「夏までに"2キロ"痩せたい!」を成功させるために”心がけるべき”こと5つ

夏に向けて「あと2,3キロ痩せたい」そう思っていませんか?そして、その反面「それくらいすぐに痩せられる」と行動に移していない方がほとんどなのではないでしょうか?実は、2,3キロって、案外すぐに減らせるものの、すぐに戻ってしまう。すなわち、痩せたままキープをするのが非常に難しいのです。では、確実に今より少しやせた状態で夏を迎えるためには、どんなことを意識したら良いのでしょうか。

ダイエットの基本!!

①「消費カロリー>摂取カロリー」で痩せる

shutterstock_158435309

ダイエットの基本は、摂取カロリーを消費カロリーが上回ること。文字にすると当たり前ですが、これが意外と難しいのですよね・・・。10代~30代の一般女性の基礎代謝は1200kcal前後と言われています(体重や筋肉量、生活・年齢によって前後します)。

ですから、食事制限のみで痩せようと思うと、一日の摂取カロリーをかなり制限しないといけないということになってしまうのがわかりますよね。そこで、消費カロリーを増やすための運動や、基礎代謝を上げる努力を併用することが、成功への近道!!というわけです。

②無理・急なダイエットは体調を崩すだけ

shutterstock_220171453

とにかく早く結果を出したい気持ちや、最初のやる気によって、スタートダッシュの激しい無理なダイエットを行う人が多いですが、これはおすすめの方法とは言えません。過度な食事制限と激しい運動を同時に始めると、体調を崩してしまいますし、急激なダイエットはリバウンドの原因となります。それに、持続ができず3日坊主にもなりやすいことでしょう。

また、25歳以上の方は、急に痩せようとすると、体内の油分が減ってしまいシワの原因に。そして老けて見えてしまうため、特に注意が必要です。

ちょっと痩せるための心がけ

①間食を減らすために「白湯」と「炭酸水」の力を借りる

Closeup of bottle of water pouring into a glass

「あまり食べてないのに太っている」という方は、間食が多いのではないでしょうか。ちょっと口寂しいときに食べているチョコレートやガム、飴なども、積み重ねると大きなカロリーになってしまいます。そこで、ちょっと小腹が空いたときや口寂しいときは、白湯や炭酸水に助けを求めましょう。

白湯は、水と比べるとやや甘さがあるため、味覚としての満足度が高いです。そして、身体を温めてくれる効果も期待できます。炭酸水は、炭酸によってお腹が膨れるため空腹をごまかしてくれますよ。

②「食物繊維」を積極的に摂取する

kinpira gobo, japanese food

ダイエット中に起こりやすいのが便秘です。便秘はぽっこりお腹を招くため、ダイエットの天敵ですよね。また、健康のためにも良くありません。食べ物を選ぶときは、カロリーが低いものという基準の他に「食物繊維が多く含まれているもの」を積極的に摂取すると良いでしょう。

なお、便秘のときは食物繊維の中でも「水溶性食物繊維」が含まれているものを選ぶと良いです。こちらは、ゴボウやアボカド、ドライフルーツに多く含まれていますよ。

③「糖質」を減らす

shutterstock_130430339

メジャーなダイエット方法と言えば、「炭水化物を制限する」こと。モデルや女優が、「夜は炭水化物を食べません。」と語る姿をよく目にしますよね?炭水化物は、糖質と食物繊維でできています。よって、炭水化物を摂取しない、というよりは、糖質の摂取量を減らしてあげることが大切です。

極端に糖質を摂取するのをやめるダイエット方法は、摂取を開始したあとにリバウンドを招いてしまうため、”抜く”のではなく”減らす”ことを意識してください。

④「筋トレ」をして代謝アップ

shutterstock_120252163

ダイエットをすると、基礎代謝が減り、痩せにくくなってしまいます。そこで、基礎代謝量を増やすために、無酸素運動を意識的に取り入れるようにしてください。簡単にできる無酸素運動は、”筋トレ”です。ダイエットというと、ランニングやスイミングなどの有酸素運動を取り入れがちですが、無酸素運動も忘れずに。

⑤毎日「同じタイミング」で体重計に乗る

Loosing weight

特にダイエットらしいことをしなくても、毎日体重を計るだけでもダイエット効果は期待できます。このとき、毎日ほぼ同じ条件(寝起きにパジャマで・お風呂のときに裸で)などを決めると良いでしょう。一日の中で体重は前後するので、なるべく誤差を減らして、正しく変化を知ることが大切です。

体重はあくまで目安であり、筋肉量と脂肪量の割合や見た目で引き締まっているかどうか、そしてボディーラインがどんなかどうかのほうがずっと大切ですが、毎日自分の体重を数字で目にすることは、暴飲暴食の防止となります。

夏までは”時間があるようでない”・”2キロはすぐなようで難しい”

shutterstock_132862673

梅雨が明け、海開きするまではあと3ヶ月。「それまでに2キロなんてその気になればすぐだろう」と余裕でいると、気が付いたらすぐに時間は経ってしまうもの。また、リバウンドを防ぐためには、目標の体重や体型に達したあと、いかにキープするかのほうがずっと難しいのです。今から計画的にダイエットを行って、そしてしっかり長期間キープができるように、今から毎日コツコツと小さなことに気をつけて、夏を迎える準備をしませんか?

GODMake.編集部

GODMake.編集部厳選のBEAUTY NEWS、人気モデルによるトレンドメイク、NEW COSME情報、有名人メイク解説、自分に合う美容法など「絶対キレイになれる!」旬でプレミアムなビューティ記事

記事を検索する

PRESS RANKING本日の記事ランキング

more