基礎化粧品の基本ポイント

日々のスキンケアに欠かせない基礎化粧品ですが、その種類や役割は実に様々です。

2015y12m25d_173708666
美しい肌を手に入れるためには、基礎化粧品の種類や役割について正しく理解し、これらを正しい順序で使うことが大切です。
まずは基礎化粧品の基本ポイントを押さえておきましょう。

基礎化粧品とは

基礎化粧品とは、スキンケアのために用いる化粧品全般の総称です。
洗顔後のお肌に対して、よりよいお肌を作るために日々役立ってもらうこととなります。
役割、成分が異なりますので、それぞれの特徴を理解して、自分に必要なものを正しい順番で使うことが大切です。

基礎化粧品の主な種類と役割

基礎化粧品は、以下の4種類に分けることができます。

□化粧水
洗顔をすると、皮脂や古い角質といった肌にとって“いらないもの”だけではなく肌に必要な保湿成分も奪われてしまいます。
そこで登場するのが「化粧水」です。
化粧水にはお肌に保湿成分を補給する役割があり、肌組織の角質層にしっかりと浸透させることによってその後に行うスキンケアの効果を高めることができます。

□美容液
シワやシミ、たるみといった気になる肌トラブルに効果的な成分が配合されている基礎化粧品です。
気になる部分を集中的にケアしたい場合に使うものですので、特に気になる部分がないという方やスキンケアのために時間を割けないという方は省略してしまってもかまいません。

□乳液
水分と油分とがバランスよく配合されている基礎化粧品で、保湿をしつつ肌に必要な油分を補うことができるという優れものです。
お肌に潤いを与えつつ、フタの役割も果たします。

□クリーム
クリームは、水分よりも油分を多く配合している基礎化粧品です。
お肌をクリームでコーティングすると、乳液よりも更にしっかりフタをすることができますので肌細胞から水分が蒸発するのを防ぐことができます。

効果を高める基礎化粧品を使用する順番

種類によって役割が異なる基礎化粧品は、使用する順番が大切です。
例えば油分を多く含むクリームを塗った後で化粧水を使ったとしても、フタの上から水をかけるようなものですから、化粧水本来の効果を得ることはできません。
スキンケアの効果を高めるために、正しい順序で基礎化粧品を使いましょう。

shutterstock_107259827

<基礎化粧品を使う順序>
①化粧水:洗顔後の浸透しやすいタイミングで使用するとともに、美容液以降の浸透を助ける役割を果たします。
②美容液:効果を高めるためにも、化粧水で浸透力を高めたタイミングで使用しましょう。
③乳液:潤いを与えると同時に軽くフタをします。化粧水、美容液の後に使用しましょう。
④クリーム:しっかりとしたフタの役割になります。
最後にフタを閉じることで、その前の基礎化粧品をしっかりと肌の内側に向かわせます。

曽我部三代

ネイル関連の商材を扱う会社を経営する傍ら、現在は美容ライターとしても活動中。 ネイルはもちろんリンパやエステ、コスメ等美容に関する幅広い知識と経験に基づき、 美と健康に関する情報を発信しています。

PRESS RANKING本日の記事ランキング

more