あなたを”太らせる”!8つの間違い行動とは?

ダイエットをしても痩せない。特にたくさん食べていないのに太る。。
これって実は、日常の些細なことが原因かもしれません。
これからあげる8つのことに思い当たる節はないですか?チェックをして、見直していきましょう。

1.休憩を取らない

shutterstock_484975603

Kentucky 大学では、体重調整するのに1番大切な事は、「ストレスを解消すること」だと言及しています。休憩は何気なくするのではなく、計画的に自覚して取ることが必要です。

shutterstock_363950453

ストレスが溜まっていることを無視して普通を装ったり、ストレスを受け入れる事は自分の大切な人生をダメにしてしまいます。

2.ストレス時の買い物

shutterstock_215468602

Harvard大学によると、ストレスは脳を埋め尽くして思考をストップさせると発表しています。
スーパーマーケットへは怒っている時、心配事がある時は行ってはいけません。
正しい判断をすることができなくなった状態です。
買うことでストレスを発散するように、過剰に買い物をしてしまうことに繋がります。

shutterstock_221603179

もし、どうしても忙しくてイライラしている時や、ストレスのある時しか買い物ができないのなら「買い物リスト」を作って、それに従って買いましょう。

3.コーヒーを飲み過ぎる

shutterstock_269190134

コーヒーは注意力を上げ、カフェインは1日を乗り越える力を与えます。
Journal of Agricultural and Chemistryによると、5~6杯のコーヒーを1日に飲むと体重を増やすとのことです。特に、砂糖やミルクを入れて飲む人は要注意です!

4.少ししか寝ない

shutterstock_72772414

睡眠をしっかりとる事はストレスに働きかけ、体重を減らしやすい身体に変えます。新陳代謝を規則正しくし、蓄えた脂肪分をセルフコントロールできるようになります。

5.食べ忘れる

shutterstock_379046995

「今日は忙しいから食べないでおこう」と食事を抜くと、新陳代謝が遅くなります。その上、血中糖度が下がり、体のストレスになります。

shutterstock_318311855

次食事を抜こうとしたら自分に問いかけてみて。
「食事を飛ばすと体型が崩れる。10分でいいからサラダと野菜ジュースを取るだけで体型維持できるけど、どうする!?」

6.感情の波

shutterstock_89245294

悲しい時、ストレスがある時、ジャンクフードでやけ食いすることはありませんか?感情は食生活に大きな影響を与えています。無意識に食べるのはだめ!ストレスがある時ほど、食べ物に注意を向けてみましょう。

7.スポーツをし忘れる

shutterstock_302420963

時間がないのは十分承知の上ですが、ダイエットをしたいならストレスを取り除くこと、ストレスを取り除くならスポーツをすることが必要です。欲求に負けにくくなります。

8.心配する

shutterstock_354490796

ストレスや悩み事があると「食べ物も喉を通らない」なんて言いますが、大抵は、逆に、ポテトチップスを食べすぎたり、甘い物に走ったりしてしまいませんか。

日々は、恋人や旦那の様子が変、会社で締め日が近づいているなど…周りには考えることでいっぱいです。研究でも「心配事があると食欲は増える」と分かりました。空腹ホルモンがたくさん作られるようになるのです。

shutterstock_225967018 (1)

「ダイエットとストレスの深いつながり」を見つめ直しながら、今していることに集中して、過去や未来に対する心配事を減らして、健康的な生活を送りたいですね。

Maki.C

通訳・翻訳家。ヨーロッパで発信されている流行やトレンドを一早くキャッチするために日々情報収集しています。ヨーロッパ発の健康法やライフスタイルで心から健康に美しくなれる方法を毎日を忙しく過ごしながら、おしゃれ・恋愛・仕事に励む女性にお届けしています。

記事を検索する

PRESS RANKING本日の記事ランキング

more