ちゃんと「お風呂」での順番守ってる?”柔らかな肌”に導く正しい入り方

毎日入るお風呂。最近は寒くなってきていたりで、しっかり浴槽に浸かる方も多いと思います。しかし、そんなお風呂ですが、ちゃんとお風呂の中での順番があります!!しっかり守ることで、お肌の乾燥やたるみを予防したり、髪の毛をしっかり補修してくれたりします。そんなお風呂のポイントを紹介したいと思います。

毎日入るお風呂、順番を意識したことありますか?

shutterstock_301816910

毎日入るお風呂。シャワー派の方や、必ず毎日浴槽に浸かる方いろいろな方がいると思います。しかし、お風呂での順番って意識していますか?なんとなく、浴槽に浸かるのは最後がいい!なんて思っていませんか?今日はわかりやすく、お風呂の順番とポイントを紹介していきます!

お風呂での”正しい”順番は!

shutterstock_135208856

お風呂での正しい順番は以下の通りです。詳しく説明もつけて順を追っていきましょう!

1、クレンジング

shutterstock_428920975

まず、初めはクレンジングです。お風呂は毛穴を開くための最高な場所です。メイクが毛穴に詰まったままでは、お風呂に入った時に毛穴が開いてもメイクのせいで老廃物が出にくくなってしまうので、まずはクレンジングから行いましょう!クレンジングはしますが、ここでは洗顔はしません。クレンジングオイルなどを流すときは、シャワーで流さず、桶に溜めたお湯で流しましょう。

2、浴槽

shutterstock_82346050

クレンジングが終わったら、シャワーで体を軽く洗い流してから、浴槽に浸かりましょう。38度くらいのお湯に浸かり、汗と一緒に老廃物を毛穴から排出します。入浴時間については、長ければ良いというわけではありません。長風呂をすると良くないこともあります。

例えば、乾燥肌の原因になります。さらに、42度以上の熱いお風呂に入ると血流が激しくなってしまい、心臓に負担がかかります。さらに、30分以上かけてお風呂に入ると、疲れを取るどころか体力を激しく消耗することもあります。時間については個人差がありますが、身体が温まって汗がにじんできたら、浴槽から出ましょう。

3、シャンプー→トリートメント

shutterstock_128585342

浴槽から出たら、体を洗う前にシャンプーをして、トリートメントをしましょう。体を洗うより先にシャンプーをする理由は、トリートメントをしっかり時間を置いて浸透させたい場合は体を洗っている時間にトリートメントを浸透させ、時間短縮にできることが一つ。トリートメントをつけて時間を置かない場合は、シャンプーやリンスに含まれる成分が顔や体の皮膚に残ってしまうことを防ぐ効果があります。トリートメントを流して、体を洗って流せば、流し残しを防ぐことができます。

4、体を洗う

shutterstock_74831479

ここにきて、温まって毛穴が開いている状態の体を洗いましょう。毛穴が開ききったお肌は敏感ですので、固めの線維タオルでゴシゴシ洗うのは避けて、泡で優しく洗い上げましょう。お肌は敏感なので、ボディタオルなどは汚れが溜まりやすいところだけ使い、その他は手で洗ってもいいくらいです。

5、洗顔

shutterstock_87172522

ここにきて、最後の顔の洗顔を行います。お顔の開いた毛穴に入り込んだシャンプーやリンスの成分をここで綺麗に洗い流す意味もあります。さらに濡れたお肌をそのままの状態で放置していると、どんどん乾燥してしまうので、最後に洗顔して、そのままお風呂を出て、すぐに化粧水をつけれる!という目的があります。

ちなみに、洗顔後早く化粧水をつけようと思い、化粧水などをお風呂場に置いている人もいるかもしれませんが、これはNGです。浴室は湿度が高く菌が繁殖しやすい環境なので、化粧水のフタをしっかりと閉めても、化粧水のボトルにカビが発生する可能性があります。そんなものはお肌につけたくないですよね。

洗顔は泡立てネットなどを使い、洗顔料をよく泡立て、手は顔に触れないよう、泡だけを滑らせて洗うのがポイントです。洗いすぎは必要な皮脂まで奪ってしまうので、丁寧かつ迅速に洗いあげましょう。洗顔料によってはお肌にのせて全くこすらずに洗い流すだけでいい!そんな商品もあります。できたら、そのような洗顔料がベストです。

shutterstock_342774503

お肌はさわれば触るほど老化の進行を促進してしまいます。そして、ここでもシャワーで顔は洗い流さず、桶に溜めたお湯で洗い流しましょう。シャワーで洗い流すと、上から下に水圧がかかるので、お肌のたるみを引き起こす原因となります。

また、シャワー温度は38度以下がオススメです。38度以上だと、お顔の薄い皮膚には熱すぎます。温度が高いと、必要な皮脂が奪われ、水分が蒸発しやすくなりますので、お肌の乾燥を促進させてしまいます。オイリー肌の場合は、熱意お湯でしっかり油分を落とそう!と思われる方もいるかもしれませんが、逆に皮脂の分泌が盛んになることもあるので、ぬるめのお湯で流しましょう。

お風呂から上がった後のケア

shutterstock_332566142

お風呂から上がったら、柔らかいバスタオルやフェイスタオルで優しく押さえつけるようにして体や顔をふきましょう。しっかりふき取れたら、できるだけ早くお肌に合った化粧水や美容液、ボディークリームをつけましょう。そのまま何もケアしないと、入浴後20分後には入浴前より乾燥してしまうというデータもあります。

shutterstock_284424782

いかがでしたか?どこか見直すところがあった方もいるのではと思います。お風呂の順番を意識して、柔らかで綺麗なお肌をゲットしちゃいましょう!!

※筆者の個人的見解です。効果・効能を保証するものではありません。

五嶋 基和

サロンワークをしつつ、オリジナルブランドのシャンプーなどを開発し、販売しています。自身でコーディンングして、ネットショップも運営している起業家美容師。

記事を検索する

PRESS RANKING本日の記事ランキング

more