学校では教えてくれなかった!「素敵な一日の始め方」5つの小さな行動

LIFESTYLE

学校では教えてくれなかった!「素敵な一日の始め方」5つの小さな行動

今回は、素敵な一日を作れるアイデアをお勉強してみませんか?それぞれみんなが、毎日の中に流れを持っていてこだわりやルーティンを持って過ごしています。この方法が少しでも毎日を良くするのなら試すしかないですよね。

素敵な「一日の始め方」!

素敵な一日の始め方

長い一週間。でも、毎朝が新しい一日の始まりです。寝つきが悪かった夜の後とか、寝違えて首が痛いなどいろいろなことが起こったとしても、一日は自分が良くしないといけません。自ら思わなければ、素敵な日なんて来ないんです!

今回は、素敵な一日を作れるアイデアをお勉強してみませんか?それぞれみんなが、毎日の中に、こだわりやルーティンを持って過ごしています。この毎日のルーティンを変えることが、毎日を少しづつ良くするのです。

学校では教えてくれなかった「素敵な日にする」ちょっとした行動を取り入れてみましょう。

1.時間を大切にする

目覚める

ついつい目覚ましが鳴っているのに目覚めるのが遅くなってしまう人は、あえて目覚ましを数分早めに合わせておくといいでしょう。確かに疲れ切っているときは、目覚めるまでに時間がかかってしまうことがあります。疲れている身体を無理して早く目覚めさせるよりも、時間をかけて目覚めさせてあげるのも「良い日」を作るのに必要なことです。

あなたの目覚め方はどちらですか?目覚ましがなってすぐに目覚められる?それとも、時間がかかるほうですか?あなたの目覚め方のパターンを考えた目覚ましの合わせ方で、朝から身体をいじめない時間設定をしましょう!

2.一日の計画を持つ

一日の計画を持つ

仕事をしている人や学校に行く人は、平日には「出勤・登校」という計画が無条件にありますが、お休みの日は毎回計画を立てて過ごすことで、一日の過ごし方が定まり、良い一日の過ごし方ができます。きっと何もせずに過ごして「何もしなかった」と後悔したことは誰でもあると思います。そんな時はこれを心がけてみましょう。

  • 大体でもいいから、その日にしないといけないこと、したいことを書いてリストを作る。
  • リズムを崩さないために、何時に食事をするという時間割を作りましょう。

万が一したいことや、しないといけないことを飛ばしたとしても大丈夫です。それに大抵、計画したこと以外のことをするときは、思いついたアイデアであったり、ひらめいたことが多いです。

そんな”ひらめき”も大切にしてみるといいでしょう。また、計画していた一日が全く違うものになったとしても楽しいですよね。

風船を持って海辺を走る女性

平日で疲れ切った週末は、「何もしたくない」という人もいると思います。そんな際にも、実際に何もせずに過ごしてダラダラしてしまったと、どことなく罪悪感を感じるのではなく、「休息をしてリラックスをする」という計画をたてて、体を休めることでその一日が充実します。リラックスをするためにいろいろなことができます。

  • ベッドの上でゆっくりストレッチ。
  • ベットの上でボディークリームを塗る。
  • おいしい紅茶をゆっくりと飲む。
  • リラックス効果のあるアロマオイルをお部屋に漂わせて、本や雑誌を読む。
  • ゆっくりとデザインを考えてセルフネイルをする。

一日を、時間に追われることなく、リラックスデーにして楽しんでみましょう。何もしない日を「リラックスデー」と言い換えるだけで充実して感じますよ。

3.お顔をしっかり目覚めさせる

眠気をしっかりと取り除く

顔のケアが一日を素敵にする?一見全く関係がないように感じます。でも、ほんの数分でいいので、お顔のケアの時間を持つように心がけましょう。朝起きてすぐに冷たい水で顔を洗い目を覚まします。ここがポイントなんです。

お顔を目覚めさせると、心が目覚めます。眠気をしっかりと取り除くと、一日がエネルギーにあふれます。お顔をしっかり目覚めさせるとメイクがいつもよりもきれいにできます。メイクがきれいにできると…?そう。女性はきれいに輝きます!

4.良い朝ごはんを取る

良い朝ごはんを摂る

一日に何か楽しみな事があると、目覚めが良くなるとよく言います。だからと言って、毎日お出かけをしたり、楽しいイベントごとがあるわけではありません。だから、前の日に「おいしい朝ごはん・食べたい朝ごはん」を用意しておくと、朝ごはんを食べることが楽しみになり、目覚めが良くなります。

話題のドーナツを食べたり、帰り道で気になった香りのいいワッフルを食べるなど、なんでもいいので、素敵な一日を始めれるようにワクワクするような朝食を用意しましょう。

朝食はゆっくり座って食べることは絶対のルールです。テーブルの上に新聞とか雑誌を広げて何気なくページをめくりながらコーヒーを読む時間があると、それだけで幸せな気分になったりするものです。このようなシンプルな行動が一日のビタミンとなり、素敵な一日へとなっていきます。

5.部屋に新鮮な空気と光を入れる

部屋に新鮮な空気と光を入れる

朝目覚めたらすぐにカーテンを開けて、太陽の日光を入れましょう。目覚めの時間、朝食の時間はお部屋の中を明るくしましょう。暑いときも寒いときもありますが、バルコニー(お庭があれば最高)に出て、飲み物を飲んだりしながら外の空気を感じると気分が良くなります。空を見て、雲の流れを見ていると心までゆったりしてきます。

Woman in the morning

このような小さな行動は、一見ちっぽけなことに感じますが一日の大きな力となります。あなたの好きなことはなんですか?好きなことを毎日の中に見つけて、それを繰り返すことで毎日が素敵な日になってきますよ!

学校では教えてくれなかった!「素敵な一日の始め方」5つの小さな行動

この記事をSNSでシェア

Maki.C

Maki.Cイタリア在住ライター

通訳・翻訳家。ヨーロッパで発信されている流行やトレンドを一早くキャッチするために日々情報収集しています。ヨーロッパ発の健康法やライフスタイルで心から健康に美しくなれる方法を毎日を忙しく過ごしながら、おしゃれ・恋愛・仕事に励む女性にお届けしています。

PRESS RANKING本日の記事ランキング

more