎます。シミだけでなく、しわができるのを防ぐのにも役立ちます。リン酸型ビタミンCという難しい名前の誘導体が、比較的多いです。

  • プラセンタエキス

主に、豚の胎盤から抽出された美白成分です。植物性のプラセンタもありますが、動物性のもののほうが、効果は期待できます。

  • リノール酸

植物油から生成される美白成分です。これらの10つの成分のどれかが含まれていれば、厚生省お墨付きの美白化粧品ということになります。

それ以外の美白成分

  • ハイドロキノン

アメリカでは、昔から使われていたようですが、日本では刺激が強すぎるということで、少し前までは、化粧品に使うことが禁止されていました。

※美白成分は美容液に含まれていることが多いので、美容液を選ぶようにしてください。

ピーリングをする

shutterstock_374083072

ピーリングでも、シミを改善することができます。ピーリングとは、肌のターンオーバーを促進して、積極的にシミを追い出そうとするものです。とくに、ニキビ跡・虫刺され痕・怪我の痕にできる、炎症性色素沈着というものには、大きな効果を発揮します。ピーリング剤と美白化粧品の両方を使うと、相乗効果で、より早くシミが改善されます。少しでも早く、美肌を手に入れたい場合は、この2つを実践するのがいいと思います。

shutterstock_199141433

いかがでしたか?シミは、お手入れ次第で、かなり緩和できます。レーザーで消すのもひとつの方法ですが、紫外線が強い5月~10月くらいの時期に施術すると、逆にシミが濃くなることもあります。まずは、自宅でできる方法から試してみませんか?そして、透き通った肌を手に入れましょう!

※筆者の個人的見解です。効果・効能を保証するものではありません。

松澤ますみ

WEB・DTPデザイナーから、ライターに転身した変わり種。得意分野はアンチエージング。お肌が10歳若くなるケアの方法などを、皆さまにお届け致します。

記事を検索する

PRESS RANKING本日の記事ランキング

more