毛穴の”カバー力”が断然違う!ファンデーションを「ブラシ」で塗る理由

毎日のメイク。皆さんどうやってファンデーションを塗っていますか!?オススメなのはファンデーションブラシを使う方法です。ブラシを使うと、ファンデーションの力を引き上げてくれるんです!今回はそんなファンデーションブラシの隠された力について紹介しちゃいます!

ファンデーション、BBクリーム、どう塗ってる?

shutterstock_305209583

最近はナチュラルメイクブームもあり、BBクリームやCCクリームを塗って、あとはポイントメイク。そんな方も多いと思います。女性の朝は非常に忙しいので、できるだけ時間をかけたくないもの。そんなファンデーションやBBクリーム、皆さんどうやって塗っていますか?

手やスポンジで塗ったりといろいろな方がいると思いますが、ファンデーションブラシを実際に使っている方は、意外と少ないんです。今回はすごくいいファンデーションブラシの力を紹介したいと思います。

ファンデーションブラシってどんなもの?

shutterstock_274541495

ファンデーションブラシは、その名の通り、ファンデーションを塗る為に作られた専用のブラシです。ファンデーションブラシの中にも色々な種類があります。

ファンデーションブラシの素材

まず、大きく分けて毛の部分が天然のものと、人工のものがあります。聞こえとしては天然素材のブラシの方が良さそうに思えますが、ファンデーションの種類によっては人工素材のブラシの方がいいこともあります。

ファンデーションの違いによる使い分け

ファンデーションブラシは、リキッドファンデーションとパウダーファンデーションなど、ファンデーションの種類によって使い分けると、非常に仕上がりが良くなります。リキッドファンデーションや、クリームファンデーションのようなタイプのファンデーションを使うときには、硬めの人工素材がオススメです。

人工素材を使うことで、量や範囲をうまくコントロールすることができます。パウダーファンデーションを使うときには、ソフトな手触りの天然素材のブラシがオススメです。天然素材を使うことで、自然な感じに仕上げることができます。わかりやすいですよね!?

ブラシの形状による違い

ファンデーションブラシは形状によっても用途が変わってきます。大きく分けてフラットタイプと平筆タイプがあります。フラットタイプはパウダー、リキッド、クリームなどすべてのタイプのファンデーションに使用できます。マットな仕上がりになり、はじめに使う場合はこちらのタイプがオススメです。

平筆タイプの毛丈の長いブラシはリキッドには向きません。平筆タイプはフラットタイプより薄付き、ナチュラルな仕上がりになります。形によっても違いがあります。

お手入れ方法を教えて!!

shutterstock_477246784

使い終わった度に行なうお手入れは、使用後にファンデーションをティッシュやコットンでやさしく落としましょう。長く使っていると、汚れが気になってくるので、汚れが気になった時は、ぬるま湯に中性洗剤を入れて、毛先を抑えるようにして洗います。強く洗うとブラシの毛が傷んでしまいますので注意してください。その後、陽の当たらない風通しの良いところに置きましょう。ちなみに、人工素材のものは、天然素材ほど気を使わなくても大丈夫です。

お手入れを怠ってしまうと、仕上がりにも影響しますので、毎回ちゃんとしましょう。お手入れが大変そう!という声も聞きますが、意外とお手入れも簡単なんですよ。

ファンデーションブラシって、なんでそんなにいいの?

shutterstock_345666785

毛穴がしっかりカバーできる!

ファンデーションの塗り方で多いのが、指やスポンジで塗ることです。しかし、指やスポンジはプレスしたり、スライドしたりでファンデーションをのせていくので、毛穴をカバーするのは少し大変です。リキッドファンデーションブラシなら毛穴のカバーが簡単にできます。ちなみに、リキッドファンデーションをブラシで塗って、その後にブラシで微粒子のパウダーファンデーションを乗せれば、カバー力はさらにアップします。

使うと意外と簡単に塗れちゃう!

使ったことがないと、うまく使えるか心配なもの。しかし、意外と簡単なんです。使い方は、手にリキッドファンデーションを出し、リキッドファンデーションブラシにリキッドファンデを付けるます。あとは基本通りに、内側から外側に向かって伸ばしていきます。外側にはつけすぎないようにしましょう。シミやそばかす、毛穴などの気になるところはブラシで軽くたたくようにしてつけます。基本の付け方は同じなので、手も汚れにくく、意外と簡単なんです!

肌への負担が少ない!

スポンジはトントン叩いてつけますが、お肌にはできるだけ刺激を与えたくないもの。刺激がシワやたるみの原因になります。ブラシは肌への摩擦が少ないため、肌にかかる負担を減らすことが出来ます。さらに、ブラシを使ってメイクをすることで心地良い刺激による血行促進効果があり、血色のよい肌に仕上がります。

shutterstock_381415399

どうですか?お肌に負担が少なく、かつ簡単に綺麗にファンデーションがぬれちゃうんです。お手軽なものだと、有名なメーカーさんからでも1,000円台で買えちゃうので、試しに使ってみませんか?きっとお肌の違いが感じられます!

五嶋 基和

サロンワークをしつつ、オリジナルブランドのシャンプーなどを開発し、販売しています。自身でコーディンングして、ネットショップも運営している起業家美容師。

記事を検索する

PRESS RANKING本日の記事ランキング

more