心の中を静かにする「穏やかな心」を見つけるヒント

日常は、あまりにもたくさんの騒音があり、ストレスを与えます。身の回りが騒々しいと、自然とボリュームが上がり、静けさを持つことが出来なくなります。
時には、自分を静かな環境に置き、心の中を静かにする方法を見つけましょう。本当の静けさは心の中から生まれます。心に集中し、自分にとって大切なことや必要なことを見つける。「本当の自分」らしくいるためにも静けさは、とても大切なのです。

「音」と「静けさ」

shutterstock_525218281

この2つは日常の中でどちらも持たないといけないものです。でも、多くの環境は、あまりにもたくさんの騒音があり、ストレスを与えます。よく聞くと綺麗なメロディーであっても、都会ではたくさんの音楽が重なり合い、もはや雑音となってしまいます。

Bielfeld 大学の研究によると、動物でさえ、この雑音の中で暮らしていくためにボリュームを上げることがわかりました。鈴虫などの鳴く虫たちも、人が作る騒音のためにメッセージを送れなくなっているのです。

人も同じで、騒音の中で過ごすと毎回叫ばなくてはいけません。そのため、気付かぬうちに被害を受けているのです。もっと良い生活をすることを意識しないといけません。毎日、静かな場所がどこにあるのか探すようにしてみましょう。「静かな場所は宝物」と言うことがわかると思います。騒音の場所と静かな場所では全く雰囲気が異なります。

ヒールを脱ぐ

shutterstock_432424312

ヒールの高いパンプス。確かにスタイルがよく見えて綺麗です。でもたまにはリラックスできて、足に優しく、特に雑音が少ないものを選んでみてはいかがですか?
家の近くのショッピング、お散歩など快適な靴はしっかりと地面を感じることができます。

草むらなどの上なら、たまには裸足で歩いてみるのもいいですよ。裸足で歩く事は、1つのセラピー行動にもなっていて、足でしっかりと感じることができます。草むらなどの上ならたまには裸足で歩いてみるのもいいですよ。裸足で歩く事は、1つのテラピーとしても扱われていて足でしっかりと草や地面を踏みつけることで自然を感じとり、静かな気持ちになります。

とても開放感がありますよ。荷物も少なくして雑音がする小銭、キーホルダーなども家に置いて出かけよう!

静かな場所は集中しやすい

shutterstock_315826106-1

研究によると、「騒音のある場所で働いている人は時間を失いやすく、集中しにくい」と言われています。あなたのオフィスはどんな環境ですか?時には、 1人で過ごすことも覚えてみましょう。

同僚と一緒にお茶をしながら情報を共有するのも大切だけど、たまには1人になってみましょう。どちらの時間も意味があり、効率よく働けて、働く時間をカットできます。でも疲れはいつもより少なめ。もし許されるのであればイヤホンでゆったりとした音楽などを聴きながら、または耳栓をして騒音から自分を切り離して、1人になってみると集中しやすくなります。

街の中に静かな場所を見つける

shutterstock_228871435

できるだけ静かな環境を作ったり、毎日の中で静けさを感じるきっかけを持つようにしましょう。1日の中で気持ちを切り替えるために静かな場所に座って過ごしてみると集中力を持ち直すことができて、ストレスを解消することができます。散歩することが好きなら、交通量が多いところを避けて、オフィスや家の近くに公園を見つけましょう。

静かな環境を見つけておいて、そこでゆっくりと過ごし、自然の音に耳を傾けてみます。鳥の声、葉っぱが揺れる音など自然はいつも安らぎを与えてくれます。

声量を小さくしよう

shutterstock_376479682

今まで人とコミニケーションをする時にいつも大きな声で話さないといけないことで疲れを感じた事はありませんか?

怒っている時、ストレスが溜まっている時には大きな声を出します。街の中で携帯で話をする時や音の大きな店内で話をする時など、大きな声でいつの間にかイライラした気分になった事はありませんか?周りの人のことも考えてもう少し小さめの声で話すように気をつけてみましょう。みんなが大きな声で話すと、つられて周りの人まで大きな声になります。このままで良いのでしょうか?

もし、騒々しい場所で電話があった時には、できるだけその場所を避けて、静かな場所に行ってからかけ直す。小さなことですが、あなたにとっても話している相手にとっても驚くほど印象が違ってきます。聞こえなくてイライラして話すよりも好印象だし、自分の心も落ち着き、リラックスします。喧嘩しているような電話対応はあまり良くありません。
声を大きくして話しをすると、理性も失いがちになり、相手にあまり伝わりにくくなります。

家から騒音を切り離す

shutterstock_200406590
家の壁で静けさを作るようにしましょう。静かさが欲しいならテレビは切りましょう。テレビを見ていないのに騒音で過ごしていることに慣れてしまって、意味もなく帰ってからすぐにテレビをつけ、BGMのように使っている人がいます。

これではいつも騒音の中で過ごさないといけなくなります。静けさをもう一度取り戻してみましょう。周りの音を シャットアウトするためにカーペットを敷くことも1つの方法です。家電もできるだけ静かなもの選びましょう。街の中に住んでいたら窓を工夫したり、壁に防音効果のあるパネルを使ったりしてみましょう。最近はカーテンも防音効果のあるものが売られています。

静けさは心まで静かにする

shutterstock_400215091

静かな場所にいると落ち着く感覚がします。自分の心の中を静かにする方法を見つけましょう。本当の静けさは心の中から生まれます。心に集中し、自分にとって大切なことや必要なことを見つける。「本当の自分」らしくいるためにも静けさは、とても大切なのです。

Maki.C

通訳・翻訳家。ヨーロッパで発信されている流行やトレンドを一早くキャッチするために日々情報収集しています。ヨーロッパ発の健康法やライフスタイルで心から健康に美しくなれる方法を毎日を忙しく過ごしながら、おしゃれ・恋愛・仕事に励む女性にお届けしています。

記事を検索する

PRESS RANKING本日の記事ランキング

more