濃淡で楽しむツヤめく大人ピンクメイク

2015.03

大坪愛

女の子だもん!やっぱりピンクを使いたい。
だけどピンクは甘くなる?マンネリ感?そんなことはないんです。
ピンクの濃淡でニュアンスを変えれば、こんなに今っぽい表情に。
色味を統一するときは、ツヤと立体感でアクセントを加えるのが鉄則です。

COSME使用コスメ

POINTポイント

  • Point1

    ここから再生

    ツヤ肌を意識して、ファンデーションは薄くのばす。

  • Point2

    ここから再生

    チークは春っぽくするためパステルピンク。大きめのブラシで薄く広めに広げる。

  • Point3

    ここから再生

    チーク後にシェーディングを入れることで地黒さんにもピンクが馴染む。

  • Point4

    ここから再生

    ハイライトはメタリック感のあるものをチョイスして大人なツヤを。
    合成毛と天然毛が両方入っているブラシを使えばパウダーがつきすぎないので、普通に塗るだけで誰でも適度なツヤ感を手に入れられる。

  • Point5

    ここから再生

    目元ももちろん春ピンク。下瞼に大胆に濃いピンクを入れることで、クール派さんもピンクOK!

  • Point6

    ここから再生

    冬より抜け感を出すために眉は明るめに。

  • Point7

    ここから再生

    リップメイクも統一してもちろんピンク。黒肌さんにはコーラル系が◎

  • After

    濃淡で楽しむツヤめく大人ピンクメイク

  • Before

    濃淡で楽しむツヤめく大人ピンクメイク