くま、くすみのケア注意点

くまやくすみのケアはどのようにしたら良いのでしょうか。
朝起きて、メイクアップしようとしても、なんだか顔色が冴えない。目の下がうっすらと青黒いみたい。
くまやくすみは、日々の簡単なケアで緩和が出来るものも多くあります。
まずは自分でできるケアと改善に取り組んでみましょう。

主な原因を改善していきましょう

shutterstock_170024789

くま、くすみの主な原因は、「血行不良」と「角質層の異常」になります。
メイクで隠したり、一時的にマッサージしたりするだけでなく、日々の生活でくま、くすみのない健康な肌を目指しましょう。

血行が悪いためにくま、くすみが目立つという場合、顔の血行だけが原因ではないことがほとんどです。
体中の血液循環を良くすることで、改善していきましょう。

shutterstock_160203056

若い女性に多くみられる原因の一つが、ダイエットです。
食事を減らすことで鉄分不足になり、貧血気味になっている女性の多くが、血行不良にも陥ります。
バランスの取れた食事と、運動で健康な身体をつくるように心がけることで、くまやくすみも自然と改善に向かいます。

shutterstock_392106418

角質層が厚くなって肌の透明感がなくなり、くまやくすみが目立つという場合は、日々のクレンジングや洗顔、保湿といった基礎のお手入れを見直して下さい。
疲れていてメイクを落とさないまま眠ることが多いという人は、なんとかひとふんばりして頑張ってメイクを落として下さい。百害あって一利なしです。
すぐに生活改善ができない、という方は週に一度のスペシャルケアから始めて下さい。

「血行不良」「角質層の異常」どちらにも効果があるのが、美顔スチームです。
顔を温めてリラックスすることで、ストレス解消になり血行が良くなりますし、同時に皮膚の角質層も十分に潤い、古い角質層が自然にはがれやすくなります。
くま、くすみの原因を見極めたら、日々のお手入れや生活習慣の見直しで改善していきましょうね。

血行マッサージ

shutterstock_86782267

くまやくすみの対策として、血行を良くするマッサージは効果があります。
①洗顔後の清潔な皮膚に、マッサージクリームを塗って滑りをよくします。
②両手の人差し指、中指、薬指の3本をこめかみに当て、指圧しながら顔の横、あご、鎖骨へとおろしていきます。
③同じ指三本を、おでこの中心からこめかみへ、その後は②同様におろしていきます。
④目尻に両手の中指をあて、軽く指圧しながら目の下を通って目頭、目の上を通ってまた目尻へとマッサージします。
(目のまわりは皮膚が薄いので、力を入れて擦らないように気をつけてください)

shutterstock_102394033

電子レンジで温めた蒸しタオルで顔を覆ってあたため、フェイスパックをしながらのつぼマッサージもお勧めです。
蒸しタオルで温めることにより、肌の血行が良くなり、化粧水や美容液の浸透も良くなります。
蒸しタオル後、そのままにしておくと肌の水分が蒸発してしまいますから、すぐにマスクタイプのフェイスパックをすると良いでしょう。
目の周り、骨を感じる場所を軽く指先で叩いて一周します。
こめかみから上に、フェイスパックのふちをたどるように毛髪の生え際を同様に軽く指先で叩いていきましょう。

マッサージは、日々繰り返すことで少しずつ血行が良くなっていくので、毎日少しずつ根気よくすることが大切です。
角質層をしっかり働かせるための正しい洗顔と保湿もしっかりお願いします。

金子めぐみ

毎日身体に取り入れる食事によって、健康的に美しくなる方法を日々研究しています。 食べたものが身体を組成する細胞をつくるのだから、食生活を変えることでお肌も変わります。 すべての女性が自分を大切にすることができるよう願っています。

PRESS RANKING本日の記事ランキング

more