冬の優しい「太陽」をもっと感じよう!”日光浴”の嬉しい効果

太陽の光を避ける人が多くなってきていますが、身体にとって良いこともあります。実は太陽の光を浴びる事は思ってもいないような効果もあるんです。冬の光なら日焼けの心配も少ないですよね。いつでも、どこでもいいので太陽の光を感じて喜んでみることを覚えませんか?

日光とダイエット

Woman in fog makes heart shape finger frame
ワシントンのCollege of Cardiology薬学部の研究で太陽の影で体内にビタミンDが作られることが確認されました。最近、太陽が人間に与える恩恵が少しずつわかってきました。あまりにも日光 が強い時は肌を守る必要があります。でも、太陽の光は、精神にも身体にもとても貴重でエネルギーを与えてくれます。Northwestern University School of Medicine によると、朝の数時間の日光はBMIを下げ、代謝を正しくしてダイエット助けると言われています。

太陽=健康

201612102

太陽の光は、アンチストレス効果があり、気分が変わって健康になります 。いろいろな研究によって太陽はエンドルフィンや女性ホルモンまたは男性ホルモンを作る機能を刺激して、ストレスを遠ざけ、再ビタミン化させることが分かりました。太陽の光を感じることで眠気と目覚めを規則正しくして、気分を改善し、ウツや落ち込みを和らげます。

日光浴

201612105

日光は体内時計を整えてくれて、活力を与えながら体からエネルギーが湧いてきます。
8:00-12:00の日向は特に体の代謝を高めてくれます。20~30分散歩しながら日光を感じ楽しむだけでいいのです。無理に公園に行かなくても大丈夫。バルコニーに出て、日光を浴びながら温かいコーヒーを飲むだけでも充分効果があります。日光はリラックス効果があり、筋肉を和らげます。骨を丈夫にする効果もあります。

ビタミンDと日光

201612103
先程のワシントンの大学での実験では、1,484人のビタミンD欠乏の患者のうち70%の方に動脈や心臓に影響を与えるという結果になりました。日光がビタミン Dのバランスを保ち、骨にカルシウムが定着させるのを助けます。免疫力にも良い影響があり、高血圧予防にもなります。妊娠中のお腹の中の胎児の発育にもとってもとても大切なのです。

201612106

冬の光は、日焼けの心配もなく日光をしっかりと感じることができますよね。「日光の恩恵」を感じると、この時期の辛い外出でも少し幸せな気分になりますよね?優しい冬の日光を感じながら、エネルギーを受け取ってみましょう。

※筆者の個人的見解です。効果・効能を保証するものではありません。

Maki.C

通訳・翻訳家。ヨーロッパで発信されている流行やトレンドを一早くキャッチするために日々情報収集しています。ヨーロッパ発の健康法やライフスタイルで心から健康に美しくなれる方法を毎日を忙しく過ごしながら、おしゃれ・恋愛・仕事に励む女性にお届けしています。

記事を検索する

PRESS RANKING本日の記事ランキング

more