日本の”スーパーフード”!話題の「酒粕」に秘められている5つの嬉しい効果とは?

飲む点滴と言われている甘酒。その原料の一つでもあるのが「酒粕」。「料理には滅多に使ったことない!」という方も多いのではないでしょうか?実は酒粕には美容や体にいい効果がたくさん!そんな酒粕の魅力をご紹介します。

「酒粕」って、どうやってできるの?

shutterstock_465736949

スーパーなどでよく見かける酒粕。見た目は白く濁ったはんぺんみたいですよね。酒粕ってお酒を作る時にできるもの!?そんなイメージがあると思います。

酒粕は、日本酒の製造過程で作られる副産物です。ビールなどではできません。日本酒はお米を麹菌によって発酵させて醸造します。いくつかの製造段階を経て日本酒は作られています。そも製造過程でできた、もろみを絞り出した液体が日本酒となり、その残った個体が酒粕です。できたての酒粕自体には、8パーセントほどアルコールがあるそうです。

酒粕はスーパーフード!

shutterstock_335916854

最近では海外セレブなどがSNSで、「スーパーフード食べています」なんて投稿もよく見かけますね。有名なものではキヌアやアサイー、チアシードなど、いろいろありますよね。なんと、日本にも伝統的なスーパーフードがあったんです。もちろん、それは酒粕です。

酒粕にはタンパク質、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、パントテン酸、葉酸、ナトリウム、カリウム、リン、カルシウム、マグネシウム、鉄、銅、食物繊維、亜鉛など、たくさんのミネラルなどが入っています。

しかも、酒粕の価格は1キロで数百円。経済的にも嬉しいんです!

酒粕で得られる嬉しい効果を教えて!

shutterstock_297804983

酒粕には次のような効果があります。

1.美肌効果

酒粕には遊離リノール酸がたくさん含まれています。この遊離リノール酸は、シミやそばかすの原因となるものの働きを抑えてくれます。また、酒粕に含まれるビタミンBは、肌の代謝を高めてくれますので、ターンオーバーとともに肌のトラブルが改善されやすくなります。

2.ガンを予防

酒粕はがん予防にも大変効果的です。酒粕にはαーハイドロオキシ酸と呼ばれる成分が含まれていて、これがリンパの働きを活性化させてくれる、がんを予防する効果があることがわかりました。リンパ球は正常な細胞には働かず、がん細胞だけを殺してくれます。さらに、日本酒を飲む人は飲まない人に比べて胃がん、大腸がんにかかる危険性が少ないという研究結果もあります。

3.アレルギー体質の改善

酒粕には、カテプシンBの働きを抑えてくれる物質が入っていることがわかりました。カテプシンBは、アレルギーを引き起こす原因のひとつですが、酒粕に含まれている物質により、花粉を始めとするさまざまなアレルギー症状の改善、緩和が期待できます。

4.糖尿病の予防と改善

糖尿病とは、すい臓の働きが低下し、インスリンが十分作られなくなることによって起こる病気です。健康な人はインスリンと共に動いている二つのホルモンのバランスが整っていますが、どちらか一方の分泌が過剰になってしまうと、急激に太ったり、急激に痩せたりしてしまいます。酒粕にはインスリンと似た働きを改善する効果が期待できますので、糖尿病予防や改善が期待できます。

5.骨粗しょう症予防

骨粗しょう症には、カテプシンLが関係していると言われています。カテプシンLは、骨のコラーゲンを破壊する物質です。酒粕には、このカテプシンLを阻害する物質が含まれているので、骨粗しょう症予防に効果的と言えます。

酒粕は、調理が簡単なので、簡単に健康になれちゃう!

shutterstock_281671217

酒粕は、甘酒にするのが一番簡単な調理法です。お水と混ぜて温めるだけです。しかしこれでは味が足りない!という方も多いので、ハチミツやお砂糖など入れてもいいですね!

お料理するのも簡単です。酒粕というと和食というイメージがある方もいるかもしれませんが、そんなことは全くありません。

お肉でも、お魚でも、おつまみにも、サラダにも!!酒粕は簡単にいろいろな料理に使えます。一度使うと思ったより使いやすい食材だとわかると思います。

酒粕はスーパーだと小さいサイズで売られていることが多いです。食べたり飲んだりパックにしたり。そんな使い方を始めたら、ぜひインターネットでの購入をオススメします。数キロ単位で販売していて、しかも格安で自宅まで届けてくれます。

食べるだけじゃない!酒粕はパックにして美肌効果も!

shutterstock_176203760
食べるだけでじゃない!!酒粕は肌に塗っても美肌効果をもたらしてくれるんです!!しかも、酒粕パックは簡単に安くできちゃうんです!しかも、数日分なら作り置きしてもOK。簡単な酒粕パックの作り方を紹介します。

酒粕パックの作り方(約7日分)

必要なものは、
・酒粕 100g
・精製水125~145ml
・瓶
以上です。簡単そうですよね?

はじめに、酒粕を少量の水で溶いて電子レンジで温めて滑らかにします。次に、精製水を入れて滑らかな状態にします。これを清潔な瓶に入れて冷蔵庫で保存します。すごく簡単ですよね!保存料が入っていないので、長くても一週間で使い切りましょう。
このできたパックを顔に乗せて10分放置します。酒粕のいい成分がお顔に浸透してくれますよ!アレンジとして、ハチミツやヨーグルトを入れてもOKです。すごく簡単ですうよね!

shutterstock_515018692-1

さぁ、今日から酒粕を食べたり飲んだりして、安く簡単に美しくなっちゃいましょう!!

※筆者の個人的見解です。効果・効能を保証するものではありません。

五嶋 基和

サロンワークをしつつ、オリジナルブランドのシャンプーなどを開発し、販売しています。自身でコーディンングして、ネットショップも運営している起業家美容師。

記事を検索する

PRESS RANKING本日の記事ランキング

more