忙しい朝に大活躍!簡単「クリームアイシャドウ」の使い方!オススメ3選

目元をキレイにメイクできていますか?忙しい女性、指を使ってメイクするのが好きな人は、クリームタイプのアイシャドウが使いやすいです。

目元を輝かせるために使ったり、いつものアイシャドウと同じようにベースとして使ったり、目元に強い印象持たせるために使えます。一日のキープ力が高いのも特徴です。まぶたを綺麗に色付ける海外で人気のMast haveアイテムも紹介!

クリームタイプのアイシャドーの使い方は?

shutterstock_407892151
クリームアイシャドウは時間があまりなく忙しい女性、メイクがあまり上手でない人にオススメのアイテムです。指で取りそのまままぶたに広げることができます。1分以内にアイメイクが出来上がり!実際にパウダータイプのアイシャドウは、メイクブラシにつけて何度も重ねて行かないといけないので、少し技術も必要になります。

でもmメイクアップアーチストも通常は、クリームタイプのアイシャドウを一色使いをする時に選ぶことが多く、早くて実用的なんです。もちろんプロ達は2色ほどを混ぜて使うこともあります。

クリームタイプのアイシャドーはどうやって塗るの?

20170103

指の先を使って塗るのが1番です。指を使うと、程よくクリームアイシャドウを温めることができて、なめらかに柔らかくなります。

まず、初めにまぶたの柔らかい部分に少しクリームアイシャドウを指にとって塗り広げます。その後、もう一度指でまぶたにしっかり発色させるために塗り直します。指を汚したくない人はもちろんブラシを使うこともできます。ブラシを使う時は、少し固めの化学繊維のものがよく、毛先が平らなブラシが良いと言われています。

もし、もう少し濃い色のアイシャドウを2色目として使うなら、丸みを帯びた毛先のブラシを使うことができます。でも素材は化学繊維の方がいいです。ブラシの動かし方はいつも優しく、円を描くようにしながら三日月型に色をつけていきましょう。目尻などは「内から外へ・下から上」にブラシを進めるようにしてください。

クリームアイシャドウの種類

shutterstock_438317632

ここ最近、クリームタイプのアイシャドウはたくさんのものが売られていて、クリーム自体が全く性質が違っています。まぶたの上に乗るとパウダーのように変化するもの、濃度の濃いタイプ、なめらかなリキッドようなタイプまであります。

各クリームタイプの特徴

shutterstock_514122892

クリームタイプの効果は、パウダータイプのアイシャドウと同じように透明度、キラキラ感、光沢感などの違いにより、特徴が分けられています。クリームタイプのアイシャドウは使いにくいと思われがちですが、メイクが苦手な人や時間をかけたくない人ほど使いたいアイテムです。

アイシャドウ塗って時間が経つと二重の線にパウダーが溜まっていた経験がある人もいると思います。もし、まぶたの部分が脂っぽい人はアイシャドウを塗る 前に皮脂を抑えるタイプのパウダーを少し塗ってみるといいですよ。こうすることで皮脂 を押さえてくれ、その後のアイメイクに備えることができます。クリームタイプのアイシャドウは仕上がった時の色の発色を整えて、少しマット感のある大胆な目元に仕上げてくれます。

ベースとして使ってみるのがオススメ

shutterstock_40349470

クリームタイプのアイシャドウをベースとして使うのはとても賢い選択です。とても長持ちするのでしっかりキープできます。ベースとしてクリームタイプ使った後にパウダータイプのアイシャドウを重ねて塗る時は、しっかりと乾いた状態になってからにしてください。そうでないとメイク崩れの原因の元になります。

クリームタイプのアイシャドウの持ちはとても良く、一度メイクすると1日中キープし、二重まぶたの線にたまっていくこともありません。メイク崩れしにくく、色ムラも少なくなります。長時間キレイにいたい人は、ウォータープルーフのタイプもあるので、色持ちよく、涙や湿度等に対しても仕上がりを長時間キープします。

クリームアイシャドウはこんな人にも良い

shutterstock_79311562

アレルギーや涙目タイプの人にも使いやすいです。これからの季節花粉症で悩む人もメイク崩れしやすくなるので考えてみるのはいかがですか?

こんな使い方もできる!

shutterstock_304296776

中間色のクリームタイプのアイシャドウは、ほっぺたや頬骨の辺りにのせて、ハイライトとして使うこともできます。

海外で今注目のクリームタイプのシャドウ3選

1.MAC/ プロ ロングウェア ペイント ポット 3,000円(税抜き)

165343_xl出典:@cosmeより

色づきがとてもよく、一度塗ると輝きが一日中続きます。発色の良さが際立ちクリームタイプですが軽やかなメイクに仕上がります。キラキラと目の周りに輝きます。

2.SHISEIDO/ シマリング クリーム アイカラー 3,000円(税抜き)

208532_xl

出典:@cosmeより

23色のカラーバリエーションがあり、ヨーロッパでも人気のあるクリームタイプのアイシャドウです。一日中安定した発色の良さが続き、パウダーのような軽やかな着け心地です。細やかなラメ感が目元を輝かせてくれます。

3.イヴ・サンローラン・ボーテ/ フルメタルシャドウ 3,800円(税抜き)

230793_xl

出典:@cosmeより

一日長く続く輝きを誇る、みずみずしいアイシャドウです。メイク仕立てのさわやかさを長時間キープできます。片手で簡単にメイクできるお手軽さも嬉しいです。

Maki.C

通訳・翻訳家。ヨーロッパで発信されている流行やトレンドを一早くキャッチするために日々情報収集しています。ヨーロッパ発の健康法やライフスタイルで心から健康に美しくなれる方法を毎日を忙しく過ごしながら、おしゃれ・恋愛・仕事に励む女性にお届けしています。

記事を検索する

PRESS RANKING本日の記事ランキング

more