クレンジングの基本ポイント

美肌作りの一番大切なことは、クレンジングでメイクや皮脂汚れをしっかりと落とすことです。
メイクをすっきりと落とすことで、その後に使うスキンケア化粧品の浸透が良くなります。

shutterstock_227685145
メイクを落とすのは、くすみやトラブルのない肌への第一歩です。

しっかり落とす、素早く落とす

メイクを落とすクレンジングには、主にミルクタイプ、乳液タイプ、オイルタイプ、ローションタイプ、ジェルタイプがあります。
ミルクや乳液タイプは肌への負担を気にする方に、オイルやジェルタイプはしっかりメイクを落としたい方に向いています。

また目元や口元のポイントメイクは落ちにくい成分が配合されていますので、専用のメイク落としを使用することをおすすめします。
顔全体のメイクを丁寧に落とし、界面活性剤が配合されているので肌に負担をかけないように、素早く落とすようにしましょう。

クレジングはポイントメイクから

ポイントメイクには、汗水に強いウォータープルーフのマスカラ、にじまないアイライン、色落ちしない口紅など簡単には落ちにくい成分が配合されたものがあります。
ポイントメイクを落とす時は、専用のリムーバーで一番最初に落としましょう。

shutterstock_25125763

液状のものをコットンに含ませ、マスカラの付いたまつ毛から、アイホール全体を落としていきます。
特に目元の皮膚は、0.1ミリととても薄く、強くこすったりするとしわや色素沈着の原因にもなるので、力を入れずにやさしく落としましょう。
コットンが汚れたら、新しいものを使うようにして下さい。

目のきわまで入ったラインは、綿棒にリムーバーを含ませて、細かく丁寧に取っていきます。
唇もたてじわの中に入り込んだものも落とすようにしましょう。
ポイントメイクを落としたら、顔全体のメイクを落としていきます。

クレンジングの注意点

クレンジングを使用するときは、たっぷりとクレンジング剤を手に取り、力をいれずに指の腹の部分を使って、くるくると指をまわしながら、なじませて落としていきます。

特に皮脂の分泌量も多いTゾーンは、メイクと皮脂汚れが混ざりやすく、毛穴汚れも気になる箇所です。
また小鼻の横や下は汚れが残りやすい部分なので、しっかりと落としていきます。

顔全体の汚れが浮き上がってきたら、すすぎをします。
すすぐ時は水では油が落としきれないので、ぬるま湯を使って、汚れが肌に残らないように流していきます。
洗い残りがあると、ニキビや肌荒れの原因にも繋がりますので、きれいに落として下さい。

またスベリがいいためマッサージのように気持ちよく感じますが、長時間行うことは避けて下さい。
クレンジング剤には肌に負担のかかる成分が多く入っているので、時間をかけずに素早く行うことが大切です。

くぼたけいこ

美容師、エステティシャン、認定心理士。 様々な企業の化粧品・サプリメント・サロンのPR経験から、High&Lowの化粧品を活用し、無理をしない美容法を探求。 冷えと乾燥に打ち勝つために日々、努力中。

PRESS RANKING本日の記事ランキング

more