そろそろ秋に移行したいなら!“アイシャドウでつくる囲みアイ」で”抜け&旬”をゲット!

MAKEUP

そろそろ秋に移行したいなら!“アイシャドウでつくる囲みアイ」で”抜け&旬”をゲット!

まだまだ暑い日が続きますが、世のオシャレさんたちは、「お盆過ぎたら秋」とか「8月20日以降は秋」とか、なんだか意識の高い発言をしていますよね。メイクもポイントで秋要素を取り入れたいと思ったときは!“アイシャドウでつくる囲みアイ”がおすすめです。

2017秋冬は“囲みアイメイク”がトレンドの予感

秋口は“アイシャドウのみ”で囲んで軽やかに

Beautiful woman with bright make-up

今年の秋冬メイクは、昨年に引き続き“囲みアイメイク”に大注目。日本では秋冬も、リップメイクに重きを置き、アイメイクはナチュラルにするメイクがなんだかんだで支持をされていましたが、いよいよ2017-18シーズンは、しっかりめのアイメイクを取り入れる人が増加すると予想されます。

ですが・・・アイライナーでしっかりと目を囲むのは、これまでの薄めメイクとのギャップで少々違和感。それに、まだまだ残暑がきびしい季節に取り入れるには、ちょっぴり重たすぎる気がしますよね?

そこで!先取りメイクのシーズンは、アイシャドウのみで囲むメイクを取り入れてみてはいかがでしょうか。アイラインを使わないことで、適度な抜け感が生まれるため、秋口にぴったりのイマドキ顔になれますよ。

秋色シャドウで季節を先取り

ベースメイクは汗・皮脂・紫外線対策でステイ

秋色シャドウで季節を先取り

秋を先取りするのは、ポイントメイクのみ。まだまだ暑いし紫外線も強いので、ベースメイクは汗・皮脂・日焼け等を考えて、春夏のコスメとメイク方法を継続しましょう。これらは、だんだんと涼しくなり始めたら、徐々に移行をしましょう。

囲みアイメイクに使用するアイシャドウを秋色にするだけで、ぐんと「先取りしてます」感がアップします。今年の秋は、パープル要素のある赤みアイシャドウ(モーヴブラウン)や、カーキの注目度が高いので、色選びに迷ったら、これらをチョイスするのがおすすめです。

“アイシャドウでつくる囲みアイメイク”のメイク法

2色使いで、「奥行き」を出すように囲む

Eye makeup closeup

アイシャドウを使って囲みアイメイクをするときは、濃淡2色のアイシャドウを用意すると、簡単に印象的な目元に仕上げることができます。

まずはじめに、淡い色をまぶた全体に広く塗り、そして目のキワにアイライン感覚で濃い色を。それをアイホールに向けてぼかすようにし、グラデーションを作ります。

こうすることで、目元に立体感が生まれ、アイラインなしでも目が大きく見えますよ。

小粒目さん、求心顔さんは「目頭のみ」抜く

White Cosmetic pencil.

目の小さい人が、一周ぐるりと目を囲んでしまうと、余計に目が小さく見えてしまうって知っていましたか?また、求心顔さん(目と目の距離が近い人)が、目頭までしっかりと囲んでしまうと、これまた、さらに強調されてしまのです。

そこで、小粒目さん・求心顔さんは、わざと目頭部分は囲まずに“抜け”を作りましょう。パール感のあるベージュ系アイシャドウや落ち着いたホワイトアイライナーを使い、自然なハイライトを入れるのも良いでしょう。

アイラインは「まつ毛の間を埋める」程度が吉

Close-up of woman eye with beautiful brown smokey eyes makeup

アイラインを引き算してしまうと、目の印象がぼけてしまう方や、まつ毛の密度が少ない方は、部分的にアイライナーを使用して、目の輪郭をはっきりとさせてあげて。

このとき、ペンシルアイライナーやジェルアイライナーなど、やわらかな発色のコスメを選び、”まつ毛の間を埋めてあげる”程度しか引かないのがポイントです。

リキッドアイライナーでしっかりと引いたり、目尻をハネ上げたりするメイクは、もう少し暑さが和らぐ季節まで封印を。いまの季節は、秋まで「秋冬メイク」ではなく、「秋先取りメイク」です。

リップメイクは”シアーな質感”で引き算を

Woman with stylish beautiful makeup

通年でダークなリップメイクに注目が集まっていますが、こちらも、まだまだ暑さの残る今、目元も唇も重たい色を使ったメイクをするのはちょっとくどい・・・。

そこで、“シアーな質感”のルージュやグロスを選ぶようにして、顔全体のバランスを取るようにしましょう。素の唇が透けるような軽い付け心地のリップを選べば、こっくりカラーでも、重たくなりすぎないのでおすすめです。

あえて、肌馴染みの良いコーラルピンクやベージュ系をチョイスするのも◎

秋要素を先取りし、”最先端オシャ顔レディ”を目指そう!

Me and my sunglsses

まだまだ暑さのきびしい日々が続きますが、ファッションで、足元をショートブーツにしたり、お洋服の色を秋モードに変えたりするように、メイクもポイントメイクから、秋の要素を先取りしてみて。

秋のメイクには、レディな魅力がたくさんつまっています。「あ!もう秋メイク先取りしてる!さすが!!」と思われちゃうオシャレ顔で、最先端オーラをぐんぐん出しちゃいましょう。

“アイシャドウでつくる囲みアイメイク”であれば、程度な抜け感と、トレンドをばっちりおさえる先取り感、どちらもゲットできちゃいます。

そろそろ秋に移行したいなら!“アイシャドウでつくる囲みアイ」で”抜け&旬”をゲット!

この記事をSNSでシェア

GODMake.編集部

GODMake.編集部

GODMake.編集部厳選のBEAUTY NEWS、人気モデルによるトレンドメイク、NEW COSME情報、有名人メイク解説、自分に合う美容法など「絶対キレイになれる!」旬でプレミアムなビューティ記事

PRESS RANKING本日の記事ランキング

more