「ピンク」で“囲み目”?!腫れぼったく見えない”心奪われる”ピンクアイメイク

ピンクの色を使用したメイク。特に目元に使用することに抵抗がある人も、多いはず。なぜなら、「腫れぼったく見えてしまう」から。しかしピンクの“どんな色味(薄いのか、濃いのか)”というところに着目すれば、意外とピンクを使用した囲み目も悪くないのです。

ピンクで“囲み目”メイクテク

shutterstock_128762501
早速、ピンクの色味を使用した“囲み目”メイクのテクニックをご紹介します。まず、使用するピンクの色味ですが“濃すぎない色”がおすすめ。濃い色だと、どうしても腫れぼったい目になってしまいますが、薄いピンクの色味であれば、目元に明るさを演出してくれる効果の方が高いので、腫れぼったさがあまり目立たないですよ。

アイシャドウチップにピンクのアイシャドウをつけたら、下まぶたの目尻から目頭に向かって1往復してください。もし、使用する色味によって1往復だけでは足りない場合は、2往復と、色味を見て調節しましょう。そのあと、上まぶたの目尻に“チョンッ”とワンポイントに仕上げるか、上まぶたのアイホール全体に“明るさ”を演出するために使用するのかはその時のメイクの気分に合わせて。

THREE/シマリングカラーヴェール ステートメント 3,780円(税込)


出典:@cosmeより

まるで色と光をまとった空気のような、限りなく繊細なルースタイプのアイカラーです。角度やまばたきによって生み出される幾多もの光彩が、一言では表現しきれない女性の感情の揺らめきを演出してくれることでしょう。1色だけで目もとに豊かな表情を生み出せるだけでなく、どんなテクスチャーのアイカラーとも相性抜群。様々バリエーションのメイクを楽しむことができるでしょう。

自由な使い方で、より自分らしい感情と輝きを宿した目もとへ。やわらかなパウダーに9種の植物オイルをバランス良く配合しているので、質感の軽やかさを保ちながら、まぶたにしっとりフィットし続けます。

ヴィセ/ヴィセ アヴァン シングルアイカラー 864円(税込)


出典:@cosmeより

ひと塗りでしっかり発色します。印象的な目もとに導いてくれるアイカラーです。さまざまな質感や輝き。そして、単色でも組み合わせても、なりたい目もとに仕上がります。色ぐすみせずに、つけたての色が持続します。粉っぽさのない、しっとりやわらかなタッチで上質な使い心地です。ピュアゴールド配合。ナチュラルな立体効果を演出します。無香料。

RMK/フェイスポップ アイズ 4,104円(税込)


出典:@cosmeより

ベーシックなカラーにピンクのエッセンスをプラスすることによって、目もとの印象をポップにチェンジする2色セットのアイシャドウです。しっとりとまぶたにとけ込むベージュやブラウンに、質感の異なるピンクを重ねるだけで、まるで違う表情になります。女性らしい華やかさをプラスしたり、甘さの中に隠れたクールさを引き出したり。

クローゼットのようにその日の気分で選べる6つのカラーバリエーション。大人の粋な色遊びで、ピンクの魅力を楽しみましょう。

キス/エッセンスクリームアイズ 1,296円(税込)


出典:@cosmeより

上品な色味とうるおいのあるツヤで、色気のあるレディの眼差しを完成させるクリームアイシャドウです。繊細な輝きを放つニュアンスパール配合で、華やかなのに品のある目もとに仕上げてくれるでしょう。また、重ねるほどに奥行きのある、印象的な濡れツヤまぶたに仕上げます。ウォータリー処方でベタつかずなめらかな使い心地。

まぶたにピタッとフィットし、美しい仕上がりを長時間キープします。アイメイクベースとして使用すると、重ねたアイカラーの持ちがアップします。使いやすいチップタイプです。

NARS/デュアルインテンシティーアイシャドー 3,456円(税込)


出典:@cosmeより

新開発の2wayフォーミュラによって、一つのアイテムでふたつの効果が可能になりました。ドライのままのせれば、エアブラシを使ったかのように艶やかな輝きのあるシアーな仕上がりに。そして、濡らしたブラシでのせれば、強烈なインパクトで透け感のないしっかりとした発色になります。ロマンティックなシェードは、心奪われること間違いなしです。

キッカ/ニュアンスカラーリッド 3,024円(税込)


出典:@cosmeより

目元の美しさを決める、立体的なアイホール。ここに、繊細な発色と光のニュアンスさをプラスすることで、まぶたに理想的なアイホールをつくりだす、新発想のアイテムです。極薄のヴェールでまぶたを包みこむことで、くすみや色ムラでさえも、美しい陰影に生まれ変わります。

Beautiful Girl With  Flowers

いかがでしたか?腫れぼったい目に仕上がるという印象の強いピンクですが、使用する色によって印象は大きく異なります。ぜひ今回ご紹介したピンクで作る“囲み目”メイクを参考にして、理想の目元を作ってくださいね。

beautyfan

耳寄りな美容情報をお届けしていきます。

記事を検索する

PRESS RANKING本日の記事ランキング

more