ヴァカンス後の出勤が”辛い”…?そんな方へ「ストレス予防法」のアドバイス

ヴァカンス後の出勤が”辛い”…?そんな方へ「ストレス予防法」のアドバイス

夏休みという言葉は、子供のころから無条件にドキドキしますよね。それは大人になった今でも同じです。でも平日のルーティーンが崩れてしまって、夏休みが終わるときに年々体が重たく感じることがあります。どうしたらいいのでしょうか?

夏休み明けが辛い…?

ヴァカンス

夏休み明けで通学の再開、お盆休みが終わり通勤など、夏休みが来るのは楽しみですが復帰は考えるだけで重たくなります。4月は、仕事や学校の始まりというイメージがありますが、9月も始まりの時期になるのかもしれません。

よく考えると小学生のころは、夏休み明けもわくわくしながら学校に通っていたという人もいるかもしれません。それなのに今は、体が重たくなってしまうことが悩みもの人もいます。夏休みの過ごし方次第で復帰がしやすくなると言われています。では、どうすればいいのでしょうか。

1.夏休み終わりの数日は、復帰のために使う

リラックスをする

通勤や通学を再開する時、10人に一人は、疲労感を感じたり、イライラしたり、気持ちが重たくなったりする人がいると言われています。それは、一つのストレスです。平日のルーティーンを夏休みに崩してしまった代償だったのです。夏休みにリラックスしたい人も多いと思います。急に忙しかった生活へと戻るのは難しいものです。前の忙しかったリズムを夏休み期間中に忘れてしまうことが原因です。

夏休みは健康を取り戻し、リラックスをする期間でないといけません。夏休みをヴァカンスと言いますがこれはラテン語で「空白、無」を意味するVacuumが由来と言われています。夏休みは精神的に切り離し、人生や毎日の中に変化をもたらすために使われて、それに順応するために使われるべきです。

いろいろな感じたストレスを発散させて、その反動からたくさんの楽しいことを夏休みにするのは、ストレスを消化し、先月までの精神的な崩れを回復させることができます。

ここでもう一つ取り入れたい夏休みの最終日の過ごし方は、学校や通勤に戻る数日前に身体と気持ちをいつも通りに戻せる様に、家でリラックスして過ごすように計画をたてましょう。忙しい用事はできるだけ避けてリズムを整えることに集中しましょう。

2.思い出に残るヴァカンス

思い出に残るヴァカンス

先ほど、夏休みの終盤は夏休みのリズムからいつものリズムに戻すために使うという話をしました。その中に少しずつ、いつもしている用事を入れていくことも効果があります。もちろん、元の生活に戻るときは少し「我慢」をすることも必要です。ヴァカンスの過ごし方をだらだらするのではなく、エネルギーを感じる過ごし方をすることもよい影響を与えます。

  • 楽しい日を過ごした夏休み
  • 心地よい夏休み

にすることで、楽しかった思い出や満足感が心の中に残り、前向きな気持ちになります。

旅行に行く人も多いと思います。旅行先ではしたいことがたくさんありますが、あまり予定を詰めすぎないようにしましょう。かえってストレスをためてしまうことになります。

3.夏休み中に人生を計画しなおす

海辺で本を読む女性

この先どうしたらいいのか、何をしたいのかということをお正月や4月に考える人も多いと思いますが、夏休みにも考え直すことができます。夏休みの過ごし方のアイデアを見てみましょう。

  • 夏休みの時間を利用して、全く違う考え方やアイデアをくれそうな本を読む。
  • 部屋の模様替えをする。風水を取り入れたインテリアや色を取り入れてみるのも面白いです。
  • 退屈な日々を過ごさないために、なにか楽しそうなサークルや趣味を見つける。

夏休み期間は、有効に使うと人生を豊かにすることができます。でも、過ごし方を間違えてしまうと、復帰が辛くなるだけになってしまうことがあります。同じ期間を過ごすなら人生と向き合い、再計画をすることがおすすめです。

4.心のゆとりを持つ期間にする

Happy child playing in the sea

通学や出勤に戻る前に心を健康にすることも大切なことです。夏休み中にできる行動を見てみましょう。

  • リラックスすることを心がけ、ゆっくりと考える時間を持つようにします。後悔をすることはやめてできるだけ夏休み後に何をしたいか考えるようにします。できるだけ前向きに過ごすようにします。
  • しないといけないという義務的な用事はできるだけ避けて、したいことをするように心がけましょう。自分自身を改善するようなことを積極的にしていきます。

新しいことをした経験は、日常や自由な時間に影響を与えて、新しい自分へと変わるきっかけを与えてくれます。してみたかったことにチャレンジしましょう。

5.今までにできなかった「心残り」を消化する

Girl relaxing and enjoying road trip

夏休みの期間を使って、夏休み前までにできなかった心残りな出来事を消化する期間にします。あまりにも予定を詰め込んでしまうと、喜びながらできやっつけ仕事になってしまうので、ゆとりをもって計画をしましょう。

では、何をしたらいいでしょうか?普段できなかったことは趣味や目標だけでなく、健康にかかわることもあります。夏休みだからと言ってすべてがうまくいくとは限りませんよね。それでも残念がったり、イライラしたりしないようにします。

「今は夏休み中!すべてがうまくいかなくても大丈夫!試したことに意味があるんだから!」

young woman in dress sitting on steps

夏休みは、体を休め気持ちをリラックスさせる期間ですが、自分自身を前向きな気持ちにするために整える期間にすることができます。新しい経験をしたり、やり残したことをすることで充実した休みを過ごすことができ、前向きな気持ちになるように自分を刺激することができます。そうすることで休暇が終わった時も前向きな気持ちで再開することができて、体が重たくなる嫌な感覚も感じなくなります。

Maki.C

通訳・翻訳家。ヨーロッパで発信されている流行やトレンドを一早くキャッチするために日々情報収集しています。ヨーロッパ発の健康法やライフスタイルで心から健康に美しくなれる方法を毎日を忙しく過ごしながら、おしゃれ・恋愛・仕事に励む女性にお届けしています。

記事を検索する

PRESS RANKING本日の記事ランキング

more