オイルクレンジングの使用ポイント

ファンデーションやチークなどのメイクを楽しんだ後、メイク落としは肌への負担を気にして、ミルクやクリームタイプのクレンジングを使用されている方も多いかと思います。
しかしなんだか洗浄力に疑問が残る、毛穴汚れが気になると感じた方は、オイルタイプのクレンジングを試してみてはいかがでしょうか。

shutterstock_109138346

使用方法によっては、ミルクタイプよりも肌に負担をかけずに、メイク汚れをすっきりと落としてくれるアイテムです。

オイルクレンジングのメリット

オイルクレンジングの良さは、何といってもメイクを落とす洗浄力の高さです。

油汚れは、水溶性のものよりも、油性の方が溶けやすい性質があります。
オイルクレンジングは、ファンデーションやチークなどしっかりしたメイクにもよく馴染み、汚れを包み込んですっきりと落とします。
また、過剰に分泌された皮脂とメイクが混ざってできたポツポツと目立つ角栓汚れ、皮脂が多く分泌され化粧崩れしやすいTゾーンの汚れも、浮き上がらせてスルッと落としてくれます。

最近ではクレンジングオイルも、肌の潤いをうばわない、優しさも追及したものがたくさん発売されています。
肌すべりもよく、使い心地の良さも人気の理由です。

オイルクレンジングの注意点

オイルクレンジングの汚れがよく落とせる理由は、ミルクタイプなどよりも界面活性剤が多く含まれているからです。
この界面活性剤は、肌に強い刺激を与えるので、長い時間マッサージをしながらメイクを落としたりすることは避けて下さい。
顔全体になじませるように、短時間で手早くメイクを落とすことが大切です。

shutterstock_336860954

また強いマッサージで肌を傷つけたり、過度なクレンジングで必要な皮脂までも取りさらないよう、気をつけて下さい。
乾燥を招き、肌トラブルにつながります。

オイルクレンジングを正しく利用しよう

肌への負担を気にして、オイルクレンジングを避ける方もいらっしゃいます。
単純に比較をした場合、肌への負担は大きいのは確かですが、しっかりメイクに対しては弱いタイプでごしごし落とすよりも、結果的にお肌への負荷を減らすことも可能です。
オイル自体も、ぬるま湯でしっかり洗い残りがないように洗顔時すれば問題ありません。

メリットもデメリットもあるクレンジング剤ですから、正しく利用していきましょう。

くぼたけいこ

美容師、エステティシャン、認定心理士。 様々な企業の化粧品・サプリメント・サロンのPR経験から、High&Lowの化粧品を活用し、無理をしない美容法を探求。 冷えと乾燥に打ち勝つために日々、努力中。

PRESS RANKING本日の記事ランキング

more